掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリンク

2007年08月31日
インド株も強い相場
インド株市場は先日15000ポイントを終値ベースで回復してきまして、今後にもさらなる戻りに期待する所ですが、今までも伝えてきた通り米国株やアジアの証券市場の株価動向に影響される状況にあります。

インド株の株価を左右される海外情勢の動向はもちろんですが、インドの経済情勢に最も注目していかなければならないのも基本です。
高度経済成長を遂げているインド経済ですが、懸念されるインフレ率をどこまで押さえられるか注目です。4%が目標ですがどうなるでしょうか。
本日のインド株指数の終値は196.86ポイント高の15318.60ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:21 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月30日
インド株は高値圏で推移
インド株相場は先日のアジアの証券市場が軟調に推移する中、上昇に転じるなど力強さが見られました。これまで世界の株式市場の株価を大きく動かしてきたサブプライム問題などでインド株などBRICs市場も株価が乱高下してきておりました。

短期的にはまだ警戒感があるのも事実ですが、インド株投資や中国株投資の基本は中長期投資ですから市場の動向に流されずに長期保有で臨みたいですね。インド経済の成長はまだまだこれからが本番ですから。

本日のインド株指数の終値は堅調に推移しまして、128.70ポイント高の15121.74ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:46 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月29日
さすがはインド株市場
本日のインド株相場ですが、昨夜の米国株が大幅安になった事でアジアの証券市場が軟調に推移している事が影響し寄り付きは安値圏でのスタートとなりました。ここ数日間のインド株相場は大きく上昇してきている事から一旦の調整局面とも捉えられましたが、売り一巡後は急速に下げ幅を縮め上昇に転じました。
インド株指数も15000ポイントが目先に見えてきているだけに今後の世界の株式市場の動向は注目です。

インド経済に減速感が台頭し懸念されている訳ではありませんし、大きな調整にはならないと思われます。
本日のインド株指数の終値は73.85ポイント高の14993.04ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:44 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月28日
続伸中のインド株!
戻りを試しているインド株市場ですが、サブプライム問題の落ち着きから世界の株式市場が上昇に推移しているのは新興国であるインド株相場にも大きく好影響を与えております!

インドの携帯電話契約数が大きく上昇しており、月内での増加数は過去最高になったと大きく報じられております。中国もそうであった様に、個人の所得が増加してくると共に携帯の保有率や自動車の保有率が上昇してきます。
まだまだ伸びる業界でしょうね。
本日のインド株相場の株価指数終値は76.81ポイント上昇しまして14919.19ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 22:34 | インド株 | トラックバック(1) ]

2007年08月27日
インド株が大幅高
週初めのインド株相場ですが、先週末の米国株が上昇した事を好感し上昇してのスタートとなりました。BRICs市場では中国株も株価が大きく上昇しましたし、サブプライム問題の懸念が後退し戻りを試す展開がアジアの証券市場にはあります。
インド株相場としましても地合いが良い状態の中、株価指数の15000ポイント回復に期待が膨らみます。

インド株ファンドの基準価格も先週より戻してきておりますし、押し目のタイミングであったか注目しています。
本日のインド株指数の終値は大きく上昇しまして417.51ポイント高の14842.38ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:15 | インド株 | トラックバック(1) ]

2007年08月26日
インド株ファンドは上昇
インド株ファンドの基準価格は小幅ながらも1週間では上昇してきました。今週も期待したいですね!

インド株ファンドの動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドの17日は10,289円でしたが24日には10,467円となり178円の上昇。
○PCAインド株式オープンは17日が19,020円ですが24日には19,113円となりまして93円の上昇。
○HSBCインドオープンの17日は24,935円でしたが24日には25,118円となり183円の上昇。
○ドイチェ・インド株式ファンドの17日は15,050円でした。24日には15,201円となりまして151円の上昇。
○野村インド株投資の17日は20,769円でしたが24日には21,172円となり403円の上昇。
○ブラックロックインド株ファンドは17日が15,505円でしたが24日には15,764円となりまして259円の上昇でした。
[ 投稿者:ホットカレー at 23:33 | インド株ファンド基準価格 | トラックバック(0) ]

2007年08月25日
インド株の週間
さて、今週のインド株相場は乱高下した1週間でしたね。サブプライム問題で世界的にもみ合いの展開であった株式市場です。インド株市場は週初の終値が14427.55ポイントでした。その後、インド株指数は13000ポイント台まで一時的に売られる局面もありましたが、週末には14424.87ポイントと戻してきました。押し目のタイミングであったか今後の動向に注目ですね。

また、今週は安倍首相がインドへ訪問するなど日印関係の強化に興味深いイベントもありました。両国の経済協力体制の絆が深まったと理解したいです。
来週も戻りに期待できるインド株相場です。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:46 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月24日
CAりそなインドファンドは!
先日は、米国株市場が反落したり世界の株式市場に悪影響があったりしてきましたが、インド株相場も影響を受けてきました。先週から大きく売り込まれたインド株市場ですから今後はさらなる戻りを試す展開となっていくか注目です。

株式市場の下落から投資信託の基準価格も全般的に急落しており、一時はでインド株ファンドも同じ様に大きく下落しました。CAりそなインドファンドも基準価格が1万円を割り込む日もありました。これから投資するとすれば面白いタイミングになってきました。
まだまだ期待大のインド株相場です!!

[ 投稿者:ホットカレー at 18:59 | CAりそなインドファンド | トラックバック(0) ]

2007年08月23日
これからのインド株市場
インド株相場などBRICs市場の株式市場の株価が反発してきておりますが、まだまだこれまでの下落幅を取り戻しておりませんので今後の株価上昇に期待したいですね!

日本企業のインド進出が加速している中、日本とインドの経済協力体制の強化に大きく期待がかかる所です。トヨタ自動車も小型車生産をインドで行う公算が大きいと報じられておりますし注目できますね。
こうした日本とインドの関係は今後も強化されていくでしょうしインド経済の成長に追い風となる事に間違いありません。

本日のインド株市場の終値は寄り付きは堅調でしたが引きにかけて売られまして小幅ながら下落しました。インド株指数の終値は0.59%安の14163.98ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:42 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月22日
インドと日本の関係強化で!
先日のインド株市場は一転し反落しましたが、世界的な株安の原因であったサブプライム問題が落ち着いてくればBRICs市場やアジアの証券市場も戻りを試す展開になってくると推測されます。

そんな中、報道などでも大きく取り上げられている日本の安倍首相らのインド訪問ですが、良好な関係が続いている日印関係に新たな関係強化が期待されます。有意義な訪印になる事を願います。
本日のインド株相場ですが大きく上昇しまして、インド株指数は259.55ポイント高の14248.66ポイントとなりました。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:25 | インド株 | トラックバック(1) ]

2007年08月21日
インド株が下落
本日のインド株相場はアジアの証券市場などが反発する中、寄付き後は堅調に推移する局面もありましたが徐々に売りに押された格好となりましたね。引けにかけて下げ幅を拡大しております。

インド株指数の終値は438.44ポイント安の13989.11ポイントとなりました。久しぶりに14000ポイント割れとなりました。本日のインド株相場軟調の原因として、金融政策の警戒感などが台頭し嫌気されていました。
難しい局面にある状況ですが、今後の展開に注目していきましょう。インド株ファンドの基準価格の明日は下落するでしょうね。

[ 投稿者:ホットカレー at 22:21 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月20日
インド株相場が大幅反発
インド株相場の週始めですが、米国株相場が反発した事やアジアの証券市場などが大きく反発した事で反発してきましたね。なかなか難しい局面にあるには変わりありませんが、本日は大きく反発してきました。インド株指数は2%弱上昇しました。

インド株ファンドの基準価格は先週大幅な下げ幅を記録しましたし、どこまで戻していくか注目です。
今回のサブプライム問題でインド経済の成長にブレーキがかかる様な事は無いと思いますし、世界の株式市場が本格的に反発してくればインド株も期待がもてるでしょうね。
本日のインド株指数の終値は286.03ポイント高の14427.55ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:09 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月19日
インド株ファンドも大幅安
この1週間のインド株市場は乱高下しまして、インド株ファンドの基準価格は大きく下落しました。今週の株式市場が落ち着くか注目されます

インド株ファンドの動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドの10日は11,449円でしたが17日には10,289円となりまして1,160円の下落。
○PCAインド株式オープンは10日が21,280円でしたが17日には19,020円となり2,260円の下落。
○HSBCインドオープンの10日は27,582円ですが17日には24,935円となりまして2,647円の大幅下落。
○ドイチェ・インド株式ファンドの10日は16,823円でした。17日には15,050円となり1,773円の下落。
○野村インド株投資の10日は23,008円でしたが17日には20,769円となりまして2,239円の下落。
○ブラックロックインド株ファンドの10日が17,088円ですが17日には15,505円となりまして1,583円の下落でした。
[ 投稿者:ホットカレー at 23:59 | インド株ファンド基準価格 | トラックバック(0) ]

2007年08月18日
インド株と世界株安
インド株市場をはじめBRICs市場も株価が下落し、流入資金の流出が懸念されるところですが、今回の世界的な株価下落の原因となっているサブプライム問題の株式市場に与える影響は、以前起こった上海株の暴落から世界的な株安になった時より大きいものとなりましたね。

どの国の株式相場も直近のテクニカルは関係なくチャートでは判断できない状況です。ファンダメンタルでは良好なインド株市場ですからサブプライム問題が落ち着けば戻りを試す展開となっていくはずです。
インド株相場も神経質な展開になっておりますね。しばらく動向に注目です。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:27 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月17日
インド株も続落!
インド株相場や中国株相場が代表的なBRICs市場ですが、新興市場と言う事もあり株価は大きく乱高下しますが、本日の日経平均株価には驚きましたね!
874.81円安という数字はここ数年間みたことが無かったので投資家だけでなく多くの人達が注目しましたね!

インド株相場も本日は下落し、インド株指数の終値は216.69ポイント安の14141.52ポイントとなりました。世界中の株式市場が軟調でした。
インド株も中国株もアジアの株式市場もそうですが、ここまで売込まれてくれば反発局面に転じた時は大きく上昇するでしょうね。
インド株投資もしっかり見定めたいですね!!

[ 投稿者:ホットカレー at 21:51 | インド株 | トラックバック(1) ]

2007年08月16日
インド株が落ち着くのは
かなり厳しい状況が続いております世界の株式市場ですが、インド株も同じ様にもみ合いの展開になっております。米国株が5日続落となっており、サブプライム問題が大きいリスクとなり投資心理を冷やしております。

先日から書いている通り、ファンダメンタルが良好なインド株ですから長期的にはまだまだ伸びていく株式市場である事に変わりはありません。一連の問題からインド株ファンドの基準価格も大きく調整されてきております。これからインド株ファンドへ投資するとしたらタイミングが重要ですね。その為にも米国株の動向に注目していきたいですね。

本日のインド株指数の終値は4.28%安の14358.21ポイントでした。

[ 投稿者:ホットカレー at 22:47 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月15日
インド株市場は休場
米国株が大きく下落しアジアの証券市場の株価も全面安の展開となりました。BRICs市場としましても新興国なだけに株価は大きく乱高下しており、投資のタイミングが難しい状況にあります。
インド株市場は株価指数が15000ポイント付近でのもみ合いの展開となっておりますが、何とかこの水準では止まってもらいたいですね。

先日にも書きましたが、インド株上場銘柄の業績は好調に推移しておりますので押した時はタイミングかもしれません。
本日のインド株ファンドの基準価格は下落しましたが、今後の展開に注目ですね!

[ 投稿者:ホットカレー at 23:42 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月14日
インド株とインフラ
世界の株式市場はサブプライム問題で各国の中銀による資金注入で落ち着きを取り戻しつつありますが、インド株相場も良好なファンダメンタルを背景に売られすぎた所では押し目買いも多く入っておりますね。

それを裏付ける様に発表によりますと、インド企業の業績は前同期比でも大きく伸びておりインド株指数の上昇を牽引していくとされております。世界の主要企業のインド進出も加速しており、インド経済の成長は高度路線に乗っております。

特にインドでの注目セクターはインド政府も力を入れているインフラ関連で、それらに投資対象とするPCAインド・インフラ株式ファンドは中長期的な成長に期待がもてます。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:55 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月13日
インド株相場が上昇
米国株の乱高下からアジアの証券市場や欧州の株式市場が大きく影響されておりますが、インド株市場としましても神経質な相場展開となっております。海外資金が多く入るインド株相場ですのでリスクマネーの引き上げなど動向に注目していきたいですね!

インド株市場も中国株市場にも同じ事が言えると思いますが、高い経済成長力を背景に一連の問題に解決へ向かえばまた上昇へ向かうと思います。
週初めとなるインド株相場は堅調に推移しまして、インド株指数の終値は148.96ポイント高の15017.21ポイントとなりまして15000ポイントを回復しました。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:37 | インド株 | トラックバック(0) ]

2007年08月12日
インド株ファンドは概ね堅調
乱高下したインド株市場ですが、1週間を通したインド株ファンドは上昇するファンドが多かったですね。今週も堅調に推移する事に期待です。

インド株ファンドの動き。
○PCAインド・インフラ株式ファンドの3日は11,350円ですが10日には11,449円となりまして99円の上昇。
○PCAインド株式オープンは3日が21,107円でしたが10日には21,280円となりまして173円の上昇。
○HSBCインドオープンの3日は27,725円ですが10日には27,582円となり143円の下落。
○ドイチェ・インド株式ファンドの3日は16,413でしたが10日には16,823円となり410円の上昇。
○野村インド株投資の3日は23,116円ですが10日には23,008円となりまして108円の下落。
○ブラックロックインド株ファンドの3日は17,133円ですが10日には17,088円となり45円の下落でした。

[ 投稿者:ホットカレー at 23:01 | インド株 | トラックバック(0) ]