掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2017年02月15日
◆山洋電気株式会社がACサーボアンプ「SANMOTION R」3E Modelのラインアップを拡充!更に進化した性能、省エネルギー、信頼性を実現!
【製品写真】25A
      【25A】

【製品写真】50A
      【50A】

【製品写真】100A
      【100A】



山洋電気株式会社(本社:東京・豊島区、工場:上田市、山本茂生社長)は、ACサーボアンプ「SANMOTION R」3E Modelのラインアップを拡充した。発売日は、3月1日。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:22 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年02月09日
◆長野県立歴史館と日本ケーブルテレビ連盟信越支部長野県協議会が「番組制作及び放送等による地域連携事業の実施に関する協定」を結ぶ!県レベルでの協定は全国初!
長野県立歴史館とケーブルビジョン協定 2017
【調印式で笹本館長(中央右)と原会長(中央左)】

 千曲市屋代の県立歴史館(笹本正治館長)は27日、日本ケーブルテレビ連盟信越支部長野県協議会(原勉会長)と同所で「番組制作及び放送等による地域連携事業の実施に関する協定書」の調印式を行った。
県レベルでの協定は全国初。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:12 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年02月07日
◆オルガン針㈱=増島良介社長(58)・長野県上田市前山= <新春・トップインタビュー ⑨> 「今年は昨年から開発している各種新製品の成果を市場に問う年」
新春インタビュー・オルガンバリ増島社長2017
    【増島社長】

 2020年に創業100周年になるミシン針、メリヤス針などのトップメーカー、上田市前山のオルガン針㈱、増島良介社長(58)に今年の展望を聞いた。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 23:03 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年02月02日
◆アイシン精機(株)が「アート金属工業(株)」=長野県上田市=の株式883万5000株を取得!956万9000株(議決権保有割合65%)を保有。 
 ピストンを含む多様な自動車部品など製造・販売する「アイシン精機(株)」=愛知県刈谷市、伊原保守社長、資本金450億4900万円=は、1日「アート金属工業(株)」=上田市常磐城、石原光章社長、資本金23億9700万円=の株式883万5000株を取得したことを発表した。
昨年からの経営統合の基本合意書締結に基いたもので、アイシン精機が従来からの保有していた株式とあわせて956万9000株(議決権保有割合65%)を保有することになった。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:20 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年01月31日
◆長野計器㈱=依田恵夫社長(70)・東京都大田区=<新春・トップインタビュー ⑧> 「顧客に対し、安全・安心を提供していく」
【新春インタビュー】長野計器 依田社長写真2017

-現況について
 世界的に政治経済ともに不透明な状況が続く中で、長野計器がどのように進んでいくかということですが、私が従業員に対して言っていることは「顧客に対し、安全・安心を提供していく」ということです。製品を供給していくという事業においては、これは欠かすことのできない基本であり、且つ重要なことです。
 安全・安心な製品の提供によって顧客の信用を得ることが更なる事業拡大につながり、当社への依頼度も自然と高まっていくと思います。
 具体的には、圧力計・圧力センサの分野において、製品の精度、品質、コスト等の全てにおいて良い製品を提供しながら様々な要求を満たし、常に世界のトップを目指して精進することだと考えています。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 22:20 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年01月30日
◆佐久市と小諸市、御代田町、立科町が「マイナンバーカード」を使いコンビニエンスストアで「住民票の写し」などを取得できるサービスを開始!
佐久市や小諸市、コンビニで証明書取得可能に (2)
【証明書発行の手順を確認する栁田市長】

佐久市や小諸市、コンビニで証明書取得可能に


 佐久市と小諸市、御代田町、立科町はこのほど、マイナンバー(個人番号)カードを使用し、コンビニエンスストアで住民票の写しなどの証明書を取得できるサービスを開始した。
年末年始とシステムメンテナンス時以外の毎日利用可能で、時間は午前6時半から午後11時。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:21 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年01月24日
◆日信工業㈱=大河原栄次社長(58)・長野県東御市加沢=<新春・トップインタビュー ⑦> 「自動運転ブレーキ、各国の規制を先取りし、当社の強みを生かした対応を進める」
日信工業社長新春インタビュー2017

 4輪車、2輪車向けブレーキ装置やアルミ製品などを開発、製造、販売している日信工業㈱は昨年、Autoliv(オートリブ)との合弁会社「オートリブ日信ブレーキシステム(ANBS)」を設立し、上田市国分から東御市加沢に本社を移転した。
 今後の経営について大河原栄次社長に聞いた。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:32 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年01月22日
◆写真店、アイ写真工房は上田市緑が丘に移転オープン! 長野県 上田市
アイ写真工房が移転オープン2017
   【移転オープンする店の前で代表の山岸さん(左)ら】

 上田市秋和で営業していた写真店、アイ写真工房は18日から同市緑が丘に移転オープンした。
 国道18号線上田城跡公園入口信号から北に400mほど入った場所で、60年余にわたり地域に親しまれた宮尾商店の建物を賃借した。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 20:50 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年01月21日
◆㈱大栄製作所=塩川社長・長野県小諸市加増=<新春・トップインタビュー ⑥>「今年は『報恩謝徳』を方針にしたい」
大<br />栄製作所・塩川社長2017
   【塩川社長】


 光学フィルムなどシート加工の製造ラインに必要なサクションロールや機械装置などを製造する小諸市加増の㈱大栄製作所、塩川秀忠社長(51)に今年の抱負を聞いた。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 23:12 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]

2017年01月19日
◆「東信州次世代産業振興協議会」2017年度のさらなる展開に向けた基礎固めを行っている!
東信州・ものづくりパートナーフォーラム2017
   【ものづくりパートナーフォーラム(上田市商工課提供)】 

東信州・創業支援事業事業2017
   【女性向け創業支援事業(上田市商工課提供)】

東信州・調印式2017



 上田市、小諸市、佐久市、千曲市、東御市、御代田町、立科町、長和町、青木村、坂城町の10市町村は昨年7月、エリア内を一大産業集積地帯として「東信州次世代産業振興協議会」を立ち上げた。
 これまで新たな産業、起業などに向けた取り組みを行い、平成29年度のさらなる展開に向けた基礎固めを行っている。


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
【ものづくりパートナーフォーラム】
 昨年9月に東御市のラ・ヴエリテを会場に、企業60社、約130人が参加し、信大繊維、長野高専、埼玉工業大が新製品・新技術発表会を行った。
 信大繊維からは橋本稔教授が「医療・福祉用ロボティックウェアcurara(クララ)パンツタイプの開発と展望」。橋本・塚原研究室では、生活動作の支援に対応できるロボットで、高齢者の動作支援だけでなく、介護や農林業、建築業など作業サポートでも期待され、大学発ベンチャー設立が決まっている。
 ほか、鈴木智准教授の「産業応用に向けた小型無人航空機の自律制御技術の開発」、長野工専からは「炭素繊維強化プラスチックの機械的特性評価」、埼玉工大からは「プラズマでものづくり」で、新産業に向けた最先端の研究が披露された。
 同フォーラムは2月23日には小諸市で開く予定。

 【企業の人材育成事業】
 昨年7月から12月にARECで「健康・医療・福祉機器分野」、「戦略分野の業界及び技術動向」、「食品・農商工連携」などテーマごとに8回開き、多くの企業が参加した。
 今後は2月12日に移住定住促進イベント、同16日に品質管理・生産管理分野の講演会を行う。

 【企業の人材確保】
 昨年9月から11月まで佐久と上田で「シニアの出番発見!佐久広場〜シニア人材と地域企業との交流会〜」、「留学生と地域企業との交流会」など3回開いている。実際にシニア人材として雇用された事例も成果として出ている。

 【創業支援事業関連】
 上田市創業プラットフォームの主催で「女性のための創業スクール」を昨年8月から11月に2クラス制、計10回、57人が参加した。ARECの主催で「地方ベンチャー支援キャラバンin上田」を11月に行い、東京圏支援人材による支援事例などを発表した。

 【次世代産業研究会関連】
 バイタルサイン測定研究の講演会を昨年12月にサントミューゼで行った。
 ほか国の地域経済分析システムのRESAS勉強会は2月上旬から週1回、4回コースを予定している。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 23:19 | ◆企業情報・新製品・新店舗オープン情報※飲食店除く ]