掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用 おおら
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2008年12月30日
穂谷君、高校選抜で米国遠征へ!!(上田西レスリング部)
上田西レスリング・穂谷君が米国遠征へ

 上田西高校レスリング部の穂谷億人君(3年)=写真=が日本高校選抜の米国オレゴン遠征メンバーに選ばれ、来月3日〜15日までの同遠征に参加する。
 本年度の穂谷君は団体で全国選抜大会で3位、全国高校総体でベスト8。個人(60㎏級)では全国選抜大会、国民体育大会、全国高校グレコローマン大会でいずれも3位入賞という安定した成績を残した。
 穂谷君は篠ノ井西中学出身で中学時代は柔道部に所属し、個人55㎏級で県大会ベスト8の成績だった。上田西高レスリング部には井出真一監督から誘われたことがきっかけでて入部したという。
 「アメリカはレスリングの強豪国なので技術的なことや筋力的なことなど多くのことを学んできたいと思います」と穂谷君。すでに日本体育大学への推薦入学が決まっており「次の目標は大学選手権大会で優勝することです」と抱負を語る。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:32 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

■今年の市町村じゅ~だいニュース!!■
  【上田市】
 ▽天神の日本たばこ産業(JT)上田工場跡地にイトーヨーカ堂が計画する大型商業施設「アリオ上田(仮称)」の開店が、当初の平成21年9月から1年延期に。建築資材高騰を主な理由とする。同社の鈴木敏文会長(坂城町出身)は、出店は「揺るぎない社内の決定事項」と母袋創一市長との面会で伝えた。
 ▽大手スーパー西友は、同市天神のリヴィン上田店を来年3月末での閉店を決定。10月末に母袋市長へ西友側が伝えた。後利用は未定。
 ▽丸子修学館高校野球部が春の甲子園へ31年ぶり(4回目)に出場。智弁和歌山と対戦し、善戦したが4|12で敗れた。
 ▽第45回全国中学校スキー大会のアルペン女子回転で上田市菅平中学校3年(当時)の蓮見小奈津さんが優勝した。
 ▽羊による雑草駆除〃舌草刈り〃を始める(6月)。上田市は同市武石上本入の遊休荒廃農地に羊の親子3匹を放牧。羊に雑草などを食べてもらい、その後、畑として活用を期待している。飼育は近くで「美ヶ原ベリー園」を営む宮下和美さん。
 
 【東御市】 
 ▽任期満了に伴う市長選が4月13日に投開票され、市民病院に産科設置などの公約を掲げた新人の花岡利夫氏が、現職の土屋哲男氏との一騎打ちを制して初当選を果たした。花岡氏は同25日、新市長に就任した。
 ▽定数が3減となった任期満了に伴う市議選が11月9日に投開票され、新市議19人が決まった。議長は町田千秋氏、副議長は三縄雅枝氏が互選された。
 ▽2007年度東部中学校放送委員会が制作した番組が6月19日に開催された世界大会環境部門でグランプリを受賞した。  
  【小諸市】
 ▽大手の国重要文化財、小諸城大手門は平成16〜19年度まで保存修理を行い、江戸時代の姿に復元。5月に竣工記念イベントを盛大に行った。
 ▽アルピニスト野口健さんを環境大使に任命。「環境大使」を自治体で任命するのは全国初で、小諸の豊かな自然、環境への取り組みを広げ、全国へ発信するのが目的。野口さんは市内小学校を対象にした森林教室など続けている。10月に任命式を行った。
 ▽3市町のごみ焼却施設計画断念。御代田町、軽井沢町との共同事業でごみ焼却施設の設置を検討し、御代田町内に設置するため計画が進んでいたが、茂木祐司御代田町長が方針転換。3市町での設置から、小諸市は8月に単独で建設することを決めた。
  【長和町】
 ▽合併3周年記念事業の一環として町の木を「山桜」、花を「ツツジ」、特別シンボルを「黒耀石」に決定。三枝成彰さん、林真理子さんに依頼していた町歌も完成した。
 ▽第22回中山道宿場会議「信州長和大会」が盛大に開かれる(10月)。
 ▽斉藤あや子さん=同町古町=が「北京パラリンピック」のアーチェリー競技、リカーブ個人(車いす)女子の部で5位に入賞した(9月)。町民栄誉賞を受賞。
  【青木村】
 ▽県営中山間地総合事業の一環で整備した農産加工所「みかえりの郷 活性化施設」が道の駅あおき隣接地に完成。
 ▽殿戸区コミュニティセンターと入奈良本コミュニティ防災センターが完成。
 ▽県宝「沓掛温泉石芋群」の公園整備。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:26 | ○過去のイベント・展示 ]

「火の用心」鍛冶町で夜警
歳末パトロールDSC_0182

 「火の用心」|。年末の上田市鍛冶町町内に大きな声と拍子木の音が響いている。
 鍛冶町(小宮山高雄自治会長・190戸420人)のみこしサポーターズクラブ「一番組」(大塚正久会長)が3年目の年末夜警を始めた。きょう30日夜まで続く。
 28日午後8時、鍛冶町会館に大塚会長ら一番組のメンバーが集合。この夜は15人が参加、2班に分かれ町内の路地までくまなく回った。
 鍛冶町は、海野の海善寺(東御市)にいた鍛冶職五家をこの地に移したことに始まる。真田信之が元和元年(1615)、上田城普請のため本海野の鍛冶全員を上田へ移住させたと伝えられている。
 一番組は火消し纏(まとい)の一番からとった。鍛冶屋が多かったことから、鍛冶町では火災予防のため10年くらい前までは毎日、夜警を行っていたという。
 3年前、一番組が中心になり復活、年末に行うようになった。小宮山自治会長は「防火、防犯ばかりでなく町の活性化にもつながっている」と話していた。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:22 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

4団体・個人に感謝状「振り込め詐欺防止や窃盗事件捜査に協力」上田署
上田署・振り込め詐欺などで感謝状

 上田警察署(内山茂孝署長)はこのほど、振り込め詐欺防止の功績や多額窃盗事件の捜査協力で4団体・個人に感謝状を贈った。
 振り込め詐欺防止の表彰は2団体で、八十二銀行三好町支店(小松正支店長)と信州うえだ農協(芳坂栄一組合長)上田有線放送センター。今月上旬に送金で訪れた女性の被害を未然に防止。女性は息子と名乗る男が、仕事上のミスから190万円が必要になったと電話があった。小松支店長は「被害を防ぐことができて良かった。皆さんのお金を守りたい」と話していた。
 信州うえだ農協では、今月上旬に多発した警察官を名乗る不審電話で、有線放送を通して被害防止の広報を効果的に行った。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:17 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

経済の悪化「積極的に対策」仕事納め式で市長
上田市仕事納め式

 上田市は26日、仕事納め式を本庁舎で開き、母袋創一市長が職員を前にあいさつした。
 母袋市長は経済の急激な悪化で「経済的不安が市民を直撃している。上田市としても積極的に対策を講じていく必要がある」とし、市緊急・雇用・生活対策本部の設置などを挙げ、「今後においてもタイムリー、スピーディを心がけていかないといけない」と話した。
 「大きな課題も残っている」とし、周産期医療を取り巻く医師不足、上田地域広域連合の統合ごみ処理施設建設問題、同市天神のJT上田工場跡地に計画する「交流・文化施設」を挙げた。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:15 | ●うえだ市政ニュース ]

談慶さんがチャリティ公演・なつくんを救う上田支部
なつ君を救う会・チャリティ公演

 心臓移植が必要な飯田市の山下夏君(7)を救おうと募金活動を行う「なつくんを救う会」上田支部は28日、地元出身落語家、立川談慶さんの協力からチャリティー公演を上田市丸子文化会館セレスホールで行った。
 上田支部の立ち上げと代表を務める大澤敏幸さんと麻美さん夫妻は、2年前に自らの子が入院した際に山下君と同じ病室になって親しくなり、募金活動に参加。公演を企画したのは2週間ぼど前の急なことだったが、会場には300人を超える来場があり、募金は約50万円集まった。
 司会で大澤麻美さんは「12月になり夏君の心臓の圧が下がっている。もっとできることはないかと思い、談慶さんが思いに応えてくれた」とあいさつ。山下君と同じ心臓の難病を抱える坂口紀子さん(上田市)が、苦しい闘病生活のつらさや夏君への手紙を朗読。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:13 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

まるこ福祉会に寄附(ファンケル)
とんぼハウスファンケル寄附

 株式会社ファンケル=成松義文社長・本社、横浜市=は、このほど、社会福祉法人まるこ福祉会(柳沢正敏理事長)に20万円を贈った。
 同寄附は同社の「もっと何かできるはず基金」を使ったもので、同法人に贈るのは今年で2回目。前回の基金は、運営する上田市生田の信州国際音楽村近くの丸子物産館「花風里(はなかざり)」=武重和彦館長=で販売を開始した発芽玄米入りのパンなどを焼くための機材を購入した。今回は同物産館のユニホームなどを購入する予定だという。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:11 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

楽しくデザイン革工芸・生涯楽習上田自由塾
上田自由塾 革工芸

 上田市の「生涯楽習上田自由塾」に今年度初めて開講した革工芸入門講座が好評だ。
 同市福田の小胎紀子さんを講師に毎月1回、上田創造館で開いており9回目の22日は男女9人が参加した。受講者はすでにキーケースやペンケースなどを完成させており、この日は思い思いの絵柄を入れた小銭入れに挑戦。模様の付いた金具で革を打ったり専用の器具で模様を浮き立たせる作業に没頭した【写真】。
 清水和子さん(上田市築地)は「できあがった作品を使うのが楽しみです」。山口和子さん(同下之条)は「自分でデザインした作品は世界に1つだけのもの」と制作に熱中していた。小胎さんは「革工芸は奥が深い。布など異素材と組み合わせたり、手持ちの革製品をリフォームしたりとアイデア次第で制作の幅が広がります」と話している。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 09:02 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

2008年12月29日
【派遣切り上小270人】10月から来年1月
 長野労働局の19日の発表資料によると、10月〜来年3月末までの間に県内で契約が更新されない雇い止めや契約解除になる非正規労働者は18日現在、4766人に上る。東信地域では1126人。上田公共職業安定所が管内で把握している派遣切りの人数は25日時点で10〜11月中に4企業170人、来年1月中に2企業100人程度。すべて製造業で、外国人が中心としている。
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:28 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

『0.73倍 厳しさ増す雇用』(県内で最低、8カ月連続1倍割れ)
 上田公共職業安定所(ハローワーク)は26日、管内(上田市、東御市、長和町、青木村)の11月の有効求人倍率が前月を0・06ポイント下回り、0・73倍に落ち込んだと公表した。平成15年9月の0・71倍(16年1月は0・73倍)以来の低水準となった。県内地域別でも最も低く、8カ月連続の1倍割れ。急速な景気の悪化で雇用環境は一段と厳しさを増している。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 10:26 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]