掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年06月27日
フッチボル:ちょっと待って、ええと:松本山雅FC

ええと、

DF 16 鐵戸 裕史(←サガン鳥栖)

FW 18 新中 剛史(←ファジアーノ岡山ネクスト)
FW 20 栗山 裕貴(←サガン鳥栖)

GK 23 信藤 健太(←アルビレックス新潟・シンガポール)

で、地域決勝への選手登録の兼ね合いで今日が今年の補強の山場ではあったんですが、23日の鐵戸選手に加えて3選手。まさかの合計4選手新加入ですよ。なんとまぁ。関係ないけどコンフェデ観てるもんでファジアーノ岡山を3回くらいファビアーノ岡山って打った。

それにしても、暖かい九州からねぇ、とか鐵戸選手に言ってて振り向いたら更に二人九州から来てたみたいな。広島出身の信藤選手は浦和の信藤TDの息子さんなんですねぇ。へぇー。そういえば酒井友之とか今なにしてんのかなぁ。

[ 投稿者:guerrero at 01:26 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月26日
日々:お互いサマー

いやー、次から次へと色んなもんに見舞われるものでね。

<読んだ本>
プリンセス・トヨトミ[☆☆☆]
人生ベストテン[☆☆☆]
庭の桜、隣の犬[☆☆☆☆]

<読んだ漫画>
ちはやふる

<買った漫画>
東京怪童[1]
あずまんが大王[一年生]
大東京トイボックス[4]

最近夫婦で何度目かの角田光代ブームになっとります。
まぁそれとは直接関係ないんですけど、色々と決断を委ねあう「家族」って集団はやっぱちょっととんでもないな、と最近思います。そんなんいきなり聞かれても肝を潰してしまうよと。自分の思うそれがもの言わぬ相手にとっても幸せだと勘違いできればなぁ。

そういえば松本山雅FCに元鳥栖の鐵戸裕史選手入団ですよ。木造アパートJリーガーでしたっけ、若いのに苦労人だねぇ。サッカー選手の寿命とか関係なく若造扱いしだしたらそろそろおっさんなのかも。暖かい九州から山国に来て大丈夫かしらみたいな。夏でよかったね、とか言う。

とかなんとか言ってる間に、世の楽器店とか古い携帯売ってる店とかに濡れ手に粟の大騒ぎをもたらしたと評判の「けいおん!」が始まったんですけど、最近描かれる女子高生の足はちゃんとふともも太い感じなんですな。

[ 投稿者:guerrero at 01:32 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月21日
フッチボル:弱いものたちが夕暮れ:ホーム観戦記 :vs ヴァリエンテ富山:松本山雅FC

松本山雅F.C. 8-0 ヴァリエンテ富山



ホーム4連戦の第1戦、初の山雅主催ナイターvs ヴァリエンテ富山戦に行って参りましたよ。前半3点、後半5点で大虐殺って感じでした。プレス席も一般に開放されてたっぽくてお客さんも沢山やでーと思ってたら3700人ちょいでした。開幕戦超えならず。

試合については、8番のシンプルなプレーへの意識の高さと17番とのサイドの連携の良さ、7番のボール奪取に10番のなんやかんやハットトリックするところ、悩める9番が頑張って2アシスト1ゴール?、ってあたりが見所でしたでしょうか。

カメラとパソコン繋ぐケーブルが無くて、あんなに撮ったきらきら光るナイターアルウィンの写真も無いというお粗末さ。

でもあれでしたね、8点も入るほど圧倒してたか、っていうと、そういう印象も無く、結果的に大勝ですけど、観てる間中、JSCに0-1で負けたことをやたらと思い出してしまいました。下位4チームは草刈り,上位4チーム同士の戦いだと1勝1敗1分…という北信越1部リーグの構造に思いを馳せましたよ。
なにはなくとも判断の速さ(特に、ファーストチョイスが駄目だった時の二つ目の判断)がいまいちなのかなぁ、というのが試合を観ていて感じた課題でしたが、それでもなんとかなるどころか8点とってたらねぇ。やっぱり早く上がるべきだな!その為には判断の速さを!(ループ)

11番のチェイスって、あんまり他と連動してないんで効率が悪い気はするんですけど、9番に変わった途端に最終ラインからぽんぽん繋がるロングを入れられるようになっていて、やっぱ大事なんやなぁと思いました。超応援していますよ。

なんにせよ得失点的にも良い結果でございました。他の上位チームが今日順当に勝ったので順位は変わらず2位。粘り強くこの調子でいきたいものです。

[ 投稿者:guerrero at 15:41 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月12日
日々:世に棲む日々

くるりの『魂のゆくえ』と大橋トリオの『A BIRD』と(妻が)クラムボンのリミックスのを購入したという最近の音楽購入履歴ですが、タワレとかやばいですね。買物依存症のツボを刺激されまくりで大変でしたよ。

しかし最近のアルバムだと毎度思うんですが、難しすぎるからか安易すぎるからか判断がつかないけれど、くるりはよく分かんなくなってきたなぁ。一連の曲を聴いていると、これ別にくるりじゃなくてもいいなぁ、という気分になりますね。サインがされていないというかなんというか。僕キラーチューン不在のアルバム苦手なんですよ。
好みの問題なのか、頭使って突っ込んでいかないと単純に楽しむことすら出来ないような代物なのか、どっちなんだべな。

(6/13 追記)
回線の不具合でもうちょっと書いてたことがまったく反映されておらずすごいdisった記事になってましたけれども、かごの中のジョニーとか好きな曲もありますよ!さすがくるりや!やっぱストレイテナーなんかいらなかったんや!(Perfume的な意味で)

[ 投稿者:guerrero at 16:01 | day_to_day | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年06月09日
日々:tom durackだとう

最近はなにかと余裕がなくてなんだかな、って感じでございますよ。

ところで、くるりの新譜のエンジニアがtom durackらしいじゃないですか。『さよならストレンジャー』の。なんか久しぶりに心浮き立ったわぁ。

あとsafariのファイナルバージョンが出たのでアップデートしてみましたらえらい早くなった気がしますよ。

[ 投稿者:guerrero at 13:06 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月03日
メモ:エクセルグリッド

いつも忘れるけれど、エクセルのセルを正方形にするには、

列:1.40(1.38)
行:14

[ 投稿者:guerrero at 12:06 | memo | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2009年06月02日
日々:貧乏暇なし

もちろん買うつもりはなかったんですが、帰りに寄ったツタヤに、紳士的コスプレシュミレーションと評判のタクティクスレイヤー


が不自然なくらい影も形もありませんでした。もちろん買うつもりはなかったんですが。ブログパーツつけるほどご執心だったあの方はお買いになったのかしら。

書きたいことあるんやけど、色々終わらせて気がつくともう寝る時間みたいになっちゃってねぇ、という日々ですよ。『プリンセス・トヨトミ』面白かったのに感想を忘れちまいそうだわい。

[ 投稿者:guerrero at 00:40 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年05月24日
フッチボル:松本は今日も雨:ホーム観戦記 :vs Japan Soccer College:松本山雅FC

負けたー。ホームで0-1で敗戦。入場者数は2860人くらいだったか。

開幕戦こそホームでしたが、その次から前節まで4試合ずーっとアウェイでした。
そんなアウェイロードを無敗で切り抜けてきた松本山雅FCでしたが、帰ってきた途端にやられちゃいました。上位とぶつかった途端に失速というのは分かり易すぎて少し辛い気分になりますね。
負けてはいないけれど内容悪いみたいだという情報は見たり読んだりしていたのですが、想像を絶する攻め手の無さと守りの軽さでした。守りはともかく、攻めも開幕戦あんなんだったっけなぁ。

センターラインくらいでボール奪ったら開いたサイド辺りでノッキング、味方陣内で奪ったら縦ポンでフィフティフィフティに、って感じで、ちょこちょこ良いトライはあれど、正直セットプレー以外で点が入りそうな展開はほとんど見られなかった気がします。打開策としては、ミドルが枠に飛ぶ人がいるとまた違う気もしますけど、どうなんでしょうね。

試合を通じては、11番、25番、7番、17番あたりが頑張ってるなと思いましたが、その分、17番が3番と交代した直後にそのサイドから点が入っちゃったのは悔しかったんじゃないでしょうか。しっかし4番と22番のCDFコンビは1点もののミスを仲良く1回ずつやらかしてて肝を冷やしました。失点の時に4番が詰めなかったのは、結果としてダメでしたけど、あの時点であの判断がミスかどうかは分かんなかったや。

これで、松本山雅FCの順位は3位。4位の金沢は、福井との試合が延期されたため1試合消化が少ないです。実質4位と思って良いかと思います。やりやがったJSCが1位、長野が2位です。

初めて嫁連れてったら雨だわ負けるわでもうしょんぼりですよ。

[ 投稿者:guerrero at 17:02 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年05月19日
日々:緊急署名:裁判員制度における被害者のプライバシー確保に関する署名:【19日中】

裁判員選任手続における被害者保護について、以下のリンク先で署名を募っています。

アジア女性資料センター:【緊急署名】裁判員制度における被害者のプライバシー確保を求める要請にご協力ください

要請は、性犯罪のうち裁判員制度対象の重大事件の2割ほどとなる、強姦致死傷、強盗強姦、強制わいせつ致死傷、集団強姦致死傷事件についての被害者保護体制の不備についてです。

読売新聞九州版:性犯罪被害者名も裁判員候補に開示、情報流出懸念の声

に詳しくありますが、おおざっぱに言うと、

裁判員は事件と完全に無関係でなければならない

選出のため、数十人から約100人の裁判員候補を選び出し、被害者の氏名などを伝える

裁判員を選出

上のプロセスにおいて、最終的に選ばれた裁判員には守秘義務があるが、選ばれなかった裁判員候補は守秘義務がない

つまり、事件において裁判員候補になったうちのほとんどの人が、守秘義務を負う必要がない状態で、被害者の情報を得ることになる。上記事件の被害者のうちほとんどはそのことを知られたくないにも関わらず。

結果、選任手続後の情報流出の懸念はもとより、今でも届け出られない被害者がいる現状で、今後更に被害者が届け出をためらうことになりかねない。

にも関わらず、それに対する対策はなされていない。

制度開始21日からじゃんっていう意見ももちろんあると思うんですが、僕がこの署名を知った[I have got some news from...](リンク先は当該記事)でnofrillsさんが仰っているように、各地裁におけるアバウトな現場判断になっている状況で、こういう意見がめっちゃ出てるよー、って伝えるのは有意義だと思います。

まぁそもそも19日今日じゃんというね。これを読んだ方がその時点ですでに緊急署名にすら間に合わないのかもなんですけれどもー。

[ 投稿者:guerrero at 12:49 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年05月14日
本:知らないところで:パリのおばあさんの物語:スージー・モルゲンステルヌ作:岸恵子訳:☆☆☆☆




この前街でみかけたおばあさんの物語でもある。

さっき遅めの晩ご飯食べながら読んだんですが、実に面白かったです。あ、絵本です。
単純に、老いるのって大変!とばかり言う訳でもないし、老いるのって楽しい!って言う訳でもないし、穏やかに微笑みながら、こういうことよね、って言っているおばあさんの物語でした。でも返す返すもその目は笑ってるばかりじゃないねんな。

ユダヤ人の老婆の物語であるので、所々にまぁそういう話が出てきて、ある意味で、生きてるだけで素晴らしいとかそういうのはもう結構食傷気味です、と言いそうにもなるのですが、ものっそい気になるってほどでもなくて、やはりニュートラルな語り口の印象が最後に残りました。そんでその凄みに鳥肌たったりもしましたね。

一人で買い物とかしてるおばあさんは寂しそうだけどそんなん大きなお世話だけど、でもやっぱり寂しいんだよなー。そして最終的にはみんな結構寂しいよなぁ、なんて思いましたね。

知らないところで、って言うのは、岸恵子という人は女優だとしか思っていなかったんですが、背表紙などみると色々と物書き稼業も営んでらっしゃって、こんな絵本の翻訳などもなさったと。知らないところで面白いことってのが日々起きてるんだよなぁ、と思いましたね。ネガティブな意味でなく、愉快な気分になりました。あとは、こういうの読むと、自分的に星いくつでした!みたいにするのがつくづくアホらしくなりますが、まぁ続けますよ。

[ 投稿者:guerrero at 01:39 | book_review:☆☆☆☆ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年05月13日
日々:その前に

まだ家に帰れてないしな。ほんと日本はたいがいやでー。

[ 投稿者:guerrero at 22:55 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日々:まず

スペルすらまともに打ててないしな。

[ 投稿者:guerrero at 22:11 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日々:Twitterのように

ブログ書いてみようと思ったんですけど、まぁ平日にパソコンからじゃなかなかね。つうかTeitterよく知らないんだけどな。

[ 投稿者:guerrero at 22:08 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日々:ビットレート

最近ネタ元がgizmodoやらlifehackerばっかりであれなんですが、

自分、128kbpsと320kbpsの音質の違いがわかるのん?というサイトが紹介されていまして。

mp3 or not - Don't you hear it?

もちろん間違えました!

[ 投稿者:guerrero at 12:37 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日々:夏のとばり

夜半に降り始めた雨がやんでたことを、家の前の道を走る車のタイヤの音で気づきつつ、爆笑問題の深夜ラジオで流れるくるりの新曲(「愉快なピーナッツ」)を聴いてたら、感じた。夏感じた。

[ 投稿者:guerrero at 01:23 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

メモ:アストロブロガー

gizmodo:astroblogger

[ 投稿者:guerrero at 00:45 | memo | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年05月07日
日々:サントワマミー

最近の僕と言ったら東京と松本を行ったり来たりで、その度に苦しめられる荷物の持ち運びに心底うんざりしているわけです。リモートアクセスとかいまいちよくわからないので、持ち運んでるパソコンがmac book airじゃなかったらあたいどうなっちゃってたんだろうみたいな。そんで、常時2~3冊鞄に入っている書籍についてももう最近はひどいツンツンぶりでね。最近移動中はDSかPSPばっかだからあんたなんかどうせ読まないわよ!って言っちゃう勢いですよ。PSPですら、あんたなんかバッテリーの保ち悪いからそのうちお払い箱よ!とか近いうちに言われそう。

なのでもうアマゾンの新「Kindle DX」とか超欲しいです。本ってメディアの形態のひとつなんだし、まぁどのみちこういう風に世の中動いてくんでしょうし、さっさと日本でも色んなことがばんばんクリアーされていい感じのが売り出されないかなぁ。そして本屋は街じゅうに拡散すればいい。

[ 投稿者:guerrero at 15:58 | day_to_day | コメント(4) | トラックバック(0) ]

日々:目の前が暗くなる

GWが終わっちゃいましたよ。ネパールの連立政権も終わっちゃったことに比べるとむだ毛以下と言って過言ではないわけですが終わっちゃいましたよ。

昨晩は悲しみのあまり、夜半にアル・カポネラッキー・ルチアーノからビン・スエン派まで、あの辺の時代のギャングスターについてwikiで読みあさっていました。なんだこの現実逃避。

[ 投稿者:guerrero at 11:03 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年05月03日
日々:あの頃を思い出せば:忌野清志郎氏死去

ご冥福をお祈りします。

(いかりや)長さんの時とか、筑紫哲也氏のみたいな胸にぽっかり感ありますねぇ。
みんな死んじゃうんだもんなぁ。どんどんこの世がつまんなくなっていくな、みたいな。

[ 投稿者:guerrero at 01:09 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月29日
音楽:若葉の頃:Happy End:坂本龍一

この前の坂本龍一のコンサートに行ってですね、Happy Endって曲がものすごく好みで、勢いでツアーCDみたいの買って繰り返し繰り返し聴いていたんですよね。

僕が聴いたのはピアノソロで、埋め込み出来なかったのでこちらで、
んでもってこれYMO時代の曲なんですねー。



上のYoutubeの映像1981年って書いてあるぜ。うひー。

うひーと言いつつ、Happy Endピアノソロと、
オウェイシスのGas Panic!が最近のヘビーローテーションですよ。



[ 投稿者:guerrero at 02:43 | musics | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2009年04月26日
日々:ぶんちゃ。ぶんちゃ。

今現在微妙に酔っぱらっているのですが、それでも見入ったこの動画。



いかす。

[ 投稿者:guerrero at 23:43 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月24日
音楽:さようならこんにちは:Lastfm

そういえば日本帰ってきたし、ってLastfmにログインしようと思ったらパス忘れてました。忘れた!って言って再発行手続に入ろうと思ったら「お前ユーザー登録時にメールアドレス登録してないからできないよ」(意訳)って言われました。
フリーメールじゃなくて、4年前に学校で使っていたメールアドレスを僕は登録したんだろうか…いやそんな馬鹿な。とりあえず、今まで貯め込んできた統計をすべて投げ捨てることになりましたよ。

そんな訳でアカウントを乗り換えるのに伴って、2005年6月21日より、途中色々ブランクなどもありつつ、2009年4月24日までのLastfmデータを記録しておくわけです。

■ベストアーティスト
1. くるり(2523)
2. 坂本龍一(1585)
3. Ben Lee(868)
4. 真心ブラザーズ(775)
5. 木村カエラ(668)
6. ASIAN KUNG-FU GENERATION(628)
7. クラムボン(628)
8. サンボマスター(462)
9. Dragon Ash(439)
10. RIP SLYME(408)
11. Ben Folds(401)
12. 中村一義(387)
12. The Chemical Brothers(387)
14. 大橋トリオ(368)
15. Tahiti 80(354)

■ベストトラック
1. The Chemical Brothers - Hold Tight London(127)
2. ASIAN KUNG-FU GENERATION - ワールドアパート(79)
3. The Chemical Brothers - Close Your Eyes(69)
4.  ASIAN KUNG-FU GENERATION - ブルートレイン(64)
5. 木村カエラ - Dancing Now(60)
6. くるり - マーチ(59)
6. くるり - Birthday(59)
8. サンボマスター - これで自由になったのだ(58)
8. Kaki King - Happy as a Dead Pig in the Sunshine(58)
10. Midicronica - San Francisco(56)
11. Tahiti 80 - Alloveragain(53)
11. くるり - ロシアのルーレット(53)
13. Nine Inch Nails - Dicsipline(52)
14. くるり - ブレーメン BREMEN(51)
14. 井上陽水奥田民生 - パラレルラブ(51)

これを見ていると、選択肢が少なかった時代に聴いていた音楽がしぶとく上位に残っている感じで、人の記憶というか思い入れの構造ってこうなってんのかもな、って思いますね。

やっぱ昔は今と比べて知見も狭いですし、聴く音楽の範囲も狭くて、でもだからこそ一組のミュージシャンやら一つの曲を繰り返し聴いてたなぁ、などと思いますよ。4年前ですら。
それに比べたら、今はそれだけ面白いものが次から次へと生まれてきたのを経ているわけで、選択肢も広がっている分、例えばiTunesのライブラリで同じ曲がかかる確率はべらぼうに下がっていて、昔のように同じ曲を何回も何回も聴いてないですね。なにか生活とくっついた記憶や経験を想起させるのは、今聴いている音楽よりも、昔聴いていた音楽なのは、そういうことが理由かなぁ、とそんなことを思わせられましたよ。

なんだかんだ言ってアジカンとかDragon Ash聴いてんじゃん!みたいなことは定期的に肝に銘じておきたいものです。くるりが一位って時点でなんだもかんだもないだって?違うんだよ、こう、なんかちゃうねん。(往生際が悪い)

[ 投稿者:guerrero at 11:30 | musics | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月20日
日々:若年性

先週末からの記憶があやふやになっとりますが、

まずはなによりもですね、軽井沢で晴れて挙式を執り行った新郎新婦ご両名におかれましては、末永いご多幸をお祈りしております!

それにかこつけて僕的に『ジャージの二人』でおなじみ軽井沢でリフレッシュと洒落込んだりいたしましてね。アウトレットモールなどに行ったりましたよ。「店の外で犬とともに家族を待つお父さん」の出現率にびびりました。一人と一匹が共にくたびれ果ててる感じのビジュアルに味があってすごいよかったです。帰ってきたリラックスはお父さんと犬を一方的に応援しています。

スペインの宇宙食(菊地成孔)
ソードワールド2.0のリプレイ
厭魅の如き憑くもの(三津田信三)

Strictly Rockers:25(クボタタケシ)
みんなおいでよどうぶつの森DS

山雅勝った。よかった。
丸山珈琲で「ゴールドフィルター買ってよ」って嫁に言ったことをきっかけに超喧嘩。

あとなにが起きたんだっけなぁ。もう人類の強敵月曜日にぼてくり回されて大変ですよ。totoBIGあたんねぇかな。あとTVタックルのEDが大橋トリオになっててびびった。

[ 投稿者:guerrero at 19:12 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月17日
音楽:最近仕入れた曲:若年寄

この前のミュージックステーションに出ていたオアシスを見たんですよね。でなんか懐古的な気分になりましてね。

最初は、そういえばまったく聴いてなかったけど、その後リアムがジョンレノンのコスプレしてるみたいになるまでの間、果たしてどんな感じだったんだろう、とばかりに、













この辺をばばーっと仕入れました(順番適当)。

オアシスって、1995年前後の、あの一時期に世界を覆ってた熱病にのっかってちょろっと聴いてたくらいで、その後さっぱり聴いてなかったんですよねぇ。モーニンググローリーとホワットエバー(マキシ?)くらいしか持ってなかった。
なんだかんだ言って普遍性を持ってんだなこの人らはなぁ、と思いましたよ。日本のロックバンドがどうしても理屈こねてる感じになるのとはだいぶ違いますね。小理屈ロック好きですけども。マスタープランは嫁が実家に忘れまくっていてまだ無いです。

そんで、そうやってひたすらオアシスばっか聴いてると、こうね、2008年のアルバムとか聴いてても、なんか昔の、特に1995〜1998年辺りのことをことをやけに思いだしましてね。記憶を喚起されまくりですよ。ある種の郷愁を再び、って感じで、


ボーイズ&ガールズが懐かしいこの人たちとか、


邦題が恥ずかしい気分になる、でもこれ聴いてるとなんかすっごい当時を思い出してキュンってなる"Now You're Not Here"を筆頭に、"Breakout"あたりが懐かしいこの人とか、


まったく知らなくて、でも平積みされてたもんでジャケ?買いした当時の自分の背伸びが微笑ましいこの人たちとか。買ったはいいけど全然聴きませんでしたね。

あと、時代的には違うんですが、なぜかあの時期やたらと聴いていた、


なんかも改めて(上はベスト盤)ライブラリに加えました。iTunesなんかで音楽をパソコンに保存、ってのが普及しはじめる前に聴いてた曲って、実家にあったりすでに売ってたりして思い入れがあるわりにまったく手元にないっていう状況になってたんですが、ちょっと取り戻しました。いやー懐かしい。

特に微妙な気分になるのが、中学終わりから高校2年くらいまでなぜか聴きまくってたトムウェイツ。なんて暗い青春だ、なに考えてたんだろう、馬鹿じゃないの、あたりの感想が浮かぶんですが、聴くようになった経緯も全く覚えておらず、ゲレーロ七不思議のひとつと言って過言でない。しかしまぁ十中八九なにかきっと背伸び的な格好つけでしょうよ。

「ゲレーロ君はどんなの聴くの?」

「え、なんでも聴くけど、そうだなー、最近よく聴くのは、んートムウェイツとかかな」

なんて言いたかったんだろう。けどその機会を得た記憶もないし、僕が気になるあの子だったとしてトムウェイツって言われてもなぁ。

まぁそれはいいとして、その後もりもり聴いていく、くるりとかミッシェルとか、あの辺のメジャーデビューアルバムが出たのも1995〜1998年のあの時期で、吉祥寺のディスクユニオンのカウンターに彼らの1stが置かれてたのとかなっつかしいなー、って感じでね。今思うと、あの時期が一番新しいものに飢えていた気がしたりもします。

って、こういう感じで昔を思い出してる自分に気づくと、もうやばいな歳だな、などとしみじみ思いますけど全然やばくないし歳じゃないわこのやろう!うわーん!

[ 投稿者:guerrero at 08:56 | musics | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月16日
メモ:映画

ミルク

隔数日刊−Daily Bullshit:映画『ミルク』が公開されますよん

ハーヴィー・ミルクの映画。超面白そう。

[ 投稿者:guerrero at 18:12 | memo | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月14日
フッチボル:理想的な初山雅:ホーム観戦記:vs グランセナ新潟:松本山雅FC

送ればせながら行って来た報告ですよ。

4-0で快勝ということでね。最初、10番調子悪いのかなー、とか思っていたら、あれよあれよとハットトリックでね。なーるほど大黒柱だなぁ、と思いました。

前4人のポジションが流動的な4-3-3で、最終ラインの安定度にたまに不安を覚えた以外は、観てて楽しいサッカーでした。7番がするするパスカットしまくってて男前でしたよ。あとは11番の献身ぶりが印象的でした。

入場者数も4014人?だかで、最初これって多いのか少ないのか分からなかったんですが、色々見てみてると結構な数のようで。良い事尽くめじゃないっすか。やったぜターミガンズ。
僕は大部分をメインスタンドから観戦してたんですけど、みんな山雅を応援しようってポジティブなムードで心地よかったですよ。後ろの席で「みっちーをさがさないと。みっちーどこみっちー!」ってお子さんがしきりに言ってたりして。みっちーって柿本選手のことなんですけど、和みましたー。

カメラがなくて携帯でちょこちょこ撮ってたんですけど、やっぱ楽しかった分写真の不出来具合が気になってまいますね。また今度ちゃんと撮って載せようと思いますよ。

SN360045

メインにも人がいっぱい。天気が良いと北アルプスくっきりなんですけどねぇ。

あと一応記録としては、ちんたらバス停まで歩いて行って、神林の松本バスターミナル方面行きのバス停が見つからないままうろうろしていて、後でどうやらそこだったとわかった場所からちょっと離れているうちにバスが来ちゃって行っちゃって、次のバスが1時間30分後だったのでめっちゃ歩いた!一人で!いや独りで!

待ち合わせに遅れて嫁にすげー怒られましたよ。車ないとほんと辛い立地だよなぁ。

[ 投稿者:guerrero at 23:56 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月12日
フッチボル:初山雅:北信越1部リーグ2009シーズン:松本山雅FC

あと今日の11時に松本山雅FCの2009シーズンがはじまりますね。

初教授に引き続き初山雅だわぁ。

[ 投稿者:guerrero at 00:55 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

音楽:初教授:Playing The Piano 2009:坂本龍一


松本公演に行ってきましたよ。

ソロデビューアルバム『千のナイフ』から31年らしいんですけど、考えてみりゃ小学生くらいからずーっと聴いてきていて、ほとんど人生を坂本龍一の音楽と共に歩んでるんじゃねぇの、って勢いなんですが、初の生教授でしたよ。まぁ、偏屈そうな人だな、と思いました。

それはいいとして、いやーあっという間に終わっちゃいましたね。2時間なかったんじゃないかな。曲は、青猫のトルソとか美貌の青空とかあの辺の曲と、tibetan danceとかbehind the maskとかの辺の曲と、ラストエンペラーのテーマとかシェルタリングスカイとかあの辺の曲と、新譜の曲、って感じでした。あっさりした感じだったなぁ。

tibetan danceとかbehind the maskとかの曲のアレンジがすごいチャーミングでにやにやしながら聴きましたよ。やっぱ坂本龍一は、難しいことを僕にもわかるように簡単にして語って(表現して)くれている感じがして好きです。なんたって小学生の自分が、なにもわからないままに魅せられたっていう生の記憶が後ろ盾ですからね。がっつり刷り込まれちゃってるんでね。なんだかんだ言ってものすごく楽しかったです!

■commmonsmart : "Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009"PERFECT REPORT
http://www.skmt09.com/

[ 投稿者:guerrero at 00:22 | musics | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月10日
日々:冷静と情熱の間



ケメックスのコーヒーメーカーに、



ミルカフェのフィルターでお洒落かつエコなコーヒー生活!なんて思ってたゲレーロ。
数日後、彼の前にあったのは

ミル箸

こんな光景でした。コーヒーとお湯の重みと、熱で柔らかくなることでフィルターが下に落っこちんの。穴に箸さすと良い感じなの。ださいという意見があるだろうか。あればことごとく却下だ。

[ 投稿者:guerrero at 22:13 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月08日
日々:私生道

今夜はちょっと歩くべな、などと思ったいつもよりちょっと長い帰り道の途中で、地元のゲームショップが閉店セールをしてましてね。特に欲しいものもなかったのですがちらっとのぞいたと思ったら

チャーリーとチョコレート工場
イノセンス
おくりびと
千と千尋の神隠し

を買っていた。もっと恐ろしいものの片鱗をなんたらかんたら。

それよりなにより恐ろしいのは家にDVDプレイヤーがないってこと。

ところで、田島番長貴男のブログに、持田香織とユニットを組んでフィンガー5の「個人授業」をカバーって書いてあってもうどうしようかと思いました。「個人授業」がどういう曲かもわからないけれど想像するだけで(できないけど)そわそわしてくる。しかもおっぱいバレーの主題歌とか。

邪馬台洞の研究(田中啓文)
名探偵の掟(東野圭吾)
忌館(三津田信三)
ヒストリエ[3],[4]
ヘウレーカ(ともに岩明均)
大日本天狗党絵詞[1]〜[3](黒田硫黄)
ディエンビエンフー[4],[5](西島大介)

買ったもの、どれを書いてどれを書いてないのか分からなくなってきたぞう。

[ 投稿者:guerrero at 22:50 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]