掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年12月31日
◆東御市御牧原の「とぅりまかし」代表、加茂功好さん(44)<次世代を担う農業者> 御牧原で無肥料・無農薬の在来野菜栽培を手がけて5年! 長野県 東御市
新年農業 在来野菜首都圏で需要高 東御の加茂さん (44)
   【葉が紫色の「矢島かぶ」と加茂さん】

 東御市御牧原の「とぅりまかし」代表、加茂功好さん(44)は御牧原で無肥料・無農薬の在来野菜栽培を手がけて5年。
 こだわりの八百屋や高級レストランなど首都圏の取引先から「日本一おいしい野菜」と評価されている。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 東信地域で安心安全な農産物作りに取り組む「農業人」が増えている。
 自立を目指し生産から加工、販売などのルートを確立している。
 上田市と東御市でそれぞれ営農に励んでいる次世代を担う農業者を紹介する。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:04 | ■ ひと ■ ]

◆「山越農園」=上田市生田・山越建代表= 「丸子地域西洋梨6次産業化プロジェクト」を進める!<次世代を担う農業者> 長野県 上田市
新年農業 山越農園に新規就農者 (5)
【実習で苗木に施肥。森山さん(左)と山越さん(右)】

 上田市生田で「丸子地域西洋梨6次産業化プロジェクト」を進める「山越農園」=山越建代表=で新規就農者が誕生し新たな一歩を踏み出した。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 東信地域で安心安全な農産物作りに取り組む「農業人」が増えている。
 自立を目指し生産から加工、販売などのルートを確立している。
 上田市と東御市でそれぞれ営農に励んでいる次世代を担う農業者を紹介する。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:04 | ■ ひと ■ ]

2018年12月30日
◆長和町「重大ニュース」2018! オリンピック選手の藤森由香さんが2回目の町民栄誉章に輝くなど! 長野県 長和町
藤森由香町民栄誉j章授与 201804 (1)
  【オリンピック選手の藤森由香さんが2回目の町民栄誉章に輝く】


 ▽「星降る中部高地の縄文世界」として5月、町を含む14市町村が日本遺産に認定された。
 星糞峠にある黒曜石鉱山跡の遺跡を中心に茅野市など近隣市町と連携した観光PRに期待が高まる。

 ▽「長和青少年黒耀石大使」を今夏、イギリスのセットフォードに派遣。町内の高校生8人は初のワークショップ指導やホームステイで現地交流した。2回目の青少年海外派遣交流事業。

 ▽オリンピック選手の藤森由香さんが2回目の町民栄誉章に輝いた。平昌オリンピック冬季五輪4大会に連続出場しビッグエア決勝で7位入賞。
 初受賞は2006年。同町大門出身。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 今年2018年は、平昌冬季オリンピック、サッカー、高地トレーニングなどスポーツ関連の話題が盛りだくさんで、地元チーム・選手の活躍、今後のプロジェクトにわいた。
 一方、地震や豪雨、猛暑など自然災害から身近なところでも「ブロック塀」「エアコン」が注目され、災害への備えが注目された。
 来年5月の改元を控え、さまざまな機会で「平成最後」がつき、時代の転換点を感じさせた。
 各市町村の重大ニュースで2018年を振り返る。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:14 | ●長和町ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

◆上田市「重大ニュース」2018! メルシャン㈱が「ワイナリー」を着工など!  長野県 上田市
ワイナリー建設起工式・完成予想図 2018
   【メルシャンワイナリー完成予想図】

2018年重大ニュース・上田市分
【全国3位の表彰を受け、上田からの応援団を前に並ぶ上田西高サッカー部】


 ▽オリンピック出場、全国高校サッカー3位などスポーツが熱い。新市誕生以来、初の地元出身オリンピック選手が同時に2人誕生。
 女子スキージャンプの岩渕香里選手と、女子スノーボードの今井胡桃選手を応援しようと、2月に壮行会、応援する会が市内で開かれ、大勢の市民が韓国・平昌に向けて声援を送った。
 1月は全国高等学校サッカー選手権に出場した上田西高サッカー部が全国3位まで登り詰め、活躍にわいた。
 ほか「ルートインホテルズ ブリリアントアリーズ」Vリーグ参戦決定、各種スポーツで全国大会出場や優勝など話題が多かった。

 ▽旧上田市から含めて4期、新市合併で上田市をけん引した市長、母袋創一氏が引退。
 4月9日、三つ巴の選挙戦から土屋陽一氏が新市長に就任した。
 公約通り初日から資源循環型施設建設に向けて関係自治体を訪問した。
 精力的に市民と会って聞く姿勢が評価され、動きすぎだと体を心配する声も。一方、資源循環型施設建設の前進など成果が求められている。

 ▽2019年ラグビーワールドカップに向けイタリア代表が5月26日から6月3日、菅平高原でトレーニングキャンプ。
 期間中は市内の児童生徒が大柄な選手と交流、イタリア文化を楽しむ催しも随時開かれた。

 ▽都市間連携が加速。5月に東信地域9市町村による東信州次世代イノベーションプランができ「モビリティ」「ウェルネス」「アグリビジネス」を重点に次世代産業創出がスタートした。
 7月には埼玉県所沢市と産業交流でフレンドシップ協定を締結。JA信州うえだは上田市の姉妹都市など交流のある都市で、新たな農産物販路を開拓。
 東御市の丸山晩霞記念館が小学校でワークショップ、FMとうみを活用した上田市の番組と緊急ラジオ放送、小諸市の野生鳥獣商品化施設で武石のシカをペットフードにするなど。

 ▽ワイナリー着工、千曲川・依田川合流エリア開発、丸子地域で一大プロジェクト始動。
 メルシャン㈱が陣場台地に旧丸子町から待望だった椀子ワイナリーを10月に着工。
 千曲川と依田川合流エリアを開発する「かわまちづくり」が国に登録され、防災だけでなくカヤックなど体験エリアとしても期待されている。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 今年2018年は、平昌冬季オリンピック、サッカー、高地トレーニングなどスポーツ関連の話題が盛りだくさんで、地元チーム・選手の活躍、今後のプロジェクトにわいた。
 一方、地震や豪雨、猛暑など自然災害から身近なところでも「ブロック塀」「エアコン」が注目され、災害への備えが注目された。
 来年5月の改元を控え、さまざまな機会で「平成最後」がつき、時代の転換点を感じさせた。
 各市町村の重大ニュースで2018年を振り返る。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:14 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

2018年12月29日
◆東御市「重大ニュース」2018!湯の丸高原で高地トレーニング用特設プール(屋内運動施設)の建設がスタートなど!  長野県 東御市
湯の丸高原特設プール 建設工事 現地で進捗状況報告 東御市 2018 (1)
   【建設中の「湯の丸高原高地トレーニング用特設プール」】

 ▽4月、市民交流サロンと市文書館が、それまで空きスペースとなっていた北御牧庁舎の1階と3階にオープンした。
 同サロンは、住民の自主的・主体的な地域づくり活動の拠点。同館は、公文書や古文書などを市民共有の財産として後世に伝え、公開する。

 ▽5月、湯の丸高原で高地トレーニング用特設プール(屋内運動施設)の建設が始まった。
 2019年の10月頃に完成予定で、20年の東京五輪・パラリンピックに向けたアスリートの利用などを通じ、市の振興に期待が持たれている。

 ▽11月、清水建設(東京都)の発電事業子会社「信州ウッドパワー株式会社」が羽毛山工業団地に木質バイオマス発電所の建設に着手した。
 東信地域のマツクイムシ被害材や間伐材を燃料に発電を行い、木材の新たな地域循環や需要を創出する。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 今年2018年は、平昌冬季オリンピック、サッカー、高地トレーニングなどスポーツ関連の話題が盛りだくさんで、地元チーム・選手の活躍、今後のプロジェクトにわいた。
 一方、地震や豪雨、猛暑など自然災害から身近なところでも「ブロック塀」「エアコン」が注目され、災害への備えが注目された。
 来年5月の改元を控え、さまざまな機会で「平成最後」がつき、時代の転換点を感じさせた。
 各市町村の重大ニュースで2018年を振り返る。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:18 | ●とうみニュース ]

◆小諸市「重大ニュース」2018! 全国的な音楽コンクール「こども音楽コンクール」で野岸小学校管楽部と美南ガ丘小学校合唱部が「ダブル日本一」の快挙など!   長野県 小諸市
小諸市複合型中心拠点誘導施設基本計画 2018


 ▽1月、野岸小学校管楽部と美南ガ丘小学校合唱部が、全国的な音楽コンクール「平成29年度こども音楽コンクール」で日本一にあたる「文部科学大臣賞」を受賞した。
 コンクールには全国から1800団体が参加しており、一つの市からのダブル受賞は稀に見る快挙だった。
 
▽市立小諸図書館が2月に入館者50万人、8月に60万人を達成した
 。図書館は平成27年11月末に、市役所隣に移転新築オープン。利便性が高く、本の貸し出しは旧図書館時に比べ2倍に増加している。
 
▽9月、市役所隣に建設が計画されている「複合型中心拠点誘導施設」の基本計画が策定された。
 福祉、商業、駐車場などの機能を持つ施設で、市が進める多極ネットワーク型コンパクトシティの一翼を担う。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 今年2018年は、平昌冬季オリンピック、サッカー、高地トレーニングなどスポーツ関連の話題が盛りだくさんで、地元チーム・選手の活躍、今後のプロジェクトにわいた。
 一方、地震や豪雨、猛暑など自然災害から身近なところでも「ブロック塀」「エアコン」が注目され、災害への備えが注目された。
 来年5月の改元を控え、さまざまな機会で「平成最後」がつき、時代の転換点を感じさせた。
 各市町村の重大ニュースで2018年を振り返る。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:18 | ●こもろニュース ]

2018年12月28日
◆上田市鹿教湯温泉で「氷とうろう」のイルミネーション!「氷灯ろう夢祈願」がスタート!1月31日まで行う!女優の長野里美さんも点灯式に参加! 長野県 上田市
鹿教湯・氷灯ろう夢祈願 長野里美さん
鹿教湯・氷灯ろう夢祈願 長野里美さん2
   【「夢祈願氷絵馬」で祈願する長野さん】

鹿教湯・氷灯ろう夢祈願 点灯
   【大勢が点灯に参加】

鹿教湯・氷灯ろう夢祈願 温泉をかけられる学生
   【土屋市長が湯かけをしたかけ湯祭】    

鹿教湯・氷灯ろう夢祈願 西内小
   【開会式で演奏する西内小学校児童】

鹿教湯・氷灯ろう夢祈願 会長
   【あいさつする斎藤宗武会長】



 上田市鹿教湯温泉の文殊堂一帯を彩る「氷灯ろう夢祈願」が27日からスタートした。1月31日まで行う。今年で21回目。
初日、開会式を鹿教湯温泉交流センターで、点灯式を現地で行い、信州上田観光プリンセスの長野里美さんも訪れた。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 20:56 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

◆青木村「重大ニュース」2018! 青木峠新トンネルのルート帯が発表など! 長野県 青木村
青木峠新トンネル・現在のトンネル - コピー

 ▽国道143号青木峠新トンネルのルート帯が発表され、村内で測量が開始される。

 ▽道の駅あおきの2カ年の施設整備工事が終了し、グランドオープン。

 ▽青木診療所に小川原秀太郎先生が着任し、診療体制が充実。最新医療機器の導入・建物の改修工事に着手。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 今年2018年は、平昌冬季オリンピック、サッカー、高地トレーニングなどスポーツ関連の話題が盛りだくさんで、地元チーム・選手の活躍、今後のプロジェクトにわいた。
 一方、地震や豪雨、猛暑など自然災害から身近なところでも「ブロック塀」「エアコン」が注目され、災害への備えが注目された。
 来年5月の改元を控え、さまざまな機会で「平成最後」がつき、時代の転換点を感じさせた。
 各市町村の重大ニュースで2018年を振り返る。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 20:55 | ●青木村ニュース ]

◆上田市海野町商店街の「犀の角」で「新春!犀の寄席2019」(1月6日)噺家とちんどん屋が初笑いで福を呼ぶ! 長野県 上田市
犀の寄席2019 (1)
【「新春、大いに笑わせますよ」と犀の角で守口さん(右)とメトロさん(左)】

犀の寄席2019 (2)

犀の寄席2019 (6)
   
犀の寄席2019 (3)

 上田市海野町商店街の「犀の角」=荒井洋文代表=で1月6日、「新春!犀の寄席2019」と題し落語会を開く。
 噺家とちんどん屋が初笑いで福を呼ぶ。好評につき3回目。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 16:19 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]