掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2010年01月08日
◆七草の会 呉服店、ゆたかや=上田市中央2= 第24回「上田七草の会」を開く   長野県  上田市   
七草の会
 【七草はやしを行う小宮山さん。左が真田杉の島台】

七草の会・伊の丸襲名披露

 上田市中央2の呉服店、ゆたかや(小川信善社長)は7日、新春行事「第24回上田七草の会」を開き、華やかな雰囲気のなか約130人が出し物や七草がゆなどを楽しんだ。

七草の会・解説する小宮山さん
  【解説を行う小宮山さん】

七草の会・獅子舞   
  【獅子舞】


 会場にはこの日を楽しみにしていた大勢の人が和服姿で来場した。
 「七草はやし」は狩衣姿の小宮山宗輝さんが七草の解説などユーモアたっぷりに行い、会場の「何をたたく」とのかけ声で「七草たたく 七草なずな唐土の鳥が日本の国へ渡らぬ先に」と唱えながら、七つの道具で七草を刻んだ。今回は例年と違い、上田城の真田杉でつくった島台を使用した。
 恒例の寿獅子は、江戸桜会の伊の丸さんが披露。8世として襲名したばかりで、同時に7世の伊の丸さんらと襲名披露も行った。獅子舞のほか、端唄や小唄なども行った。祝膳は七草がゆと香青軒のおめでたい点心が準備され、参加者はおいしそうに味わっていた。
 10年ほど参加している山口かね子さん(長和町)は「古式ゆかしい式典を楽しみにしている。新年を迎えた実感がする」と話していた。
 小川社長は「無病息災を願う七草。お正月で忙しかった女性にも喜んでもらえばうれしい」と話していた。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:17 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000310518.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら