掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリンク

2005年04月30日
インド株投資が近くなるか?
インド株とは直接関係は無いのですが、日本の小泉首相が5年ぶりともいえるインド訪問を行いましたね!!

早速インドのシン首相と会談され、両国の関係をより一層強める!といった事や、お互いの常任理事国入りを支持する。
と言った内容の日印共同声明が発表されました。

インド株や、インド株ファンドには直接関係はありませんが、両国の関係がより一層友好的になれば、インド株式が直接的に投資できるようになるかもしれませんね!(甘いか?)

そんな期待を持ちながら、訪印の成功を願っているところです・・・

[ 投稿者:ホットカレー at 13:52 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月29日
インド株ファンドが大人気
しかしインド株ファンドの人気は凄いものがありますね!!
ペイオフ解禁の元に、株式や投資信託の人気は上昇しているようです!

その中でも、インド株投信の人気は他の投信と肩を並べる程の人気があり、ビックリしてしまうほどになっているようです!

基準価格も軒並み10,000円を超えてきておりますし、今後さらなる上昇に期待がもてるインド株ファンドに資金が流入がする事、間違いないでしょう。

その為にも、色々な証券会社のインドファンドを比較することが重要ですね!!


[ 投稿者:ホットカレー at 14:37 | インド株投資の魅力 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月28日
インド株ファンド投資の基本
インド株投資の基本としては、中国株と同じようにインフラ銘柄への投資でしょうか!

特にインドのような経済発展途上で、これから高い経済成長を遂げていく事が解かっているならば当たり前です。

そういえば、インドの国営企業のエア・インディアも先日の報道で、旅客機を50機購入することを決めたばかりです・・・

インド政府の動きに合わせたインド株ファンドへの投資が大事ですね!


[ 投稿者:ホットカレー at 23:21 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月27日
インド株のリスクを考える
いくら注目されているインド株ファンドだからといっても、リスクはあります。
高い成長が見込めるからといって安易に投資するのは危険です。

必ずリスクを頭に入れながら投資していきたいと考えます!

発展途上国だけに成長も急激だが、インドの情勢(政策)によっては思わぬ落とし穴がまっているかもしれません!!

何回も言っていますが、インドファンドの運用会社によって投資対象も異なり特色がちがいます。

リスクを少なくする為にも、何種類かのファンドに投資しておくのがベターだと思っています。

そんなインド株ファンドのリスクなども今後詳しく調査していきたいと思っています。


[ 投稿者:ホットカレー at 21:48 | インド株のリスク | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月26日
やっぱHSBCインドオープンですか!
さて、インド株ファンドが次々と発売されていますが、もう購入したでしょうか?

先週などは世界的に株安でしたし、インド株式ファンドも続落してきましたが、やっと上昇してきたようですね!

あるインド株投信なんかは、9000円台まで下げた局面もありましたが、インド株ファンドは基本的に長期投資ですから・・・

そんな中でも安定的な運用をしているのは、HSBCインドオープンでしょうか!

大きな値崩れがないだけに、資産運用がうまくいっている事の証明ではないでしょうか?

HSBCインドオープンはお薦めですね!


[ 投稿者:ホットカレー at 21:07 | HSBCインドオープン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月25日
インドの市場に進出する企業
インド株やインド市場に世界が注目する中、続々とインドに進出する企業が増えてきております!

例えば、
TCLやハイアール集団などの中国株式上場企業。

サムスン電子やLG電子などの韓国株式上場企業。

インドの最近は、家電産業が急速に成長しており、インド市場に参入する外国企業が増加してきています。

それに対し、インド株式上場企業はどう迎え撃つか?
インド株の株価に影響するので注目ですね!


[ 投稿者:ホットカレー at 21:54 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年04月24日
注目のインド企業タタ!自動車輸出なるか?
インドで最大の企業Tata(タタ)グループが韓国で自動車を輸出販売する!
との報道が注目を集めているようです!

タタグループは昨年に韓国の大宇商用車を買収しております。

タタ側が輸出した場合、かなり関税がかかるようですが、それでも韓国産の乗用車よりも最大で30%も安くなるらしいです!

実際に輸出するにはまだ様々な問題があり、早期実現には難しいらしいが、実現した時にはタタのインド株の株価上昇がおおいに期待できそうです。


[ 投稿者:ホットカレー at 13:33 | インド株市場の注目産業 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年04月23日
インド株投信の基準価格
今週のインド株はどうだったでしょうか?
米国の株価の乱高下の中、インド株ファンドも難しい局面にあったように思えます。

基準価格を先週末から比較してみましょう!

○HSBCインドオープン
15日終値11642円 ⇒ 22日終値11349円

○ドイチェ・インド株式ファンド
15日終値10519円 ⇒ 22日終値9744円

○PCAインド株式オープン
15日終値10065円 ⇒ 22日終値10085円

PCAインド株式オープンだけが上昇しましたね!
来週の価格はどうなるでしょうか?


[ 投稿者:ホットカレー at 21:33 | インド株ファンド基準価格 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年04月22日
インド経済を知る
高い経済成長が予想されているインド経済ですが、アジアで比べてみると日本・中国・韓国に次ぐ経済規模にまでになってきています!

インドには、何度も言ってますが優秀な情報技術者が多く、IT関連の輸出も急速に伸びてきております!

そんな経済成長を元に国民の所得も増加してきておりますし、国内においてはPCや自動車などの市場が急速に拡大してきてようです。

そんな成長過程にあるインド株、インドファンドは魅力的であり楽しみな株式市場でもあるのではないでしょうか?

[ 投稿者:ホットカレー at 09:28 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2005年04月21日
HSBCインドオープンはお薦め
最近は世界的に株価が下落しており、インド株も例外ではありません!!

各インド株ファンドによって値動きは異なりますが、特にここ最近は、PCAインド株式オープンの基準価格が下落しているようです!
10000円を割っております。

HSBCインドオープンも先週末から比較してもやはり下落しております。
ただ、他のインド株ファンドよりは下げ幅が小さいように思えます。

投資運用が成功しているからでしょう!
ちなみにHSBCインドオープンは、オリックス証券などで取り扱っております。

一度は資料に目を通しておいた方がいいかも・・・


[ 投稿者:ホットカレー at 20:51 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年04月20日
インド株ファンドの特性
インド株に投資するには代表的なのが投資信託ですよね!
そのインド株ファンドにも色々と証券会社によって種類があるのはご存知だと思います。

ひとえに、運用会社によってインドファンドの特性が異なり、証券会社で調べる必要があります。

例えば、HSBCインドオープンとPCAインド株式オープンでは取り扱い証券会社も運用会社も違います。
また、基準価格も異なります。

どこで投資をするか?は個人の判断にまかせるしかないのですが・・・
そんな違いを今後調べていきたいと思います。




[ 投稿者:ホットカレー at 21:20 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月19日
ヤフーのインド株カテゴリーに登録されました!
この度、ヤフーのインド株カテゴリーに登録されました!!

インド株をいろいろと調査し始めて数ヶ月が経ちます。
高い経済成長を期待し、また第2の中国株となるのではないか?
と勉強してきました!

色々な民族が居る国だけあって、実態をはっきりと掴むのは難しいものです。
そんなハイリスク、ハイリターンをめぐってこれからもインド株について紹介していけたらと思っております。

インド株ファンド投資の魅力を国柄などを紹介しながらサイト運営していきたいと思います。


[ 投稿者:ホットカレー at 21:33 | インド株サイトの主旨 | コメント(1) | トラックバック(1) ]

2005年04月18日
長期投資のインド株
インド株も3月上旬あたりまでは相場も上昇トレンドできましたが、最近はどうやら調整局面に入っているようですね!!

かと言って、インド株はファンダメンタル的には良好という見方が多いので一喜一憂はしませんけれど・・・
やはり、インド株ファンドへの投資は基本的に長期とうしですからネ!

どうしても米国株式相場に左右されてしまうので、そちらの日々の株価くらいはチェックしないといけないですね!


[ 投稿者:ホットカレー at 19:07 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月17日
インド株ファンド 基準価格
各方面から注目されているインド株ファンド!
いろいろな証券会社から発売されているインドファンドの基準価格を週単位で比較していきたいと思います。

○ ドイチェ・インド株式ファンド
  8日終値10234円 ⇒ 15日終値10065円

○ HSBCインドオープン
  8日終値11833円 ⇒ 15日終値11642円

○ PCAインド株式オープン
  8日終値10649円 ⇒ 15日終値10519円

先週は世界的に株価が軟調だった原因もあってインド株も軟調でしたね!

[ 投稿者:ホットカレー at 21:05 | インド株ファンド基準価格 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月16日
インド株リスクの調査を!
話題が急上昇してきているインド株!
高い将来性の中、リスクを警告する報道も多くなってきましたね!

確かにインド株や、インド株式ファンドにはリスクが高いと個人的にも思っています・・・
しかし、投資信託にしても株式投資にしてもリスクは付き物ですし、インド株に限ったことではありません!

ただ、よく理解しないで投資するからリスクが高くなるのではないでしょうか?
むやみにインド株へ投資するのではなくよく調査し、しかるべき時期に投資すればそんなに恐れるものでは無いと思いますが・・・

これからインド株のリスクについても、よく調査していきたいと思います。


[ 投稿者:ホットカレー at 21:20 | インド株のリスク | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月15日
インド株を検証中
よくインド株は、中国株と比較される事が多いと思いますが、国の経済成長や、時代の流れなどから検証してみても・・・やはりインド株の方が、これから先は有望ではないでしょうか?

世界の工場ではなくて、世界のITサービスセンターなんインド株と中国株は比較されています。

何回も言っている事ですが、早くインド株の個別購入ができる様になるといいですね!
間違いない・・・

[ 投稿者:ホットカレー at 22:16 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月14日
インド株の将来性
先日、インド経済はロシアや韓国などのGDPを追い抜く!といっていましたが、実は日本のGDPも追い抜くという予測も出ているのですね!!

インドは長い間、「発展途上国の代表と位置付けられてきましたが、近年は世界最大の民主主義国家になる」と新聞でも特集されていました。

インド株へ投資している人、または投資しようか?と考えている人、皆この高い経済成長を期待しているのではないでしょうか?
私もその一人です。

[ 投稿者:ホットカレー at 21:30 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月13日
インド株で成功する為に
改めてインド株の魅力を考え直してみる!
私もこのインド株投資を調べ始めるまでは人口が多いということ位しか思い浮かびませんでした・・・

しかし、インドという国を調べていく内に、IT産業が盛んな国、だけれども全ての経済成長の基礎となっているのは農業だという事、また信仰している宗教や言語がいろいろあるという事・・・

インドという所は日本とは規模も生活環境もまったく異なる!
そんなインド株の投資を真剣に考えるには、日々の株価だけでなく、経済の基盤や産業などを知る事がインド株で成功する道ではないかと思わされている毎日です。



[ 投稿者:ホットカレー at 21:09 | インド株投資の魅力 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月12日
インド株のリスク
どんな株式や投資信託を選んだとしても、必ずリスクが伴います!
当たり前な事ですけれど・・・

特にインド株のように成長真っ只中のような株式市場はもっともです!
インド株投資で特に注意しなければならない事は、カントリーリスクではないでしょうか?
インドという国の中で今、何が起こっていてインド株式相場にどのような影響を及ぼす懸案なのか?
どうでも良い事なのか?

今のところリアルタイムに情報は入ってきません!
なんとかもっと情報が入ってくれば良いのですが・・・


[ 投稿者:ホットカレー at 22:10 | インド株のリスク | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月11日
インドの経済成長の要因
前回にも記述しましたが、インド株の成長にはインドの経済の成長が不可欠です(当たり前のことですが・・・)

そんな中、韓国開発研究所という所から、インド株、もしくはインド経済の成長要因というのが発表されました!!

その内容は、英語の常用化・優秀な科学技術人材・市場開放体制への転換・安い人件費
などを理由に挙げました。

インドはいろいろな国からも注目されているのですね!


[ 投稿者:ホットカレー at 22:53 | インド株 | コメント(0) | トラックバック(0) ]