掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月06日
老後を賃貸で 2004年4月
老後を賃貸で 2004年4月、JR常磐線柏駅から徒歩18の住宅地に、高齢者向け賃貸マンションがオープンしました。日本ではまだめずらしい入居一時金不要の高齢者向け賃貸で、ペットと入居できるという特色もあり、オープン当時話題になりました。 ここは不動産A社が、土地建物のオーナーであるB社より一括で借り上げて運営主体・貸主となり、入居者募集や管理はA社の100%子会社であるC社が担当しています。A社は、1998年に東京都北区にコレクティブハウジング型のマンションを立ち上げた会社です。コレクティブハウジングとは、スウェーデンから始まった、互いに家事を分担しながら共同住宅に住む相互扶助の生活スタイルです。
老後は賃貸生活
[ 投稿者:いっしーしー at 13:12 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

節約がいかにできるかできないか
節約がいかにできるかできないかは、物件選びから始まっています。どんだけ節約しても全く変化がない!という方は、物件選びから間違っている可能性があります。みなさんの家は大丈夫? 【方角を気にするだけでも節約できる?!】 節約を重視した賃貸物件の選び方とは、方角を意識するということです。なぜ方角かというと、日当たりに関係してくるからです。部屋全体の明るさや、日の温かさなどが方角によて変化し、電気代を大きく左右します。 <どの方角が一番向いてるの?>
節約できる賃貸の選び方!
[ 投稿者:いっしーしー at 13:10 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

<倒産手続における動産売買先取
<倒産手続における動産売買先取特権>債務者が支払不能に陥った場面では,不動産等のめぼしい資産は銀行等の債権者の担保とされており,共同担保としては在庫商品等の動産や売掛代金債権等が残るのみとなっていることも少なくない。そこで一般債権者の相当部分を占める動産売主は,特に「自己売り商品」(自らが売り渡した商品)については換価のノウハウもあり,心理的要因からも,しばしば自力救済の挙に出て,当該動産の引き揚げ・転売によって回収を図ろうとする。
倒産手続と売主の代金担保権
[ 投稿者:いっしーしー at 13:09 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

退去費用の相場とはいったい何か
退去費用の相場とはいったい何か? 退去費用の相場は何か。 その答えは・・・ <敷金-ハウスクリーニング費用=敷金の清算金> 敷金からハウスクリーニング費用と誤って壊してしまった箇所を引いた金額が答えとなります。 とある都会では賃貸物件は退去時のハウスクリーニング代は入居者が支払うといった契約が多々あります。
知っておこう!退去費用の相場とは?
[ 投稿者:いっしーしー at 13:08 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

<倒産手続における動産売買先取
<倒産手続における動産売買先取特権>債務者が支払不能に陥った場面では,不動産等のめぼしい資産は銀行等の債権者の担保とされており,共同担保としては在庫商品等の動産や売掛代金債権等が残るのみとなっていることも少なくない。そこで一般債権者の相当部分を占める動産売主は,特に「自己売り商品」(自らが売り渡した商品)については換価のノウハウもあり,心理的要因からも,しばしば自力救済の挙に出て,当該動産の引き揚げ・転売によって回収を図ろうとする。
倒産手続と売主の代金担保権
[ 投稿者:いっしーしー at 13:07 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]