掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年04月29日
音楽:若葉の頃:Happy End:坂本龍一

この前の坂本龍一のコンサートに行ってですね、Happy Endって曲がものすごく好みで、勢いでツアーCDみたいの買って繰り返し繰り返し聴いていたんですよね。

僕が聴いたのはピアノソロで、埋め込み出来なかったのでこちらで、
んでもってこれYMO時代の曲なんですねー。



上のYoutubeの映像1981年って書いてあるぜ。うひー。

うひーと言いつつ、Happy Endピアノソロと、
オウェイシスのGas Panic!が最近のヘビーローテーションですよ。



[ 投稿者:guerrero at 02:43 | musics | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2009年04月26日
日々:ぶんちゃ。ぶんちゃ。

今現在微妙に酔っぱらっているのですが、それでも見入ったこの動画。



いかす。

[ 投稿者:guerrero at 23:43 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月24日
音楽:さようならこんにちは:Lastfm

そういえば日本帰ってきたし、ってLastfmにログインしようと思ったらパス忘れてました。忘れた!って言って再発行手続に入ろうと思ったら「お前ユーザー登録時にメールアドレス登録してないからできないよ」(意訳)って言われました。
フリーメールじゃなくて、4年前に学校で使っていたメールアドレスを僕は登録したんだろうか…いやそんな馬鹿な。とりあえず、今まで貯め込んできた統計をすべて投げ捨てることになりましたよ。

そんな訳でアカウントを乗り換えるのに伴って、2005年6月21日より、途中色々ブランクなどもありつつ、2009年4月24日までのLastfmデータを記録しておくわけです。

■ベストアーティスト
1. くるり(2523)
2. 坂本龍一(1585)
3. Ben Lee(868)
4. 真心ブラザーズ(775)
5. 木村カエラ(668)
6. ASIAN KUNG-FU GENERATION(628)
7. クラムボン(628)
8. サンボマスター(462)
9. Dragon Ash(439)
10. RIP SLYME(408)
11. Ben Folds(401)
12. 中村一義(387)
12. The Chemical Brothers(387)
14. 大橋トリオ(368)
15. Tahiti 80(354)

■ベストトラック
1. The Chemical Brothers - Hold Tight London(127)
2. ASIAN KUNG-FU GENERATION - ワールドアパート(79)
3. The Chemical Brothers - Close Your Eyes(69)
4.  ASIAN KUNG-FU GENERATION - ブルートレイン(64)
5. 木村カエラ - Dancing Now(60)
6. くるり - マーチ(59)
6. くるり - Birthday(59)
8. サンボマスター - これで自由になったのだ(58)
8. Kaki King - Happy as a Dead Pig in the Sunshine(58)
10. Midicronica - San Francisco(56)
11. Tahiti 80 - Alloveragain(53)
11. くるり - ロシアのルーレット(53)
13. Nine Inch Nails - Dicsipline(52)
14. くるり - ブレーメン BREMEN(51)
14. 井上陽水奥田民生 - パラレルラブ(51)

これを見ていると、選択肢が少なかった時代に聴いていた音楽がしぶとく上位に残っている感じで、人の記憶というか思い入れの構造ってこうなってんのかもな、って思いますね。

やっぱ昔は今と比べて知見も狭いですし、聴く音楽の範囲も狭くて、でもだからこそ一組のミュージシャンやら一つの曲を繰り返し聴いてたなぁ、などと思いますよ。4年前ですら。
それに比べたら、今はそれだけ面白いものが次から次へと生まれてきたのを経ているわけで、選択肢も広がっている分、例えばiTunesのライブラリで同じ曲がかかる確率はべらぼうに下がっていて、昔のように同じ曲を何回も何回も聴いてないですね。なにか生活とくっついた記憶や経験を想起させるのは、今聴いている音楽よりも、昔聴いていた音楽なのは、そういうことが理由かなぁ、とそんなことを思わせられましたよ。

なんだかんだ言ってアジカンとかDragon Ash聴いてんじゃん!みたいなことは定期的に肝に銘じておきたいものです。くるりが一位って時点でなんだもかんだもないだって?違うんだよ、こう、なんかちゃうねん。(往生際が悪い)

[ 投稿者:guerrero at 11:30 | musics | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月20日
日々:若年性

先週末からの記憶があやふやになっとりますが、

まずはなによりもですね、軽井沢で晴れて挙式を執り行った新郎新婦ご両名におかれましては、末永いご多幸をお祈りしております!

それにかこつけて僕的に『ジャージの二人』でおなじみ軽井沢でリフレッシュと洒落込んだりいたしましてね。アウトレットモールなどに行ったりましたよ。「店の外で犬とともに家族を待つお父さん」の出現率にびびりました。一人と一匹が共にくたびれ果ててる感じのビジュアルに味があってすごいよかったです。帰ってきたリラックスはお父さんと犬を一方的に応援しています。

スペインの宇宙食(菊地成孔)
ソードワールド2.0のリプレイ
厭魅の如き憑くもの(三津田信三)

Strictly Rockers:25(クボタタケシ)
みんなおいでよどうぶつの森DS

山雅勝った。よかった。
丸山珈琲で「ゴールドフィルター買ってよ」って嫁に言ったことをきっかけに超喧嘩。

あとなにが起きたんだっけなぁ。もう人類の強敵月曜日にぼてくり回されて大変ですよ。totoBIGあたんねぇかな。あとTVタックルのEDが大橋トリオになっててびびった。

[ 投稿者:guerrero at 19:12 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月17日
音楽:最近仕入れた曲:若年寄

この前のミュージックステーションに出ていたオアシスを見たんですよね。でなんか懐古的な気分になりましてね。

最初は、そういえばまったく聴いてなかったけど、その後リアムがジョンレノンのコスプレしてるみたいになるまでの間、果たしてどんな感じだったんだろう、とばかりに、













この辺をばばーっと仕入れました(順番適当)。

オアシスって、1995年前後の、あの一時期に世界を覆ってた熱病にのっかってちょろっと聴いてたくらいで、その後さっぱり聴いてなかったんですよねぇ。モーニンググローリーとホワットエバー(マキシ?)くらいしか持ってなかった。
なんだかんだ言って普遍性を持ってんだなこの人らはなぁ、と思いましたよ。日本のロックバンドがどうしても理屈こねてる感じになるのとはだいぶ違いますね。小理屈ロック好きですけども。マスタープランは嫁が実家に忘れまくっていてまだ無いです。

そんで、そうやってひたすらオアシスばっか聴いてると、こうね、2008年のアルバムとか聴いてても、なんか昔の、特に1995〜1998年辺りのことをことをやけに思いだしましてね。記憶を喚起されまくりですよ。ある種の郷愁を再び、って感じで、


ボーイズ&ガールズが懐かしいこの人たちとか、


邦題が恥ずかしい気分になる、でもこれ聴いてるとなんかすっごい当時を思い出してキュンってなる"Now You're Not Here"を筆頭に、"Breakout"あたりが懐かしいこの人とか、


まったく知らなくて、でも平積みされてたもんでジャケ?買いした当時の自分の背伸びが微笑ましいこの人たちとか。買ったはいいけど全然聴きませんでしたね。

あと、時代的には違うんですが、なぜかあの時期やたらと聴いていた、


なんかも改めて(上はベスト盤)ライブラリに加えました。iTunesなんかで音楽をパソコンに保存、ってのが普及しはじめる前に聴いてた曲って、実家にあったりすでに売ってたりして思い入れがあるわりにまったく手元にないっていう状況になってたんですが、ちょっと取り戻しました。いやー懐かしい。

特に微妙な気分になるのが、中学終わりから高校2年くらいまでなぜか聴きまくってたトムウェイツ。なんて暗い青春だ、なに考えてたんだろう、馬鹿じゃないの、あたりの感想が浮かぶんですが、聴くようになった経緯も全く覚えておらず、ゲレーロ七不思議のひとつと言って過言でない。しかしまぁ十中八九なにかきっと背伸び的な格好つけでしょうよ。

「ゲレーロ君はどんなの聴くの?」

「え、なんでも聴くけど、そうだなー、最近よく聴くのは、んートムウェイツとかかな」

なんて言いたかったんだろう。けどその機会を得た記憶もないし、僕が気になるあの子だったとしてトムウェイツって言われてもなぁ。

まぁそれはいいとして、その後もりもり聴いていく、くるりとかミッシェルとか、あの辺のメジャーデビューアルバムが出たのも1995〜1998年のあの時期で、吉祥寺のディスクユニオンのカウンターに彼らの1stが置かれてたのとかなっつかしいなー、って感じでね。今思うと、あの時期が一番新しいものに飢えていた気がしたりもします。

って、こういう感じで昔を思い出してる自分に気づくと、もうやばいな歳だな、などとしみじみ思いますけど全然やばくないし歳じゃないわこのやろう!うわーん!

[ 投稿者:guerrero at 08:56 | musics | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月16日
メモ:映画

ミルク

隔数日刊−Daily Bullshit:映画『ミルク』が公開されますよん

ハーヴィー・ミルクの映画。超面白そう。

[ 投稿者:guerrero at 18:12 | memo | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月14日
フッチボル:理想的な初山雅:ホーム観戦記:vs グランセナ新潟:松本山雅FC

送ればせながら行って来た報告ですよ。

4-0で快勝ということでね。最初、10番調子悪いのかなー、とか思っていたら、あれよあれよとハットトリックでね。なーるほど大黒柱だなぁ、と思いました。

前4人のポジションが流動的な4-3-3で、最終ラインの安定度にたまに不安を覚えた以外は、観てて楽しいサッカーでした。7番がするするパスカットしまくってて男前でしたよ。あとは11番の献身ぶりが印象的でした。

入場者数も4014人?だかで、最初これって多いのか少ないのか分からなかったんですが、色々見てみてると結構な数のようで。良い事尽くめじゃないっすか。やったぜターミガンズ。
僕は大部分をメインスタンドから観戦してたんですけど、みんな山雅を応援しようってポジティブなムードで心地よかったですよ。後ろの席で「みっちーをさがさないと。みっちーどこみっちー!」ってお子さんがしきりに言ってたりして。みっちーって柿本選手のことなんですけど、和みましたー。

カメラがなくて携帯でちょこちょこ撮ってたんですけど、やっぱ楽しかった分写真の不出来具合が気になってまいますね。また今度ちゃんと撮って載せようと思いますよ。

SN360045

メインにも人がいっぱい。天気が良いと北アルプスくっきりなんですけどねぇ。

あと一応記録としては、ちんたらバス停まで歩いて行って、神林の松本バスターミナル方面行きのバス停が見つからないままうろうろしていて、後でどうやらそこだったとわかった場所からちょっと離れているうちにバスが来ちゃって行っちゃって、次のバスが1時間30分後だったのでめっちゃ歩いた!一人で!いや独りで!

待ち合わせに遅れて嫁にすげー怒られましたよ。車ないとほんと辛い立地だよなぁ。

[ 投稿者:guerrero at 23:56 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月12日
フッチボル:初山雅:北信越1部リーグ2009シーズン:松本山雅FC

あと今日の11時に松本山雅FCの2009シーズンがはじまりますね。

初教授に引き続き初山雅だわぁ。

[ 投稿者:guerrero at 00:55 | football | コメント(0) | トラックバック(0) ]

音楽:初教授:Playing The Piano 2009:坂本龍一


松本公演に行ってきましたよ。

ソロデビューアルバム『千のナイフ』から31年らしいんですけど、考えてみりゃ小学生くらいからずーっと聴いてきていて、ほとんど人生を坂本龍一の音楽と共に歩んでるんじゃねぇの、って勢いなんですが、初の生教授でしたよ。まぁ、偏屈そうな人だな、と思いました。

それはいいとして、いやーあっという間に終わっちゃいましたね。2時間なかったんじゃないかな。曲は、青猫のトルソとか美貌の青空とかあの辺の曲と、tibetan danceとかbehind the maskとかの辺の曲と、ラストエンペラーのテーマとかシェルタリングスカイとかあの辺の曲と、新譜の曲、って感じでした。あっさりした感じだったなぁ。

tibetan danceとかbehind the maskとかの曲のアレンジがすごいチャーミングでにやにやしながら聴きましたよ。やっぱ坂本龍一は、難しいことを僕にもわかるように簡単にして語って(表現して)くれている感じがして好きです。なんたって小学生の自分が、なにもわからないままに魅せられたっていう生の記憶が後ろ盾ですからね。がっつり刷り込まれちゃってるんでね。なんだかんだ言ってものすごく楽しかったです!

■commmonsmart : "Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009"PERFECT REPORT
http://www.skmt09.com/

[ 投稿者:guerrero at 00:22 | musics | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月10日
日々:冷静と情熱の間



ケメックスのコーヒーメーカーに、



ミルカフェのフィルターでお洒落かつエコなコーヒー生活!なんて思ってたゲレーロ。
数日後、彼の前にあったのは

ミル箸

こんな光景でした。コーヒーとお湯の重みと、熱で柔らかくなることでフィルターが下に落っこちんの。穴に箸さすと良い感じなの。ださいという意見があるだろうか。あればことごとく却下だ。

[ 投稿者:guerrero at 22:13 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月08日
日々:私生道

今夜はちょっと歩くべな、などと思ったいつもよりちょっと長い帰り道の途中で、地元のゲームショップが閉店セールをしてましてね。特に欲しいものもなかったのですがちらっとのぞいたと思ったら

チャーリーとチョコレート工場
イノセンス
おくりびと
千と千尋の神隠し

を買っていた。もっと恐ろしいものの片鱗をなんたらかんたら。

それよりなにより恐ろしいのは家にDVDプレイヤーがないってこと。

ところで、田島番長貴男のブログに、持田香織とユニットを組んでフィンガー5の「個人授業」をカバーって書いてあってもうどうしようかと思いました。「個人授業」がどういう曲かもわからないけれど想像するだけで(できないけど)そわそわしてくる。しかもおっぱいバレーの主題歌とか。

邪馬台洞の研究(田中啓文)
名探偵の掟(東野圭吾)
忌館(三津田信三)
ヒストリエ[3],[4]
ヘウレーカ(ともに岩明均)
大日本天狗党絵詞[1]〜[3](黒田硫黄)
ディエンビエンフー[4],[5](西島大介)

買ったもの、どれを書いてどれを書いてないのか分からなくなってきたぞう。

[ 投稿者:guerrero at 22:50 | day_to_day | コメント(2) | トラックバック(0) ]

メモ:本

不透明な時代を見抜く「統計思考力」(神永正博)

[ 投稿者:guerrero at 10:20 | memo | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月06日
日々:力及ばず:第145回TOEIC(R)公開テスト結果

さる3/15に受験した、第145回TOEIC(R)公開テストの結果が(公式HPで)返ってきましたよ。

Listening:420
Reading:400
Total:820

というわけで、当初の目標だった860点に及ばずでござんした。くっそー。
この前DSトレーニングの存在をすっかり忘れてた、って言って、その後それでもまったく電源を入れずに試験当日を迎えた自分を今さらながら叱責したい。お前(僕)がそんなんだからこの人(僕)が「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」人になれなかったんだぞ!ごめーん。

悔しいので引き続き勉強しつつ、9月くらいにリベンジしたろうと思いますよ。

[ 投稿者:guerrero at 12:44 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月01日
日々:ゲレーロの成分は主に電力と雪の結晶

ちょいと化粧品の成分分析について、「化粧品」「成分分析」でぐぐって、
ぱぱぱっと検索結果を開いていっていて気がつくとこのページを眺めていました。

今日も一日頑張ろうと思った。

[ 投稿者:guerrero at 15:23 | day_to_day | コメント(0) | トラックバック(0) ]