掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年03月27日
テレビ:今日の出来事:兄弟が:ミュージックステーション

タモさんに暴言吐いたらどうしようかと思っていたので安心しました。
と思ったらリアム居ねー。
ってそわそわしました。

[ 投稿者:guerrero at 21:31 | tv_movie | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月06日
映画:最近涙腺ゆるくねぇか:スラムドッグ$ミリオネア



そういえば、帰国途中の飛行機ん中でやってたもんで観ましたよ。
英語で中国語字幕でした。監督ダニー・ボイルだったのかぁ。

なので、詳しい内容とか小ネタはきっとほぼ分かってないので、それによって重大な所も見逃してる可能性もあるんですが(例えば、「それは運命だった」っていうテーマにはいまいち共感出来なかったり)、でもわかりやすいストーリーだったと思うし面白かったですよ。

スラム生まれの学なんか無い少年が、自分のそれまでの人生の記憶でもってミリオネア(クイズ番組)を勝ち上がって行くお話。

日本だと、みのもんたがやってた(る?)ミリオネアイメージで、あと一問正解でミリオネアに!っていうクライマックスで、(金額は大きいにせよ)なんでこんな国中盛り上がってんねん嘘臭い、って感じるかもなんですが、いやまじでこんな盛り上がりになるんですよインド。

僕がネパールに居た時には、"Indian Idol"?だったかな、"American Idol"のパクりの、まぁ素人オーディション番組が大人気で、決勝の会場に行く時とか、映画の中の一幕そのまんまみたいになってました。優勝した人ネパールまでツアーに来てましたからね。そんでほんとにみんな観てた。

とりあえず、演出と構成は工夫されているんですが(子供時代超楽しい)、大人になってからのひとつひとつのエピソードはべっタベタで(でも子供時代まじ超楽しい)、もう展開とか基本的に全部読めちゃうんですけど、インドのスラムドッグ達が生きる風景と音楽(ting tingsとか)とベタなストーリーが一緒になったこの作品を観て、ベタな物語の持つ力をすっごく感じました。こういうのを必要としてる世界はまだまだありそうだし、僕らだってなんだかんだ言って求めてんのかも。

最後の問題のところとか、エンディングで子供時代の主人公とヒロインが踊ってるの観た時僕泣いたもの。

[ 投稿者:guerrero at 17:02 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月14日
テレビ:銀河の はてまでー!:星間飛行:ランカ・リー:マクロスF



これねー。悔しいっすねー。いやー悔しいなぁ。でもなんかみちゃうのねー。つうかかわいいよランカって言いながら好きな訳でもないんだよなきっとなー。つうか間奏のとかキモいくらいの勢いなのになぁ。

菅野よう子にはいつも悔しい思いをさせられます。スモークオンザウォーター(でしたっけ)のリフとかごっそり満載なのに、そのリファレンス作曲みたいのになんとなく抵抗を覚えるのに、でも…!みたいな。いいようにやられるみたいな。

ちなみに僕の萌えポイントとしてはですね、

[0:41]「銀河の はてまでー!」
[1:05]手の振りとなぜかぼーっとしてる表情
[1:20]ピッコロみたいな緑の身体のおっさんが「ランカちゃんですか!」
[1:32]キラッ☆
[1:38]ah ah
[1:44]「私たち 花火 みたいー」の抑揚
[2:10]コーラス
[2:23]突如始まるコンサートの態の後ろで仁王立ちするロボ
[2:34]手の振りとちょっと身体を沈める所
[2:42]スピーカーからの距離変え(違うかも)
[2:46]なんか緑のが頬染めてんの
[2:51]直前の表情とキラッ☆
[2:59]uh uh
[3:14]とてもアイドルっぽい振り
[3:16]とてもとてもアイドルっぽいですね oh oh
[3:22]アイドルっぽいですね
[3:28]「矢を はな つー」
[3:32]盛り上がる緑
[3:54]こういう、曲と動きをシンクロさせて、って作ってる方も楽しいいんでないかなぁ。なんというか、男の子大好きな感じですね。「そして動き出す時間!」みたいな。

ざっくりこんな感じで。フロンティアどころかマクロス自体観たことないんで全く話は知りません。緑とか言ってごめん。あと下のカウンタと映像の両方を見ながら必死で萌えポイントをチェックしてた自分を我ながらバカじゃないかと思いました。

[ 投稿者:guerrero at 02:24 | tv_movie | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年06月12日
テレビ:あーあ

週刊真木ようこ見忘れた。

テレビ見る習慣を失いつつあってもう戻れないような気がして来る。

[ 投稿者:guerrero at 02:16 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年03月03日
テレビ・映画「小さな幸せ」



さっき近くのビデオ屋に行ったら,中古で
『The Motorcycle Diaries ★★★ COLLECTER'S EDITION』(DVD)
を見つけました.

例えばAmazonで買うより2000円くらい安く買えて得した気分.ていうか得した.

あと,今まで聴き飛ばしていたThe Chemical Brothersの
「Close Your Eyes」(『Push The Button』所収)
が良い曲だと気付く.

今日の僕は「僕ってあざとい曲が好きなんだなと再認識」とか言わないぜ.Last.fm久しぶりにいじったらDragon Ash命みたいになっちゃったのだって,「壮絶な出オチって感じでいいじゃない」くらい思うぜ.



こうして人は生きていけるのだな.



[ 投稿者:guerrero at 02:36 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月19日
日々「またディーヴィーディー」
カウンタがみれなくなってますね.しばし様子を見てみるかな.


ところで,『スジナシ』のDVDを借りてきて観ていました.
感想1:妻夫木聡はいらないなぁ.
感想2:宮藤勘九郎の居心地悪そうな風情がいたたまれないなぁ.
感想3:鶴瓶と宮藤勘九郎のスジナシ観てみたいなぁ.



[ 投稿者:guerrero at 21:40 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月16日
テレビ・映画「春と嘯く」



『蟲師』良いなぁ
「冬は人も弱るからなぁ」
とか言っちゃって.



[ 投稿者:guerrero at 04:16 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月25日
テレビ・映画『きょうのできごと a day on the planet』by行定勲
 MONSTER bashの予習第2弾.第1弾はサンボマスター.こちら.

 2003年の作品.柴崎友香原作.音楽を矢井田瞳が手がけている所が,予習.





 きょうのできごとは,思い出深いな.

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 18:36 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月14日
テレビ・映画『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ!』
 


 乳,よせまっせー.



続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 11:50 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年07月20日
テレビ・映画「姑獲鳥の夏」
 「うぶめのなつ」と読みます.18日に観てきました.

 お金を払って観たんだ,言わせてもらうぞ.


 
 「京極夏彦」という字が出て来るだけでもう満足という方へ,

 お薦め出来ます.


 ホラー映画が好きな方へ,

 レンタルビデオで『ゴーストバスターズ』を借りて下さい.
 マシュマロマンの方が怖いです.

 
 ミステリーが好きな方へ,

 『名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)』の方がまだ報われると思います.


 「映画を見るという行為」に価値を見いだしている方へ,

 別に止めはしないですが,よりによってこれじゃなくてもいいんじゃないですか.


 映画が嫌いで嫌いで仕方が無くて,
 「最近衰えて来た映画に対する憎しみを久しぶりに補給するか」
 と思っている奇特な人へ,

 強くお薦めします.

 ※詳しくは今夜にでも書きます.←無理でした.
 ※ちょっと続きを書きました(2005/08/06)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 13:38 | tv_movie | コメント(2) | トラックバック(1) ]

2005年05月28日
テレビ・映画『トニー滝谷』by市川準
村上春樹原作です(「トニー滝谷」.『レキシントンの幽霊』所収).イッセー尾形.宮沢りえ.
 


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 04:53 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年05月27日
テレビ・映画『COFFEE & CIGARETTES』byジム・ジャームッシュ
 試写会が当たったんですよ.東京などではもう公開しているようですが,名古屋では今週末(28日)からなので(この記事は,5/27. 01:05に書いたものです).
 この映画は,ジム・ジャームッシュが,コーヒーと煙草を挟んだ11組の会話をオムニバス式に撮った映画です.動くIggy PopとTom Waitsを観ることが出来ると,それはもう楽しみにしていました.

 

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 01:05 | tv_movie | コメント(0) | トラックバック(0) ]