掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年07月13日
ゲーム:銘菓にたとえると:ドラゴンクエストⅨ


土日に特急での移動が往復8時間超ありまして、朝出発する時に駅前のゲーム屋で購入して新幹線の中でごりごりとやってましたよ。ドラクエ。

昨日買って来て今くってる、広島はにしき堂の新銘菓「生もみじ」の立ち位置にすごい似てますよ。なんとなく従来のもみじ饅頭を思わせる部分はあるんだけれど、もっさりしててバランスが悪くてくどい。元ネタのことを考えると鼻白む。そんな感じ。以下、転職出来るようになったあたりまでやってみての感想ですよ。

<好ましいところ>
・ドラクエをやってるというほのかな郷愁
・ルイーダの酒場

<しんどいところ>
・装備等のポリゴンデザインがださくて着せ替えがいまいち
・クエスト確認するたびに小悪魔アゲハみたいな背景のメニュー画面見るのが苦痛で仕方ない
・上級職への転職条件がめんどい。Ⅵの?基本職のレベルや取得構成を条件にしてほしかったです(戦士○Lvと僧侶○Lvでパラディンみたいな)
・メッセージ関係(戦闘含む)のテンポ悪い
・メタルスライムなどレアモンスターをシンボルエンカウントで探すのがすごい面倒だった
・戦闘画面の動きつうか演出がもっさい
・アイテムが装備品と普通の道具で分かれてるんですけど、いまいちわかりにくい
・3Dでエリア毎にフィールドマップが切り替わるので、今までのような広い世界を移動している感に乏しい
・セーブデータ1つはやっぱひどい
・リリパットの顔が恐い

これは結構由々しいことですよ。なんてったってレベル上げがめんどくさいドラクエってぼかぁ初めて触れる気がしますもの。最近めっきりゲーム関係の根気とかやる気が減退していて、そのわりにDSのドラクエⅣ、Ⅴは楽しかったもんで今作も期待してたんですけど、投げそうだなぁ。

[ 投稿者:guerrero at 15:48 | game | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年03月29日
遊び:TRPG:キャラで遊ぶ:初恋の人からの手紙

http://letter.hanihoh.com/

をやってみましたよ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 01:27 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年02月12日
遊び:ぶちのめされた報告2回目:MHP2G

む、村のフルフル倒したー!

すごい素朴に喜ぶ僕の姿を慈愛に満ちたまなざしで眺めるといいと思いますが、2回力尽きつつ制限時間50分の中46分くらいかけて倒しました。46分て。

片手剣かハンマーで弱点属性の武器を作れなかった、ってのがでかいのだろうとは思うのですが、ババコンガの時もそんな有様(45分以上かかった)になっていて、プレイヤースキルが低いのはまぁ置いておいて、片手剣ってずっとこういうパワーバランスで、時間かかる感じで進んでいくとしたらちょっと辛いなー。イァンクックの時はこんな時間かからなかったのに。

→キャラクター情報(フルフル撃破時)
名前:Ituha
HR:1
武器:ヴァイパーバイト[片手剣]
頭:ブルファンゴフェイク
胴:ゲネポスメイル
腕:ゲネポスアーム
腰:ゲネポスフォールド
脚:ハイメタグリーヴ[対麻痺珠]
スキル:体力+30;麻痺半減

女性のキャラクターであるItuhaに、ブルファンゴフェイク(力士的大銀杏に豚っ鼻な兜)を装備させてクエストに出発した瞬間の、「なにか大事な物を決定的に損なってしまった」というあの感覚は今も胸に残っています。

[ 投稿者:guerrero at 22:44 | game | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年02月08日
遊び:ぶちのめされた報告:MHP2G


みんな大好きモンスターハンター。モンスターハンターと僕の関係は、PS2で最初のが出た時に買ってリオレウスにびびり倒して投げて以来自然消滅、みたいな感じでした。そんな大学生の恋愛事情のような状況を覆したのが廉価版の発売。お互いあれから色んな経験もして、また違った関係が築けるかもしれない…みたいな甘酸っぱい気持ちとともに衝動買いしましたよ。勢いで恋愛に引き寄せて言いましたが、「廉価版で元鞘を狙う」ってとてつもない駄目さですね。
あ、あと、井の頭線に乗ってたら隣のリーマンが弓で飛竜にぶちのめされてて、それを覗き見てて楽しかった、ってのもでかい。気持ちがいいくらい吹っ飛ばされて吹っ飛ばされてだがしかし立ち上がりそして立ち向かう彼は輝いてました。

4日前くらいからもりもりやりはじめて、ゲネポスとかをのんびり狩って、装備整ったらクック先生のところにでも行こうかなー、ってところです。

そんで、タイトルの通り皆様にお伝えしたいのは僕だってぶちのめされましたよ、っていうこと。今の僕は井の頭線の彼には及ばないまでも、部屋でひとりで僕なりに輝いてる、っていうこと。雪山のゴリラ5匹倒せって言われて鼻歌混じりで殴ってたらイノシシにぶっとばされてぶっとばされてぶっとばされました。油断大敵とはこのことよ。初めて力尽きただ。

でも、操作とか記憶の中の若かったモンスターハンターからずいぶん洗練されていて、今の所ストレスも無くたいそう楽しんでおります。今回はリオレウスという名のハードルを越えられればいいのだけれど。

→キャラクター情報
名前:Ituha
HR:1
武器:ヴァイパーバイト[片手剣]
頭:護りのピアス
胴:ハイメタメイル[体力珠]
腕:ゲネポスアーム
腰:ギアノスフォールド
脚:ギアノスグリーブ
発動スキル:体力+20;オートガード

[ 投稿者:guerrero at 19:39 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月24日
遊び:語彙伸び悩み:TOEIC(R) DS トレーニング修行:試験まで50日

今日は、停電の時間にこっちは発電着回してんのにプロバイダーの設備が電気不足とかでネットワークがブチギレ金剛でした。

そういうわけで、たたき落されては繋がるのを待ちまたたたき落されて、ってのに疲れた僕は、DSトレーニングの実力テストをやることに。

実力テスト 6回目
1回目(スコア740);2回目(スコア720);3回目(スコア660);
4回目(スコア830);5回目(スコア640)

Listening:6/10
Reading:7/10
Total:13/20
推定スコア:700
ランク:C
コメント:日常業務以下略

まぁ、この辺ってことですよねー(微妙に覇気を失う)。最初の頃は長文はまぁいただきだな、とか思ってたんですが、こいつ(DSトレーニング)の実力テストだと、一問あたりの制限時間?が設定されているので、問題数多いとやたら焦ってよく惨敗します。カウントダウンの音トラウマになりそう。前にリスニングでの不満点に書いた、会話文などが流れる前に設問に目を通しておきましょう、って言いながらそれが無理な仕様は相変わらず辛い。あ、こいつ思うようにならないのをソフトのせいにしはじめたぞってそうだよその通りだよ!

[ 投稿者:guerrero at 04:12 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月20日
遊び:TRPG:ソーンを読み解く

最近「グリィラルの下着」という素晴らしい論考を書いてらっしゃったりする[Welcome to PerfectWorld]の老犬さん。あの方は、例えば、

ポゴ(名前)

ポゴダンス

シド・ヴィシャス

セックスピストルズ

マスケット銃使い(技能)

っていう感じのややツイストしたキャラメイクをなさる方で、キャラメイクってのはひとつの自己表現であるなぁ、と思わせてもらえます。そんな訳で、いつも老犬さんのキャラクターを見るのが楽しみなのですが、そんな中でも最近僕のハートをがっちりキャッチして離さないのが、ソーン・ロウという新しいキャラクター。

勝手に彼の設定を考えるみたいな暴挙に出てる間に色々とキャラクターシートを読んでいたら、アホみたいにネタが練り込まれていて、もう大変でした。まず、ここら辺は皆さんもご存知かと思うのですが、

ソーン・ロウ→LAWSONのアナグラム

ですよね。また、髪と肌の色である青と白も、オハイオの空をイメージカラーとするLAWSONのイメージカラーから来ています。LAWSONの創設者であるローソンさんが地域の牛乳販売業者から事業を始めたという事実から、ソーンの生家が貧乏な商家であるという設定が出来ているのは広く受け入れられている話です。

そして、この辺は中級レベルでしょうか、イメージテーマである小沢健二の「天使達のシーン」にも大きなヒントが隠されています。ソーンが装備するリングメイルは歌詞に出てくる「サークル」のメタファー!っていうのはその通りなのですが、それだけではない。もう少し注意深く見ると、

歌詞の中の「スティーリー・ダン」

『裸のランチ』の中の"Steely DanⅢ from Yokohama"を名前の由来とするユニット

『裸のランチ』はバロウズの代表作

ウィリアム・S・バロウズ

というキーワードを得る事が出来ます。このバロウズは、ポゴにおけるシド・ヴィシャスみたいな役割を担っていて、例えば技能構成でも、

トテルタ神官

バロウズの大ファンであったニルヴァーナのカート・コバーンと共同でthe "Priest" they called himを製作
映画『ドラッグストア・カウボーイ』でのトム・マーフィー神父役

ウィリアム・S・バロウズ→ウィリアムテルごっこをして妻を射殺した→レンジャー

ハーヴァード大卒

セージ

という風に、ソーンのキャラ造形においてバロウズがキーワードとして大きな影響力を持っている事がわかります。物語を紡ぐバード技能があるのは言わずもがな。
ちなみに、LAWSONの発祥の地であるオハイオは、ニルヴァーナの数あるライブの中でも最高のパフォーマンスの一つとして名高いアクロン大学でのライブが行われた場所であり、上に挙げたように、コバーンはバロウズの大ファンです。このように、ソーンというキャラクターを作る要素をひとつひとつ紐解いていくと、その中心には隠れようもなく、ウィリアム・S・バロウズが立ち現れる。

さらに、彼が目標とする「最強戦士」というところにもバロウズの影響が見られます。これはさすがに上級レベルです。

彼のもうひとつのテーマ音楽であるThe Blue Heartsの「夢」ですが、こちらの場合は、歌詞と言うよりは、彼らが、「ダウンタウンのごっつええ感じ」において、Geisha Girlsを相手取って乳首相撲をしている、という事実が重要です。賢明な皆様はきっともうおわかりですね。まぁ一応説明しますと、

Geisha Girlsのプロデューサーは坂本龍一

坂本龍一のYMO時代の二つの楽曲にバロウズが声を提供している

その楽曲とは、"I TRE MERLI"と、"Be A Superman"

"Be A Superman" → 「最強戦士になりたい!」

ということが明らかな訳です。さらに、YMOというキーワードを得ると、もう一つの事実も浮かび上がってきます。

YMO = Yellow Magic Orchestra

Yellow Magicは、黄色人種独自のという意味を込めた、白魔術、黒魔術に対する黄色魔術

"Yellow Monkey"



おさる

すいまソーン!

という風に彼の決まり文句にもまた、確固たる根拠があるのです。脱帽ですね。 

最後にまとめますと、ソーン・ロウは、ウィリアム・S・バロウズというキーワードを取り巻く様々な情報が切り貼り的に織り込まれたキャラクターであり、そのあり方自体が、バロウズを代表する手法である、「カットアップ」の表現ともなっています。この場合は、バロウズという一つの文脈によって制御されているので、純粋なカットアップとは言えないのかもしれませんが、そこは老犬さんの親切心というか、遊び心でしょう。ソーンのキャラクターシートを見る時、僕らは何度も再帰的にバロウズのメタファーに触れる事になる。いわば、ソーン・ロウという人格が作るサークルの中で心地よい知的刺激を得ている訳で、このご時世に「ランダム」ということに対して無批判なカットアップの限界に対する一つの新しい提言なのかもしれません。結局僕らはなにかしらのサークルの中を生きていて、それはそれで楽しいじゃない、みたいな。

これを踏まえて、我らがソーン・ロウの設定を考えてみましょう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 22:36 | game | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年01月17日
遊び:やばいよやばいよ:TOEIC(R) DS トレーニング修行:試験まで57日

お、gremzの木が成木になってるやん、なんて言いつつ恒例なようで恒例でもない実力テストですよ。

実力テスト 5回目
1回目(スコア740) 2回目(スコア720) 3回目(スコア660) 4回目(スコア830)

Listening:6/10
Reading:6/10
Total:12/20
推定スコア:640
ランク:C
コメント:日常業務以下略

これしゃれになんないよー。

[ 投稿者:guerrero at 20:36 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月03日
遊び:修め初め:TOEIC(R) DS トレーニング修行:試験まで71日

とりあえず2週間放置してたらトレーニングするたびに育っていた花が枯れてました。なにもハエ飛ばさなくてもいいのに。

実力テスト 4回目 1回目(スコア740) 2回目(スコア720) 3回目(スコア660)
Listening:9/10
Reading:6/10
Total:15/20
推定スコア:830
ランク:B
コメント:初めての海外出張でも以下略

ランクAいかねーなー。設問毎の難易度でマスクデータ的に得点が設定されているっぽいですね。とりあえず、リスニングパートのセクション3(延々と会話を聞かされて、後で設問に答える)と4(道路情報や機内アナウンスみたいのを延々と聞かされて、後で設問に答える)、リーディングパートのセクション1(穴埋め問題)が穴なのはわかってきました。文法なぁ…

[ 投稿者:guerrero at 17:51 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年12月17日
遊び:こわい:TOEIC(R) DS トレーニング修行:試験まで88日

今日も今日とてDSトレーニングですよ。

今週は毎日少しずつ勉強してきたんだ…!

実力テスト3回目 1回目(スコア740) 2回目(スコア720)
Listening:6/10
Reading:6/10
Total:12/20
推定スコア:660
ランク:C
コメント:簡単な業務なら以下略

嘘だと言ってよバーニィ。

[ 投稿者:guerrero at 21:01 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年12月11日
遊び:ぎゃーす:TOEIC(R) DS トレーニング修行:試験まで94日

この一週間あまりでトレーニング1日しかやってないでやんの。前回はこちら

実力テスト
Listening:7/10
Reading:6/10
Total:13/20
Rank:C
推定スコア:720
コメント;日常の簡単な業務ならなんとかできるレベル

リスニングやばいと思ってそればっかやってたら(1日だけど)今度はリーディングでやられましたよ。まぁどっちも足りないってことだなぁ。

そんで、トレーニングをやってて思ったんですけど、リスニングパートの2以降って、会話とかなにかしらの説明がおこなわれる問題文がばーっと流れて、それを踏まえて3問の設問に答えていくんですよ。この会話がおこなわれているシチュエーションとして最も適当なのは?とか、内容に沿って、彼らは会議をどの土地でおこなおうと結論した?みたいのが。
これ、実際の試験では、はじめになんとなく設問に目を通しておいたりしながら出来るし、勿論回答中に会話や説明文は止まらない。それが、このDSトレーニングだと、回答しないと次の設問が出ず、さらに、問題文が流れてる途中に「あ、これだ」とか言って回答したら、途中でも問題文はそこで止まっちゃうんですよね。あとは情報がないまま完全回答モードに。あほかと。勘で答えろってのか。不便だし実際の試験の環境と違いすぎるよなぁ。

あと、問題文にでてくる語が、ソフトの中のワードブックって単語帳みたいのに載ってなかったりする。at simmerって語が分からなくて調べてみたらないんだもの。結局パソコンで調べてああ、「沸騰」なのね、みたいな。これも結構ストレス溜まります。

さらに、実力テストで間違った問題に対するフォローもないんですよね。これ大問題。もやもやしたままですよ。

という不満点なども出てきました。

[ 投稿者:guerrero at 20:35 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年12月10日
遊び:石ならぼくだって:いしぶみ:作・小山薫堂 絵・黒田征太郎

おくりびと」ほぼ日の「死を想う」も今日で最終回

小山薫堂」『おくりびと』の脚本

日光金谷ホテルオレンジスイート」小山薫堂プロデュースの一室だけのスイートルーム

って感じのキーワードの流れでネットサーフィンしてて、
最後に、日光での旅の途中、お時間があれば、ぜひ「石」を拾ってみてください。 「オレンジ・スイート」に置いてあります、絵本『いしぶみ』(作・小山薫堂、絵・黒田征太郎、小学館刊)をお読みいただければお分かりになるのですが、「いしぶみ」とは、自分の気持ちを石に込めて相手に渡す、という素敵な遊びのようなもの。この絵本は、小山薫堂の初の映画脚本作品『おくりびと』から生まれました。

(日光金谷ホテルオレンジスイートの紹介ページより)
なんて一文を見つけましてね。
いやー、僕はここでも度々出てくるTRPG遊戯会って言う所で、会う人会う人に「愛が詰まってるから」とか言って小石を渡すキャラクターを作ってましてですね。いやもう完全に周りから不審者扱いなんですけど、ちょっと時代の先行き過ぎちゃったんだな、やっと時代が俺に追いついてきたな、っていうね。


まぁまだ読んでないので、中身を見たら全然違う可能性もあるんですけど、ちょっと「おっ」っと思ったのでした。

[ 投稿者:guerrero at 13:51 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年12月03日
遊び:夏休み的焦燥感:TOEIC(R) DS トレーニング修行:試験まで102日

かれこれ1年と数ヶ月あまり日本を離れて暮らしてきた訳ですが、いざ来年日本に帰ると思うと、この期間であたいに身に付いたこととかあるのかしら、って気分にもなってくるってものです。

そういう訳で,日本に帰った後で最も早い、2009年3月15日のTOEICテスト(申し込みは2009年1月5日から)でも受けてみようかと思い立ちまして、この前ゲーム買いまくり(積みまくり)に対するアリバイ的に購入した、



こいつとともにですね、久しぶりに英語の勉強をしてみようと思います。

とりあえず、さっきぱーっとやった実力テストの結果が、

Listening:5/10
Reading:9/10
Total:14/20
Rank:B
推定スコア:740
コメント:「はじめての海外赴任でもなんとかいける程度の英語力」(読み飛ばしたら後で確認出来なかったので適当)

とのことでしたので、本番の試験での、TOEICのホームページにある「PROFICIENCY SCALE(TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表)」のAランク、すなわち「NON-Nativeとしては十分なコミュニケーションができる。」スコア860以上を目標にちまちま勉強しつつ、たまに実力テストの結果もここに書いていこうと思いますよ。

しっかし面と向かってない状態での聞き取り我ながらめちゃくちゃ苦手だなぁ。ヘッドホンでやってこの有様はひどい。ここは試験の受け方のテクニック含みで強化が必要そうです。リーディングは一問間違えたのもケアレスミスだったので、わりと出来るかも。

[ 投稿者:guerrero at 22:05 | game | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2008年11月11日
ゲーム:ペルソナ4:温泉ノゾき見大作戦



※音注意

僕はやり方を一発で理解できずなにも起こらずに終わりましたが、とりあえずこのバナーをみていると、カミソリBBさんの「最近のペルソナはギャルゲー認識」(うろ覚え)という一言が胸にぐっとくる。

[ 投稿者:guerrero at 16:31 | game | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2008年10月17日
遊び:TRPG:フレンとコノハのメッセログ

こういうのをだらだら書いて気分転換したりします。
めんどくさいのと読みやすいようにとで、ちょっと本物とは変えてありますよ。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 01:01 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年09月30日
遊び:TRPG:地味コンカナリコメント

SIRさんのゴリアテ踏んだらにおける、

カナリ地味コンテスト

地味コン応募作品

および、TRPG遊戯会での、2008年9月7日F部屋のセッション

「領主賞のゆくえ」

を踏まえて、50文字ずつ30作品にコメントっていうのを無理矢理50行*30文字=1500文字と曲解してカナリ・アナクソラからのコメントが届きましたよ。

同じ頃に同じ空の下、白銀の狼さんのダイスの言うとおりでの

地味コン 審査員賞

の会話が行われている態でどうぞ。横30文字表示できる環境で読まないと僕が泣きます。あと事情をご存じない方にはさっぱりわからぬエントリーですよ。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 21:33 | game | コメント(5) | トラックバック(0) ]

2008年08月10日
ゲーム:ビアンカ助けて:ドラゴンクエスト5:スクエア・エニックス


ルドマンさんの娘さんと結婚したくない、って言ってたら先に進めなくなりました。

[ 投稿者:guerrero at 19:54 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月23日
遊び:ソードワールド2.0 Ⅰ&Ⅱ:北沢慶 グループSNE


まだキャラメイクしかしてないんですが、
自分の好きにスキルを組み合わせてカスタマイズしていく感じが好き。
ある程度システマティックに、自分の萌えを刺激される感覚は結構楽しいです。



いまのところ三分冊のⅡまで刊行済み。

[ 投稿者:guerrero at 17:03 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年06月02日
遊び:スパムIPだとこのやろう:りゅうたま:キャラクターシート

なんか、@wikiに、
あんたのIPはスパムアドレスネットワークになんたらかんたらって言われまして。

ネパール馬鹿にしやがって!くそー!

というわけで、RSSリーダでかろうじて見えるりゅうたまのキャラシを、
怒りと悲しみとともにこっちにコピペ。

(020608補足)
問い合わせメールを送ったところ、迅速に対応してもらえました。
良い所ですね。@wiki。くそーとか言ってごめん…

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 01:55 | game | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年04月18日
遊び:コンテスト下準備3:メモ1

テーマソングもしくはBGMはまぁ,あんな感じで,とりあえず一つに絞ることもないかなー,つうか増えても別に良いかなー,なんて.

今日もこつこつと.

だから見なかったことにしてくださいってば.

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 00:02 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月16日
遊び:コンテスト下準備2:テーマソングもしくはBGM

こつこつとその2.くれぐれも見なかったことにしてください.

全然関係ないですが早くもこのレイアウトと配色に飽きてきました.ウィジェットもとった.いいんだ.もういいんだ.

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 04:12 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月15日
遊び:コンテスト下準備1:テーマソングもしくはBGM:2008年4月のセットリスト:メガネ

寝て起きたらいきなりモチベーションが下がってたので,自分の為にもこつこつと.

昔のエントリーを見た時「今月のセットリスト」などというものをやってたことを思い出したので,それと抱き合わせを目論みました.一挙両得.

秘密なので,タイトルや内容などに心当たりがある方は見なかったことにしてください.

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 17:11 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年04月11日
遊び:ゴールデンロア:ここ数ヶ月ずっと人型の怪物を倒し続けている

自分の好みでキャラクターを作ったら,あとは放っておくと勝手に冒険して勝手に人生に悩んだり立ち直ったり死んだりするゴールデンロアに,先週くらいから手を出しています.
勝手に悩んだり立ち直ったり死んだりした結果は,テキストやフラッシュにまとめられて,うちの子は今日(ゲーム内では1ヶ月)こんなことしたんやーと確認することが出来ます.

何人もキャラを作って野に放つのが一般的みたいですが,今の所1人だけ.そして僕はドラクエなんかをやるときは問答無用で自分の名前をつける上にスターシステム好きなので,名前はフレン・ゲレーロ.下級兵士出身で運命に導かれて冒険者になった25歳ということに.

ステータス

ころっと死ぬそのあっけなさが良い,みたいな話を聞いてたわりにそれほど危なげなく生き残っている気がします.明日死ぬのかもしれないけれど.

それにしても,

黄金歴92年 11月 はじめての冒険
黄金歴92年 12月 コボルト討伐依頼
黄金歴92年 01月 人型の怪物討伐依頼
黄金歴92年 02月 コボルト討伐依頼 
黄金歴92年 03月 人型の怪物討伐依頼
黄金歴92年 04月 コボルト討伐依頼
黄金歴92年 05月 オーク討伐依頼
黄金歴92年 06月 人型の怪物討伐依頼
黄金歴92年 07月 人型の怪物討伐依頼

そして次の依頼がまた人型の討伐依頼!
一緒に参加した他のキャラクターは,狼討伐とか新しい冒険にステップアップしてる感じなのに,同じような依頼ばかりを死んだ魚の目でこなしつづけるフレン・ゲレーロ.最初1000あった情熱も今や700をきりました.
先月と同じ依頼書を手に,今日も夜空を見上げてフレン・ゲレーロは何を思うのか…

みたいな感じで思いを馳せるのが良いみたいですね.

[ 投稿者:guerrero at 00:32 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年03月30日
遊び:世界樹の迷宮2:15F:ケラリーノは時効警察の脚本家


一個前のエントリーにあったスパムコメントが今日見てみると消えている怪.僕のレスが宙に浮いちゃったじゃないか.
つうか僕は消してないのになんでだろうそっちのほうが怖い.

とか言いながら,前回の帰国時にいきり立って購入した世界樹の迷宮2をちまちまやっています.古き良き3Dダンジョンを今風に作ってみました,みたいなゲームです.タッチペンでマッピング.

現在のスタメンの名前と職業は,

カナリ(ソードマン):ベン(ペット)
レイニー(レンジャー):ギィ(メディック):ケラリーノ(ガンナー)

なんかいろんな名前が混ざっていてよく分からないことになっています.最初は,

グスカ(パラディン):リト(ドクトルマグス):スー(バード)
レイニー(レンジャー):ギィ(メディック)

という,微妙にドSのひとの真似をしたりゅうたまPTメンバーだったのに.
過半数がいまやギルドでこたつみかん.単純に殴り合う面子に変化して行く中で自分が昔飼っていた犬の名前を持ち出す始末です.クロガネ…

他には,ラスイーサ(アルケミスト),ハルカリ(ブシドー)なんてのが居ますが,この辺はクエスト(サブイベントいたいの)で連れてこいって言われたから作りました,って感じですね.

前作は蟻が沢山出てくるところで投げ出した僕ですが,今回は続くような気がしていました.でもスキュレー?のおかげで投げ出しそうです.ぐーぐー眠らされたところをフルボッコ.

レイニー外してカースメイカーとか入れてみようかなぁ.名前をエクレールにすればまだなんとか自分の中で負けてない気がするような気がする…!


[ 投稿者:guerrero at 03:47 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年03月22日
遊び:オンラインTRPG:りゅうたま:キャラクター設定案:グスカ

旅がテーマのTRPGであるりゅうたまに参戦予定なのです.

データをまとめてるwikiに繋がらないこと火の如しなので自分のブログにキャラシを載せざるを得ない.チャットルームを開くのにもやたらと時間がかかったりも.こんなにも困難に見舞われてるけど遊びたい.遊びたいんやー.

内輪つうか分からない人にはとことん分からないエントリーですよ.ご留意ください.


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 02:22 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年02月02日
遊び:自分のキャラクターの元恋人設定(書き途中)

老犬さんのブログで,キャラクターの「元恋人」を設定してらっしゃるのを見まして.

オンラインTRPGでは,プレステとかのコンピューターゲームと違って,自分のキャラクターを,ルールの範囲内で好き放題決められるんですね.
それをいいことに,僕は自分のキャラクターのテーマソングだとかを趣味丸出しで設定していたりします.

その中で,そのキャラクターをとりまく人間関係だとかを設定するっていうのは,そのキャラクターの人となりを掴みやすくする上で,なかなか有効そうだな,と思ってはいたんです.外側から輪郭を描く感じで.
ただ,自分がそのキャラクターで遊んでいく上で形成される,未来の人間関係を期待した場合,設定するのは,「両親」,「兄弟(姉妹)」,あたりの肉親が無難な線になるんですよね.出身地と同じ感じで,所与のものとして分かりやすいので.
でも,所与のものですので,そのキャラクターの現在との繋がりという点で,説得力が薄い,気がする.

そんな中,「元恋人設定」ってのは,そのキャラクターの現在への説得力って大きいなぁ,と感じ入りまして.「肉親」と,「現在(もしくは未来)の人間関係」の中間にあたる,絶妙なポジショニング.それでいて,これと同じポジションにある,「元配偶者」よりも,「元」であることによる破綻の印象が低い.現実と一緒ですね.つまり,説得力がありつつ,そのキャラクターの現在を縛ってしまい過ぎもしない,これまた絶妙なさじ加減.
これは僕も考えてみようと.でも設定欄にわざわざ細かく書くのはなんだか気が引けるので,ブログで書くのだ.

項目は,ざっと思いつくところで,

【交際時のキャラクターの年齢】
【性別】
【交際時の相手の年齢】
【容姿】
【職業】
【性格など】
【交際時の様子】
【別れ際の言葉】

くらいですかね.すべて,最新の「元恋人」です.思いついたときにちょこちょこ足していきますが,自分がそのキャラクターを掴む為の設定であり,それがゆえに自分用なので面白くないです.


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 01:31 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年01月25日
遊び「オンラインTRPGキャラ語り 蒼き妖精レイ・ズナー」

オンラインTRPGで遊べないフラストレーションを一人寂しく発散する企画第十弾です.

企画の趣旨説明は こちら
第一弾:フレン・ゲレーロ(guerrero) 前編 後編
第二弾:キング(偽アミバさん) こちら
第三弾:ソナテシア・サンライトシーカー(Sさん) Side : A B
番外編:勝手に新キャラ案(BBさん) こちら
第四弾:ブラックスター(白銀の狼さん) こちら
第五弾:コノハ(guerrero) 前編 後編
第六弾:ザフィ(ミントさん) こちら
第七弾:カレーパンサー(SIRさん) こちら
第八弾:ケルマディクス(BBさん) こちら
第九弾:ケマル・アーテリュク(guerrero) その1 その2 その3

最近随分遊べるようにもなって参りまして.一区切りですね.長々とお付き合いいただいた,そうでもなかった,とりあえず私の拙いお目汚しを堪えて下さった,全ての皆様に,厚く御礼申し上げます.最終回は,SA.星忍冒険さんの,「蒼き妖精レイ・ズナー」について.

※このエントリーは,私,ネレーロが,「TRPG遊戯会」に登録されている人様のキャラクターについて「感じた」事を,特に調べたりもせず勝手にだらだら書き連ねているエントリーです.上のリンク先にある趣旨説明の内容を踏まえ,ご自分の持っている当該キャラクターに対するイメージが侵害される可能性を考慮した上で,自己責任で読み進めるか否かをご判断下さい.


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 03:58 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年01月23日
遊び「蛙の穴 画像」

セッションで使う画像の著作権対応の為のアフィリエイトなど,を並べたエントリーですよ.面白いことは何もありません.

画像を提供してくださった皆さん,ありがとうございます.


蛙の穴参加者は見てはならぬ.



続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 11:30 | game | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年01月19日
遊び「オンラインTRPG セッション案 『シャーマン養成セッション 蛙の穴』」

こういうの考えたんですけど,需要あるんですかね.

あと,世界観とかシステム的に無理あるよ,みたいのがあったら教えてください.

特に,生得技能でシャーマンを持っている未稼働キャラクターが,それを外して,蛙の穴に入門,その後シャーマン獲得,っていう流れが可能なのか,ご存知の方は教えてください.

なお,このエントリーへのコメントは参加希望となりません.依頼板掲載時に優遇も無いです.自意識過剰で申し訳ありませんが,よろしくお願いします.


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 21:24 | game | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2007年12月31日
遊び「オンラインTRPGキャラ語り ケマル・アーテリュク その3」

オンラインTRPGで遊べないフラストレーションを一人寂しく発散する企画第九弾のその3です.

企画の趣旨説明は こちら
第一弾:フレン・ゲレーロ(guerrero) 前編 後編
第二弾:キング(偽アミバさん) こちら
第三弾:ソナテシア・サンライトシーカー(Sさん) Side : A B
番外編:勝手に新キャラ案(BBさん) こちら
第四弾:ブラックスター(白銀の狼さん) こちら
第五弾:コノハ(guerrero) 前編 後編
第六弾:ザフィ(ミントさん) こちら
第七弾:カレーパンサー(SIRさん) こちら
第八弾:ケルマディクス(BBさん) こちら
第九弾:ケマル・アーテリュク(guerrero) その1 その2 

ごいんごいんごつい武器を振り回す豪腕キャラのはずが,気がつくと孫の嫁を探す元盗賊団のおじいさんになっていたケマルと僕のその後について.

本年のネラックスの更新は,よほどのことがない限り,本記事が最後となると思います.思えば激動の一年でしたが,お付き合いいただき,ありがとうございました.来年もよろしくお願いいたします.

続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 19:21 | game | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月22日
遊び「オンラインTRPGキャラ語り ケマル・アーテリュク その2」
オンラインTRPGで遊べないフラストレーションを一人寂しく発散する企画第九弾のその2です.

企画の趣旨説明は こちら
第一弾:フレン・ゲレーロ(guerrero) 前編 後編
第二弾:キング(偽アミバさん) こちら
第三弾:ソナテシア・サンライトシーカー(Sさん) Side : A B
番外編:勝手に新キャラ案(BBさん) こちら
第四弾:ブラックスター(白銀の狼さん) こちら
第五弾:コノハ(guerrero) 前編 後編
第六弾:ザフィ(ミントさん) こちら
第七弾:カレーパンサー(SIRさん) こちら
第八弾:ケルマディクス(BBさん) こちら
第九弾:ケマル・アーテリュク(guerrero) その1

ケマルというキャラクターは,今までで一番キャラクターメイキングの楽しかったキャラだったりします.今回はその辺について.ちょっとですが適当なルールの話が出てきてます.


続きを読む ...
 
[ 投稿者:guerrero at 19:33 | game | コメント(3) | トラックバック(0) ]