掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年03月29日
◆長野県議会議員選挙2019<告示・第一声!!> 平野成基氏(69)=自由民主党、上田市諏訪形= 「政権与党、社会資本整備を推進!」 上田市・小県郡区
県議選 平野成基氏 第一声 2019 (4)


 平野氏は上田市御所の事務所前で出陣式を開き「自分がすべきこと、何のために存在しているのかを考えている。長野県はある意味、難しい時期を迎えている。少子高齢化や人口減少など、みんなの力でぶち破っていかなければならない大きな問題について真剣に考え行動していく。政権与党は自由民主党。少しでも多くの予算を勝ち取って社会資本整備が進むように頑張りたい。地域のため役に立つ仕事ができるかどうかが問われている。住みやすい地域をつくるため、皆さんのお力添えで仕事ができる立場を与えていただきたい」と第一声。

 集まった全員で「頑張ろう」と拳を突き上げ、遊説カーに乗り込んだ。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員選挙が29日告示され、選挙戦がスタートした。上田市・小県郡区(定数4)は現職新人5氏の争いとなった。
 18歳選挙権になってから初の県議選で、上田市・小県郡区の選挙人は28日現在、13万9365人(男6万7843人、女7万1522人)。
 18、19歳の合計は3149人。前回選挙より全体で1200人増。
 各立候補者の陣営では29日朝、支持者が集まって出陣式や第一声などが行われ、遊説が一斉に始まった。
 各立候補者の第一声などを紹介する。 
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:56 | ★選挙★ ]

◆長野県議会議員選挙2019<告示・第一声!!> 堀場秀孝氏(63)=国民民主党、上田市中丸子= 「安心、安全の住みやすい地域へ!」   上田市・小県郡区
第一声 堀場秀孝氏

 堀場氏は上田市中丸子の事務所前で出陣式を開き、「阿部知事とともに地域が変わるように、国や国会議員に伝えていきたい」と強調した。

  「2027年に長野県で国体が開催される。上田市ではラグビーとソフトテニスが第一次選考で決まった。市議会や競技団体と協力し、もっと競技が開催ができればと思っている。国体には多く人が訪れる。上田地域の温泉などに人が来るように、地域の声を県や国に伝えたい」と語った。

 「この地域から議員がいなくなることは許されない。3期目が受かれば、安心で安全の住みやすい地域になるように頑張っていく」と決意を述べた。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員選挙が29日告示され、選挙戦がスタートした。上田市・小県郡区(定数4)は現職新人5氏の争いとなった。
 18歳選挙権になってから初の県議選で、上田市・小県郡区の選挙人は28日現在、13万9365人(男6万7843人、女7万1522人)。
 18、19歳の合計は3149人。前回選挙より全体で1200人増。
 各立候補者の陣営では29日朝、支持者が集まって出陣式や第一声などが行われ、遊説が一斉に始まった。
 各立候補者の第一声などを紹介する。 
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:55 | ★選挙★ ]

◆長野県議会議員選挙2019 <告示・第一声!!> 高村京子氏(65)=日本共産党、上田市中央北= 「県政への要望しっかり届ける!」  上田市・小県郡区
県議選・第一声・高村京子

 高村氏は上田市原町の事務所近くで第一声を行った。金井忠一事務長らが厳しい選挙戦で、明日から毎日が投票日であることを強調して高村氏を応援。

 高村氏は「4年前より県政への要望は大きくなっていると感じている。皆さんの思い、願いをしっかり届けたい」とし、政策として成果のあった子どもの医療費無料化での窓口完全無料化や、国費投入による高額な国民保険税の引き下げ、消費増税をストップして暮らしを守ると訴えた。

 そのほか▽上小の地域医療とお産施設充実▽学校給食費の計画的な無料化▽環境破壊の大規模メガソーラーの立地規制▽大北森林組合問題の徹底解明ーなどを掲げる。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員選挙が29日告示され、選挙戦がスタートした。上田市・小県郡区(定数4)は現職新人5氏の争いとなった。
 18歳選挙権になってから初の県議選で、上田市・小県郡区の選挙人は28日現在、13万9365人(男6万7843人、女7万1522人)。
 18、19歳の合計は3149人。前回選挙より全体で1200人増。
 各立候補者の陣営では29日朝、支持者が集まって出陣式や第一声などが行われ、遊説が一斉に始まった。
 各立候補者の第一声などを紹介する。 
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:53 | ★選挙★ ]

◆長野県議会議員選挙2019 清水純子氏(54)=公明党、青木村田沢= 「経験生かし地域のために働く!」  上田市・小県郡区
県議選・清水氏 第一声


 清水氏は上田市中之条の事務所での出陣式であいさつし、青木村の道の駅あおきで第一声を行った。

 清水氏は「8年間32回の一般質問の経験を生かし、地域のために働く県会議員として3期目に挑戦させて」と決意を表明。

 政策として児童相談所の機能を有する「子育て世代包括支援センター」の設置、信州上田医療センター内に「救急医療センター」を設置、「上小ブランド」を発信するため国道143号青木峠新トンネルなどの交通網整備を掲げた。

 激励に訪れた太田昌孝衆院議員は、青木峠新トンネル事業に国庫補助金(1億2000万円)がついたことを明らかにした。 


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員選挙が29日告示され、選挙戦がスタートした。上田市・小県郡区(定数4)は現職新人5氏の争いとなった。
 18歳選挙権になってから初の県議選で、上田市・小県郡区の選挙人は28日現在、13万9365人(男6万7843人、女7万1522人)。
 18、19歳の合計は3149人。前回選挙より全体で1200人増。
 各立候補者の陣営では29日朝、支持者が集まって出陣式や第一声などが行われ、遊説が一斉に始まった。
 各立候補者の第一声などを紹介する。 
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:50 | ★選挙★ ]

◆長野県議会議員選挙2019 <告示・第一声!!> 山田英喜氏(34)=無所属、上田市上野= 「地域の発展へ全力を尽くす!」  上田市・小県郡区
県議選・第一声・山田英喜

 山田氏は上田市原町の事務所で、朝早くに集まった出勤前の支持者から応援を受け、近くの海野町交差点わきで第一声を行った。

 山田氏は「29歳で市議会議員に初当選し、5年間活動する中で、県ともっとつながっていきたいと強く感じてきた。上田市議会出身の県議会議員として、地域の発展のために全力で尽くしたい。まだ34歳、しっかり成長し地域を担いたい」と訴え、引き続き上田駅前で街頭演説を行った。

 選挙戦は街頭演説を中心に展開。
 政策では高齢社会に即した福祉の充実、子育てしやすい環境、産業振興では企業との連携で東信地域に新技術創出や人材育成と雇用の促進、若者のキャリア支援などを掲げる。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員選挙が29日告示され、選挙戦がスタートした。上田市・小県郡区(定数4)は現職新人5氏の争いとなった。
 18歳選挙権になってから初の県議選で、上田市・小県郡区の選挙人は28日現在、13万9365人(男6万7843人、女7万1522人)。
 18、19歳の合計は3149人。前回選挙より全体で1200人増。
 各立候補者の陣営では29日朝、支持者が集まって出陣式や第一声などが行われ、遊説が一斉に始まった。
 各立候補者の第一声などを紹介する。 
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 21:49 | ★選挙★ ]

◆長野県議選当選速報!石和大氏(54)が無投票当選!3期目! <東御市区> 「身近な声を県政に!」  長野県 東御市
石和 無投票当選 2019

 石和氏は本海野の白鳥神社境内で出陣式を行い「(県職員など共に働く周囲も含め働き盛りの年代となり)より県民の皆さまのために、東御市の皆さまのために政策を前に進めていく、責任世代になってきたと実感している」とあいさつ。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員一般選挙が29日に告示され、小諸市区(定数1)と東御市区(定数1)では、それぞれ現職1人以外に立候補がなく無投票で再選が確定した。
 両選挙区ともに前回に続き連続で無投票となった。告示前から無投票となる見方が強かったが、各陣営は選挙戦を想定して準備してきており、この日も遊説や街頭演説を行った。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 20:49 | ★選挙★ ]

◆長野県議選当選速報!<小諸市区> 山岸喜昭氏(67)無投票当選!3期目!「住みよい小諸、住んでみたい長野県に!」  長野県 上田市
山岸 無投票当選 2019

 山岸氏は御幸町で行った街頭演説で「浅間山を中心とした、小諸、御代田、軽井沢、東御といった連携の中で観光などを育んでいきたい。皆さまとともに、住みよい小諸、住んでみたい長野県にしたい」と述べた。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 4月7日投開票の長野県議会議員一般選挙が29日に告示され、小諸市区(定数1)と東御市区(定数1)では、それぞれ現職1人以外に立候補がなく無投票で再選が確定した。
 両選挙区ともに前回に続き連続で無投票となった。告示前から無投票となる見方が強かったが、各陣営は選挙戦を想定して準備してきており、この日も遊説や街頭演説を行った。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲




続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 18:34 | ★選挙★ ]