掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年01月03日
◆上田西高校サッカー部が初のベスト8!「全国高校サッカー選手権大会」2018で!次戦は5日、12時5分から明秀日立高校(茨城)と対戦! 長野県 上田市
DSloKMvVwAYDi1s
【先制点の丸山圭太君(背番号7)】

上田西高校サッカー部は、3日「第96回 全国高校サッカー選手権大会」で初のベスト8入りを果たした。帝京大可児(岐阜)と駒沢陸上競技場で対戦、5-0で勝利した。
 同校は、12年ぶり2回目の全国大会出場。初戦で全国大会で京都橘高校(京都)を1-0で下した。
 この試合の初得点が全国大会初勝利。帝京大可児を相手にも勢いをもって望み勝利を手にした。
 次戦は5日、12時5分から明秀日立高校(茨城)とベスト4をかけて駒沢陸上競技場で対戦する。
 


 

続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 13:49 | ◎スポーツ結果 ]

◆信州上小森林組合紹介2018 片桐弘惠さん=本所・長野県上田市= 「地域に親しまれる森林組合のいろいろな面を分かりやすく伝えたい」 
森林組合 本所 片桐弘惠さん (17)
【組合報「やまびこ」と片桐さん】

 片桐弘惠さんは入社5年目。総務部で年2回発行の組合報「やまびこ」の編集を手がけ取材も行う。
 「反響がうれしいです。地域に親しまれる森林組合のいろいろな面を分かりやすく伝えたい」と意欲的だ。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:07 | ■ ひと ■ ]

◆信州上小森林組合紹介2018 古田勝司さん(36)=青木支所・長野県上田市小泉= 「作業した場所がきれいに整備できた時にやりがいを感じます」 
森林組合 古田さん
    【ハーベスターに乗る古田さん】

 新潟県糸魚川市出身の古田勝司さんは入社から6年目を迎えた中堅職員。
 森林に入り、重機やチェンソーを使ってカラマツやヒノキを間伐する作業をしている。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:07 | ■ ひと ■ ]

◆信州上小森林組合紹介2018 中村茂さん(35)=依田窪支所・長野県上田市上丸子= 「ずっと一線で仕事をしたい」 
森林組合 依田窪支所 中村茂さん (9)
   【チェーンソーの整備をする中村さん】

 「効率を極めると安全になる」と話す中村茂さんは高卒後に入社。森林整備18年のベテランだ。班長として同年代4人のチームをまとめ、作業を進める。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:07 | ■ ひと ■ ]

◆信州上小森林組合紹介2018 根井悠斗さん(23)=川東支所・長野県上田市中之条= 「仕事をもっと覚えて、けがのないよう技術を身に付けていきたい」 
森林組合 根井悠斗さん
   【フォワーダを運転する根井さん】


 「山で働くいまの仕事が気に入っている。静かな自然のなかにいるのは気分がいい」。
 根井悠斗さんは2年間の研修を経て、昨年4月から川東支所に勤務している。
 伐倒や集材、運材の作業などに取り組み、フォワーダ(積載式集材車両)など大型の重機も運転する。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:06 | ■ ひと ■ ]

◆小諸商工会議所会頭<年頭あいさつ!>小諸商工会議所・掛川興太郎氏 「小諸が元気になるためには、多くの農地を抱える市街地周辺地域も元気にならなくてはならない!」 長野県 小諸市
掛川興太郎
【小諸商工会議所・掛川興太郎氏】

小諸商工会議所
  【農商工連携特別委の初会合。あいさつする渡辺頼雄委員長(左奥)(12月14日、小諸商工会議所)】



 新年明けましておめでとうございます。
 皆様にはご健勝にて希望に輝く新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 平素は、小諸商工会議所の事業活動に対し、心温まるご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:52 | ■ ひと ■ ]

◆故郷離れ満州へ「悲惨な戦争」語り継ぐ・・・生々しい体験談・・・長和町の翠川さん「次世代に伝えよう」 長野県 長和町 
 「戦争」ー。だれが何のためにしてきたのか。互いの平和や幸せのためでは決してない。
 戦争を知らない世代が8割となった現代、大戦後の不況から地を這うようにして立ち上がってきた先人の苦労を私たちの大半は知らない。今こそ戦争を体験した〃語り部〃から実態を聞くチャンスだ。

  第3次羅圏河開拓団大門分村。長和町には戦時中、故郷を離れ旧満州国へ家族と夢を求めた人たちの辛い体験がある。
 長門郷土史研究会会長の翠川寿さん(85)はその歴史を忘れず、次世代へ語り伝えようと昨年から体験者に講話などを依頼し戦争や平和への思いを伝えている。「戦争を語ることは本人が一番つらい。肉声から伝わる本当の思いが届けば」と翠川さんは願いを込める。

  ◇ ◇ ◇ ◇
◆「笑いながら機関銃で狙う兵士」

 同町に残るただ1人の開拓団体験者、長井義和さん(和田)と篠原敏子さん(上田市上丸子)に一福処濱屋(長久保宿歴史資料館)で当時の体験を聞いた。

満蒙開拓大門分団を語る 長井義和さん 2017 写真1
 【体験を語る長井さん】

満蒙開拓大門分団を語る 長井義和さん 2017 写真2
 【家族写真。左から3人目が長井さん】

 長井(旧姓・黒沢)さん(88)は75年前の昭和16年、農村救済の国策事業である「満蒙開拓団」として旧満州国へ渡った。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:52 | ●長和町ニュース ]

◆盲導犬と歩む・上田点字図書館「貸与事業」<終> 上田市真田の上田市真田町本原の佐藤英吉さん(66)は引退した盲導犬の世話を引き受けて20年! 引退後の世話 「繊細で賢く献身的」 長野県 上田市
盲導犬 引退盲導犬飼育者 佐藤英吉さん 上田市真田本原 写真3
   【佐藤さんと引退盲導犬ネルーダ】



 上田市真田町本原の佐藤英吉さん(66)は引退した盲導犬の世話を引き受けて20年余、これまでに3頭の最期を看取ってきた。現在は3年前に引退した17歳のネルーダ(ラブラドール・雌)と暮らす。
引退盲導犬飼育はユーザーからの依頼がきっかけ。愛情深く丁寧に接する佐藤さんに依頼が絶えない。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:51 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

◆盲導犬と歩む・上田点字図書館「貸与事業」③ 上田市長瀬の成澤さんと「ユリス」 毎日10㎞歩く、今年は海へ!  長野県 上田市
盲導犬ユーザー成澤正行さん (15) 写真2
   【小学校でハーネスを見せる成澤さんとユリス】
 
 上田市長瀬の成澤正行さん(60)は同基金で貸与された1頭目の盲導犬ユリス(雄・5歳)と毎日10㎞を歩き、バスや電車にも乗る。市内の小学校の講話では目が見えない人の実情や盲導犬はナビではなく成澤さんの指示が必要で愛情をしっかりかけ世話をしていることを伝え、啓発に努めている。
「今年はユリスと2人で海にいきたい」と夢を話した。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:50 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]