掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

          ツイッター

2012年03月21日
いっそSSDに手を出すか・・・?
購入当初は充分速いと思っていて、もちろん今でも満足できる性能はあるのだが、
いかんせん世の中に溢れるデータのサイズや量が多くなりすぎて、
HDD周りがボトルネックになりつつある、T60君。

さすがにノートPCはバス周りが(ry


となるとまず真っ先に考えるのが、シリコンディスク化。
その中でも比較的昔からある馴染みの方法としては、
変換アダプタを使ってCFをHDDの代わりに差すというのがある。

・・・のだが、こういうのを見てると、ちょっと前まで
「CFに変換アダプタ噛まして爆速だぜイヤッホウ!」
なんてやってた時代は何だったのかと思う。
「CF+アダプタ」と「SSD単体」が同等もしくはSSDの方が安いとかどういうことなの・・・。
(注:もちろん、今でも耐久性、容量、性能を重視したタイプのSSDは、
容量にもよるけれど高い。ウン万円の世界である)


こうなると結構本気で導入を考えたくなるのだが、T60君のOSはXPである。
これが7になると、SSD向けに最適化された動作モード(=読み書きの回数をできるだけ減らすなど)があるため、これを考えるとわざわざ導入するメリットがあるのかと思う。
(まあXPでも手段は無いわけでもなくて、メインメモリを多めに積み、
余剰分をRAMディスクとして使えば、一応読み書き回数を減らすことはできる。
特に、キャッシュとかは読み書きが多いので、これが軽減できるのは大きい)

仮に導入するとなると、メモリも積み増したくなるので、
結局1万円くらいはかかる計算となるだろう。

・・・お遊びに1万円かあ。やっぱりもうちょっと考えるか・・・。

<その他の検討事項>
低消費電力なのでバッテリー駆動時間も伸びるのも分かるが、
ぶっちゃけここまでして実現する必要が、今の俺にはあるのか?

現状、パワーが必要だったり徹底して速度を要求したい作業などは全てxw4600君に移管してしまっているので、実のところT60君を高速化する意義があんまり無かったりする。
何せ今xw4600君はSASなHDDのRAID0なのである。
当たり前だが一般的なハードの構成では太刀打ち出来るわけがない(苦笑)。

しかし、RAMディスクの導入は面白いかもしれないな。
もちろん、ソフトウェア的な動作にはなるけれど、それを差し引いても速いらしいし。
[ 投稿者:臨時新快速 at 18:43 | 電気・電子・PC系 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/20.32/a09627/0000384178.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/20.32/archives/0000384178.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら