掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2014年12月16日
◆小諸市選挙管理委員会が開票作業を短縮!小選挙区の開票作業を3分短縮、32分で終わらせる! 長野県 小諸市
衆院選、長野3区の当日有権者数は前回2年前よりやや減少の39万8979人、投票者数は22万8857人、投票率は57・36%で、前回64・24%より6・88減少。県全体でも投票率は落ちた。

 開票作業のスピードで全国的に注目を集める小諸市選挙管理委員会では、今回は前回より従事者を減らしながらも小選挙区の開票作業を3分短縮、32分で終えた。
 比例の開票終了は39分だった。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 12:28 | 衆院選2014 ]

◆寺島義幸氏=民主党=「羽田孜先生(元首相)の志を引き継ぐことができなかったのは、私の不徳の致すところ」<衆院選2014・長野3区>
衆院選・寺島氏が落選
【敗戦の弁を述べる寺島氏(中央)】


 寺島氏の陣営は上田市材木町の選挙事務所に集まって吉報を待ったが、報道各社が出口調査結果を報じると重苦しい雰囲気になり、午後10時35分過ぎにNHKで井出氏当確の報道が流れると静まりかえった。
 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
当  77,289 井出 庸生 維新・前
   63,397 寺島 義幸 民主・前
比当 56,365 木内  均 自民・前
   27,947 唐沢 千晶 共産・新

 ◆小選挙区長野3区の各市町村別得票数
     井出庸生  寺島義幸  木内均   唐沢千晶
上田市  22,748  19,711  17,186  10,112
小諸市   7,231   5,547   4,514   2,004
東御市   4,369   4,758   3,563   1,785
長和町    834   1,547    741    484
青木村    688    749    726    412
3区計  77,289  63,397  56,365  27,947

 ◆比例代表の政党別、市町村別得票数
    民主   自民   維新   共産   公明  社民   生活   次世代  幸福
上田市 18,239 14,459 13,545 10,597  8,675  1,461  1,195  1,101   482
小諸市  5,016  4,003  4,240  2,400  2,277  467   331   288   114
東御市  3,960  2,871  2,743  1,958  2,080  298   225   204   86
長和町  1,237   616   488   567   481   73   72   48   16
青木村   689   539   408   408   399   54   39   32   10
3区計 57,961 49,067 46,697 31,002 26,605  4,631  3,531  3,328  1,280 
      

 14日投開票された第47回衆議院議員総選挙で、前職3人、新人1人が立候補した東信を中心とした第3選挙区は、前職の井出庸生氏(37)=維新の党、佐久市=が次点に1万4000票近くの差をつけて激戦を制した。

 前職の木内均氏(50)=自由民主党、佐久市=は前回同様、比例で復活当選を果たした。前回、選挙区で当選した前職の寺島義幸氏(61)=民主党、立科町=は井出氏に一歩及ばなかった。

 新人の唐沢千晶氏(44)=日本共産党、千曲市出身=は、前回の岩谷昇介氏の得票を6500票余り上回って伸ばした。また北陸信越ブロック比例代表で日本共産党の議席確保の目標を達成した。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 08:01 | 衆院選2014 ]

◆木内均氏=自由民主党=「アベノミクス効果を地方に普及させることが仕事!比例で復活当選!<衆院選2014・長野3区>
衆院選、木内氏1
 【祝福を受ける木内氏(中央)】

衆院選、木内氏2

衆院選、木内氏3



 木内氏は、3区の4候補のうち3位、北陸信越ブロックの比例復活での2選目となった。順位と比例復活による当選は前回選挙と同じで、各自治体での得票でも1位はなかった。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
当  77,289 井出 庸生 維新・前
   63,397 寺島 義幸 民主・前
比当 56,365 木内  均 自民・前
   27,947 唐沢 千晶 共産・新

 ◆小選挙区長野3区の各市町村別得票数
     井出庸生  寺島義幸  木内均   唐沢千晶
上田市  22,748  19,711  17,186  10,112
小諸市   7,231   5,547   4,514   2,004
東御市   4,369   4,758   3,563   1,785
長和町    834   1,547    741    484
青木村    688    749    726    412
3区計  77,289  63,397  56,365  27,947

 ◆比例代表の政党別、市町村別得票数
    民主   自民   維新   共産   公明  社民   生活   次世代  幸福
上田市 18,239 14,459 13,545 10,597  8,675  1,461  1,195  1,101   482
小諸市  5,016  4,003  4,240  2,400  2,277  467   331   288   114
東御市  3,960  2,871  2,743  1,958  2,080  298   225   204   86
長和町  1,237   616   488   567   481   73   72   48   16
青木村   689   539   408   408   399   54   39   32   10
3区計 57,961 49,067 46,697 31,002 26,605  4,631  3,531  3,328  1,280 
      

 14日投開票された第47回衆議院議員総選挙で、前職3人、新人1人が立候補した東信を中心とした第3選挙区は、前職の井出庸生氏(37)=維新の党、佐久市=が次点に1万4000票近くの差をつけて激戦を制した。

 前職の木内均氏(50)=自由民主党、佐久市=は前回同様、比例で復活当選を果たした。前回、選挙区で当選した前職の寺島義幸氏(61)=民主党、立科町=は井出氏に一歩及ばなかった。

 新人の唐沢千晶氏(44)=日本共産党、千曲市出身=は、前回の岩谷昇介氏の得票を6500票余り上回って伸ばした。また北陸信越ブロック比例代表で日本共産党の議席確保の目標を達成した。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 08:01 | 衆院選2014 ]

2014年12月15日
◆井出庸生氏=維新の党=が1万4000票近くの差をつけて激戦を制す!<衆院選・長野3区>
総選挙井出当選祝い2
   【当選を祝い井出氏を囲む支持者】


総選挙井出当選祝い1
総選挙井出当選1
総選挙井出当選祝い
総選挙井出当選祝い3



  井出氏の支持者らは佐久市のホテル一萬里温泉で開票を見守った。
 比例での当選確実が報じられた以降も3区の開票を見守り、午後10時半ごろに当選が判明すると、会場は喜びで沸き上がった。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
当  77,289 井出 庸生 維新・前
   63,397 寺島 義幸 民主・前
比当 56,365 木内  均 自民・前
   27,947 唐沢 千晶 共産・新

 ◆小選挙区長野3区の各市町村別得票数
     井出庸生  寺島義幸  木内均   唐沢千晶
上田市  22,748  19,711  17,186  10,112
小諸市   7,231   5,547   4,514   2,004
東御市   4,369   4,758   3,563   1,785
長和町    834   1,547    741    484
青木村    688    749    726    412
3区計  77,289  63,397  56,365  27,947

 ◆比例代表の政党別、市町村別得票数
    民主   自民   維新   共産   公明  社民   生活   次世代  幸福
上田市 18,239 14,459 13,545 10,597  8,675  1,461  1,195  1,101   482
小諸市  5,016  4,003  4,240  2,400  2,277  467   331   288   114
東御市  3,960  2,871  2,743  1,958  2,080  298   225   204   86
長和町  1,237   616   488   567   481   73   72   48   16
青木村   689   539   408   408   399   54   39   32   10
3区計 57,961 49,067 46,697 31,002 26,605  4,631  3,531  3,328  1,280 
      

 14日投開票された第47回衆議院議員総選挙で、前職3人、新人1人が立候補した東信を中心とした第3選挙区は、前職の井出庸生氏(37)=維新の党、佐久市=が次点に1万4000票近くの差をつけて激戦を制した。

 前職の木内均氏(50)=自由民主党、佐久市=は前回同様、比例で復活当選を果たした。前回、選挙区で当選した前職の寺島義幸氏(61)=民主党、立科町=は井出氏に一歩及ばなかった。

 新人の唐沢千晶氏(44)=日本共産党、千曲市出身=は、前回の岩谷昇介氏の得票を6500票余り上回って伸ばした。また北陸信越ブロック比例代表で日本共産党の議席確保の目標を達成した。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:11 | 衆院選2014 ]

◆衆院選、北信越ブロックで復活当選! 木内均氏(50)=自由民主党・前職=! 「与党議員として地域の思いを国政に届ける」
衆院選終盤へ、木内氏2


 衆院選の長野3区では、比例、北信越ブロックで前職の木内均氏(50)=自由民主党=が当選確実となった。前回2012年の選挙でも復活当選していた。
 

 今回はアベノミクスの是非を争点にした選挙、自民党、優位の勢いを受けて、北信越ブロック比例区で当確した。

 木内氏は「この選挙区では自民党の流れは感じなかった。引き続き与党の議員として地域の思いを国政に届けていくことができることに喜びを感じている」と思いを語っていた。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 02:15 | 衆院選2014 ]

◆衆院選・長野3区 民主党が議席失う・・・小選挙区制の導入以来、初めて・・・寺島義幸氏(59)=民主党・・立科町芦田=が小選挙区、比例で敗戦。。
寺島さん
   【敗戦の弁を述べる寺島氏】

 衆院選の長野3区は、小選挙区制度、導入以来、初めて民主党が議席を失った。
 前職の寺島義幸氏(59)=立科町芦田=が63397票を得たが、小選挙区で敗れ、比例区(北陸信越ブロック)でも復活当選がかなわなかった。
 



続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 01:43 | 衆院選2014 ]

2014年12月14日
◆衆院選、長野3区、寺島義幸氏=民主党・前職=、小選挙区では敗れる・・・支持者ら比例復活を願う!
あす衆院選・寺島氏


 衆院選の長野3区は、前職の寺島義幸氏(61)=民主党=は小選挙区では敗戦した。民主王国の長野3区での敗戦は小選挙区導入以来、初めて。
 支援者らは、信じられないという表情で一様に落胆の表情をみせていたが、応援にかけつけている羽田雄一郎・衆議院議員が「まだ、比例での復活がある。見守ろう」と鼓舞していた。

 今回はアベノミクスの是非を争点にした選挙。投票率が低く自民が優勢という全国的な流れの中で、民主王国、長野3区の面目を保てるかどうかに注目が集まっていた。
 民主党の羽田孜元首相が引退した前回2012年の選挙では、2千票余りまで迫まられながらも当選を果たし、面目を保った。

 寺島氏は、昼間は遊説と街頭演説を中心に選挙区内を回り、夜は個人演説会を積極的に開催し支持拡大を図った。選挙母体の一つである「千曲会」も羽田孜元首相から引き継いだ民主の議席を守ろうと必死に戦っていた。

 「地方や暮らしに目を向け、新たな地場産業をつくるため、かつて民主党がはじめた一括交付金を自治体に手当し、国がしっかりとサポートする仕組みをつくるべき」などと訴えていた。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 23:48 | 衆院選2014 ]

◆井出庸生氏=維新の党=当確のコメント! 「党を動かし、法案を出していきたい。国会議員のなかでも日本一だと言われる2期目にしていきたい」
DVC00045

 井出氏は佐久市のホテルで支持者らを前に「街頭に立ち続けることは、有権者と同じ場所に政治家がいるんだという事を示すこと。支援する党とは関係なく、多くの人と話をする中で、離れていった人もいるが、戻ってきた人もいる。そういう積み重ねの2年間だったと思う。他の候補が佐久地域を地盤としているため上田が草刈り場(上田市地域でどれだけ票を集めるか)だという言葉を聞いたが、それは上田市の人に失礼だと思った。自分は、佐久も上田も同じ地域だと思ってやってきた。これから、国会でも自分の意見を党に正当に伝えていきたい。今回の選挙で、その意見を言える結果を皆さんにいただけたと思う。まず党を動かし、法案を出していきたい。国会議員のなかでも日本一だと言われる2期目にしていきたい」と熱く抱負を語った。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 23:15 | 衆院選2014 ]

◆衆院選、長野3区、当選確実、井出庸生氏=維新の党=!念願の小選挙区で当選! 既に比例では当確が出ていた!
井出ようせい個人演説会

 衆院選の長野3区で前職の井出庸生氏(37)=維新の党=が当選確実となった。
 前回の選挙で比例復活当選しているため、小選挙区での当選を目指してきた。今回は念願かなった結果となった。
 午後8時頃に北信越ブロックで比例での当選を確実としていたが、万歳は小選挙区での結果後を予定していた。 
 
 今回はアベノミクスの是非を争点にした選挙。投票率が低いとみられ、自民、優勢という全国的な流れ、更に民主王国、長野3区という二重苦の苦しい戦いの中で、その牙城を崩した。

 民主党の羽田孜元首相が引退した前回2012年の選挙では、みんなの党から出馬。野党第三局の中核的な役割を担った党の勢いに乗ったが、寺島義幸氏=民主党=に惜しくも2千票余りで破れた。

 井出氏は若さを武器に各地を積極的に回わり「あの男、鉄人か!」とまでいわしめ支持者を集めた。
 また、選挙前の現職時にも、選挙区に帰り、国道沿いに立ち、存在をアピールしてきた。国会でも自ら、徹夜で質疑文書をつくるなど身を削って議員職に邁進してきた。

 今回の選挙戦では、各地での遊説や個人演説会を開きながら、常にパソコンを手にホームページやブログ、フェイスブックを頻繁に更新。ネットをフル活用し、若者層の票集めにも成功した。選対も積極的にネットを活用した。

 「圧倒的多数による強引な政権運営、国会の緊張感のなさを正すのが今回の選挙。党の公約しか言わない政治家でなく、自らの意見で政党を動かし、変えて、国政を動かす強い政治家を増やさなければ、国は変わらない。国を考える人と連携して活動したい」と支持を訴えていた。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:57 | 衆院選2014 ]

◆衆院選、投票率、戦後最低・・・・50%を少し越えたあたり・・・
 衆院議員選挙は戦後最低を記録することが分かった。
 国民の政治離れか・・・この結果を自民党はどう受けとめるのか・・・
 多くの議席を獲得した安倍首相のコメントに注目が集まる。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:37 | 衆院選2014 ]