掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

          ツイッター

2011年06月15日
今年の夏の運転事情
電力不足を背景とした鉄道各社の対応に注目ですね。

車内冷房・ダイヤ・照明…首都圏の鉄道、節電へ試行錯誤
関西の鉄道4社、運行本数削減へ 7月中の実施めざす

冷房を緩めにするというのは割と効果的だと思いますが、
これを通勤・通学ラッシュ時にも適用すべきかと言われると悩ましいところ。
特に猛暑日なんかは車内が蒸し風呂状態となりかねませんから、
逆に熱中症で病人が出る可能性だってあります。
(実際、以前ダイヤが乱れて車内に缶詰めになった時、大変な思いをしたことがあります)

こうした事からも、今回の施策は非常に匙加減の難しい問題なのは明白ですし、
今回ばかりは我々利用者も辛抱強く見守る、提案をする必要がありそうです。
[ 投稿者:臨時新快速 at 00:43 | 鉄道系 | コメント(0) | トラックバック(0) ]