掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリンク

2008年01月31日
インド株相場の流れ
さて、インド株投資においても注目されていた米国の金利動向ですが、市場予想通りに0.5%の追加利下げを決定しました。
この利下げは市場でも望まれていただけにとりあえず重要イベントを通過しました。ダウ平均株価は利下げを一時好感し上昇に転じましたが、GDP成長が悪く大きく動きませんでした。

米国の景気後退懸念が一段と強まってきましてBRICs市場など新興国への成長減速の警戒感も強まりそうです。インド株相場としましても今後の動向に注目が集まります。
本日のインド株指数終値は0.62%安の17648.71ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 20:54 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月30日
インド株投資にも重要な材料
今後の反発に期待していきたいインド株相場ですが、注目のイベントが近づいてきております。ついに31日の早朝に米国の利下げについて発表がありますね。その結果によっては株価が大きく動く事が予想されますので大注目です。BRICs諸国の経済成長に米国は重要な位置付けにあります。インドの場合、他の新興国と比べ米国への輸出依存度は少ないのですがインド株市場への影響は大きくあります。

当然ですが、インド株市場の株価が大きく動いているだけにインド株ファンドの基準価格の動きも大きくなります。押し目には買いを入れていきたいですね。
さて本日のインド株指数終値は1.84%安の17758.64ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 20:15 | インド株 | トラックバック(1) ]

2008年01月29日
インド株にも影響
さて、インド株市場などBRICs投資でも多くの報道で注目されている今週米国から発表される重要な経済指標!まずはFOMCがどの程度利下げを実施するかが今後の株式相場を占う上でも重要になります。
インド株相場としましても株価に大きく影響される事からも大注目の材料となります。

ここ短期間のインド株相場は値動きの荒い展開が続いてきておりますが、押し目のチャンスとなるか株価上昇が先送りとなるか米国の金利に敏感な相場となります。また雇用統計の発表もありますし今週は盛り沢山の週ですね。注目していきましょう。

本日のインド株指数終値は60.80ポイント安の18091.94ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 19:59 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月28日
インド株も注目の1週間
大きく乱高下してきたインド株市場ですが、先週末には非常に大きな反発となり一気に上昇してきております。今週は米国でFOMCによるさらなる利下げが実施されるかが大きな注目点になると思います。
BRICs市場だけでなく世界の株式市場にとって最大の注目すべき重要イベントとなります。インド株市場にとっても大きな注目が集まります。

インド株チャートを見てみると、今月22日に安値である15332.42ポイントで長い下ヒゲをつけました。その後は反発してきておりますし、移動平均線との乖離率も高い事から反発に期待したい所ですね。その為にも米国の経済指標に注目です。
本日のインド株指数終値は208.88ポイント安の18152.78ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 19:47 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月27日
インド株ファンドの展開
大幅下落から週後半より反発してきているインド株市場ですが今後の動きに大きな注目が集まります。BRICs市場にとって米国株の動向に神経質な展開が続きますね。

インド株ファンドの動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドの18日は12,461円でしたが25日には10,575円となり1,886円の下落。
○PCAインド株式オープンは18日が23,300円ですが25日には19,870円となりまして3,430円の下落。
○HSBCインドオープンの18日は32,856円でしたが25日には28,012円となり4,844円の下落。
○ドイチェ・インド株式ファンドの18日は17,368円ですが25日には14,786円となり2,582円の下落。
○野村インド株投資は18日が29,336円でしたが25日には25,039円となり4,297円の下落。
○ブラックロックインド株ファンドの18日は19,340円ですが25日には16,508円となり2,832円の下落。
○UTIインドファンドの18日は12,921円ですが25日には11,250円となりまして1,671円の下落でした。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:41 | インド株ファンド基準価格 | トラックバック(0) ]

2008年01月26日
インド株レポート
インド株や中国株などBRICs市場の株価が乱高下してきており1日1日神経質な展開が続いてきておりますが、インド株市場の乱高下する株価について各証券会社からインド株レポートが頻繁に発表されておりますね。
インド株レポートの多くは、やはり米国経済の後退懸念や不透明感による利益確定売りが出たりと神経質な展開になっているとの事です。

ただ、中長期的にはインド経済の成長について楽観視しており、一連のサブプライム問題などにさらなる有効な政策が打ち出されていけば投資冥利が高いともされております。押し目のチャンスは逃したくないですね!
インド株指数の値動きですが、先週末終値は19013.70ポイントでしたが今週末には18361.66ポイントとなり652.04ポイント安でした。

[ 投稿者:ホットカレー at 22:15 | インド株 | トラックバック(1) ]

2008年01月25日
インド株が急上昇!
週末のインド株市場ですが大きく上昇してきましたね!BRICs市場では中国株も株価が急騰しましたしアジアの証券相場が堅調に推移してきました。米国経済の後退懸念が薄らいだ事が追い風となってきました。

また、インドのシン首相の発表によりますとインド経済の成長は9%台の成長を維持できるとしております。
新興市場の代表格としてインド経済の見通しは明るいですし、インド株市場としましても今後もさらなる上昇に期待できる状況になってきております。インド株投資は中長期投資が基本ですし楽しみですね!

本日のインド株指数終値は1139.82ポイント高の18361.66ポイントとなりまして大幅高でした。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:09 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月24日
インド株市場やインド株ファンド
今週も世界的に株価下落が続いてきており厳しい地合いでありますが、インド株市場も利益確定売りが優勢な週となっております。米国株の動向によってBRICs市場の株価も大きく影響されてきておりますが、今後のインド経済の成長は堅調であるとのレポートが発表されております様に長期的にはインド株は魅力のある株式市場に変わりは無いと見ております。

先日から急落してきているインド株指数な訳ですが、果たしてどの水準でインド株ファンドへ買いを入れるかタイミングを計りたいですね。
本日のインド株指数終値は2.12%安の17221.74ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:11 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月23日
インド株相場が急反発!
これまであまり見られなかったインド株市場の一時取引停止はBRICs市場など新興市場へ大きな衝撃を与えましたが、米国の緊急利下げを受けて落ち着きを取り戻してきましたね。
外国からの資金が大量に流入するインド株相場ですが、そうした資金の流出がインド株指数を大きく動かしていきます。

一時は20000ポイントを突破し最高値を連日更新していた時期もありましたが、米国株の動向や新興市場を代表する中国株などの株価動向を睨み神経質な展開が続いていくか注目する所です。

本日のインド株指数終値ですが急反発してきまして、864.13ポイント高の17594.07ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 20:48 | インド株 | トラックバック(1) ]

2008年01月22日
インド株市場が一時取引停止
インド株相場は大きく下落してきました。昨年から上昇を続けてきていただけに、利益確定売りが優勢な展開となりましたね。
これまで世界の株式市場は米国から始まったサブプライム問題について株価に大きく影響されてきました。アジアの株式市場も非常に大きく株価が下落してきておりますが、インド株市場や中国株香港市場などBRICs相場も軟調な展開が続いてきております。

こうした世界同時株安がどこまで続くのか注目される所ですが、なかなか見極めが難しい局面であります。インド株投資としましても神経質な展開になっております。
本日のインド株指数終値は4.97%安の16729.94ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:00 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月21日
インド株は大きく下げ
さて、注目されているBRICs市場の中のインド株相場。週初の寄り付きは小幅安でしたがその後売りが優勢となり下げ幅を広げていきました。インド株指数も一時は11%台の下落となり軟調な展開となりました。

米国経済の後退懸念が根強くあり、インド経済への影響を懸念した売りが優勢になった模様です。しかし、他の新興市場に比べインド経済への影響は少ないとされておりますが、アジアの証券市場など全体的に売込まれましたので仕方がない1日でした。リスクを押さえる為に利益確定売りが優勢でしたね。引き続き今後のインド株相場の動向に注力していきましょう。

本日のインド株指数終値は7.41%安の17605.35ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:20 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月20日
インド株投信の動き
この1週間のインド株市場は世界の株式市場と同じ様に厳しい展開であった週でした。インド株ファンドの基準価格も大きく下落してきております。

インド株ファンドの動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドの11日は13,167円でしたが18日には12,461円となりまして706円の下落。
○PCAインド株式オープンは11日が24,675円でしたが18日には23,300円となり1,375円の下落。
○HSBCインドオープンの11日は35,076円ですが18日には32,856円となり2,220円の下落。
○ドイチェ・インド株式ファンドの11日は18,324円でしたが18日には17,368円の下落。
○野村インド株投資は11日が31,089円でしたが18日には29,336円となりまして1,753円の下落。
○ブラックロックインド株ファンドの11日は20,534円ですが18日には19,340円となり1,194円の下落。
○UTIインドファンドの11日は13,782円ですが18日には12,921円となり861円の下落でした。
[ 投稿者:ホットカレー at 22:27 | インド株ファンド基準価格 | トラックバック(0) ]

2008年01月19日
インド株ファンドを振り返る
昨年1年を振り返ってみたBRICs市場ですが、さすがは期待されている新興国投資です。上昇してきました。日本から投資するBRICs市場では、中国株とインド株がメインになってきました。
インド株指数について昨年は最高値を更新してきました。今年は厳しい展開になっておりますが反発に期待したいですね。

インド株投資では、インド株ファンドの運用は好調で、これまで日本でも多くのインド株ファンドが設定されてきました。インド株投信の基準価格も総じて上昇してきまして高いリターンを得られた昨年でありました。
短期的には米国経済の後退が非常に懸念材料になりますが長い目で投資していきたいですね。

[ 投稿者:ホットカレー at 22:52 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月18日
インド株上昇の要因
昨年のインド株市場は新興国投資の人気やインド株市場へ投資するファンドの相次ぐ設定から上昇を遂げてきました。インド株市場へ上場している企業では世界的に有名なタタやインフォシステクノロジーズなど大きな企業が有名ですが、インド株市場へ上場している企業は日々売買されていない銘柄も含めると東京証券取引所に上場している銘柄数よりも多いのです。

また、東証よりも歴史が古く株式市場としては長い部類に入るのがインド株市場です。そのインド株市場がここ数年で驚く様な上昇を続けてきたのは海外からの資金が大量に流入してきたからですね。
直近は厳しい地合いが続いておりますが、今後も中長期的な株価上昇に期待したいところです。
本日のインド株指数終値は3.49%安の19013.70ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:37 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月17日
インド株相場の展望
昨年はなかなか好調に推移してきたインド株相場ですが、BRICsとして注目されているインド株や中国株は今年も中長期的には堅調な展開が続くと期待が高まりまっておりますが短期的には米国経済の動向によって影響されますね。しかし、昨年のインド株や中国株は世界の株式市場から見ても非常に上昇してきておりまして、かなりの上昇率となりました。

中国株市場の今年はオリンピック特需が見込まれますし、インド株市場には資金流入が持続されると見込まれます。サブプライム問題の懸念はありますが、インド株は長期的な視野で投資することが基本でありますので、じっくりといきたいですね!
本日のインド株指数終値は167.29ポイント安の19700.82ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:10 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月16日
インド株市場も大きく下落
厳しい地合いが続いている株式市場ですが本日は大きく売込まれました。終始安値圏での展開でした。インド株投資や中国株投資において現在注目されている話題の1つとしてインドのシン首相の中国訪問。BRICs市場を代表する2大国のトップ会談の内容に大きな注目が集まっておりました。

両国とも今後の高度経済成長を遂げていく中で絶対的に必要なのは原油などのエネルギー関連で、両国が協力を強化していく事で安定的な経済成長に追い風となっていきますね。
また、投資や貿易の拡大についても盛り込まれております。今後の経済協力体制に期待されます。

本日のインド株指数終値は1.89%安の19868.11ポイントです。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:47 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月15日
インド株指数の水準
本日のインド株市場は大きく下落してきましたね!米国の景気動向などサブプライム問題などで世界の株式市場が大きく揺れ動いております。インド株市場としましてもこうした流れを引き継ぎまして利益確定売りが優勢な展開となっております。アジアの証券市場は台湾株を除き下落してきました。
BRICs市場では中国株も厳しい内容でしたし、ブラジル株も下落してきております。難しい局面になっております。

インド株指数は2.3%安の20251.09ポイントとなりましたが25日移動平均線(20193.12ポイント)に接近してきました。今後はこの水準で下げ止まるか注目されます。

[ 投稿者:ホットカレー at 22:45 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月14日
インド株市場は小動き
BRICs株として好成績をあげているインド株ですが、米国経済の景気後退を懸念する点はありますが、他の新興市場と比べ大きくは影響されないインドに資金流入が強まっている様ですね!
インド自体の経済成長は良好ですし、先日発表されましたインフォシスの決算の様に企業の業績も堅調です。その決算発表を先取りし中東などからのオイルマネーがインド株相場へ流入している訳ですね。

かと言っても短期的にはインド株相場も乱高下する局面があるとは思いますが魅力のあるインド株市場です。
本日のインド株指数終値は0.48%安の20728.05ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:19 | インド株 | トラックバック(0) ]

2008年01月13日
インド株ファンドに期待!
最高値更新などでインド株市場の堅調さが証明されてきました。今後もインド株市場へ資金流入が見込まれますし期待したい所ですね。

インド株ファンドの動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドの4日は13,155円でしたが11日には13,167円となりまして12円の上昇。
○PCAインド株式オープンは4日が24,650円でしたが11日には24,675円となり25円の上昇。
○HSBCインドオープンの4日は36,196円ですが11日には35,076円となりまして1,120円の下落。
○ドイチェ・インド株式ファンドの4日は18,365円でしたが11日には18,324円となりまして41円の下落。
○野村インド株投資は4日が30,673円ですが11日には31,089円となり416円の上昇。
○ブラックロックインド株ファンドの4日は20,546円でしたが11日には20,534円となりまして12円の下落でした。
○UTIインドファンドの4日は13,909円でしたが11日には13,782円となり127円の下落でした。
[ 投稿者:ホットカレー at 23:13 | インド株ファンド基準価格 | トラックバック(0) ]

2008年01月12日
インド株の今後は
これまで概ね堅調に推移してきており一人勝ち状態のインド株市場です。高値警戒のサインがテクニカル的にも出ますが米国の利下げ観測など新たな救済策の発動など今後の米国の政策に注目です。

世界の主要企業がインドへ進出していく報道が今年に入っても多くなっていますね!魅力あるインド市場への参入はこれからも増加していくのでしょう。インド経済の成長に追い風となる事に期待が高まります。

今週のインド株指数の値動きですが先週末の終値は20686.89ポイントでしたが今週末には20827.45ポイントとなり140.56ポイントの上昇でした。
[ 投稿者:ホットカレー at 22:32 | インド株 | トラックバック(0) ]