掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

農場ブログ移転しました!!
2009年より(2009・2.4)おぐらやま農場ハッピーライフをこちらに移転しました。より楽しくみなさんにおぐらやま農場の様子をお届けできるようになりました。リンクを張っていただいている方は変更よろしくお願いいたします。

リンク先 http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/ conv0084

2008年12月30日
お餅つき
conv0009

年の瀬もせまり、大掃除やお正月の準備で忙しい中ですが、今日はお餅つきをしました。やっぱりもち米を蒸して、杵と臼でつくもちの味は最高です。場所もオオハマ家のすぐ下、洞合自然公園と呼ばれるやはり最高の場所です。


毎年地元の友人家族で一緒にやる時が多いのですがやはり今年も、いつもお世話になっているオオハマファミリーと、元ウーファーで安曇野に移住してしまったマサコさん夫妻・同じく移住組のヒロコさん、そして私の弟ヒロオ君ファミリーもちょうど来ていたので輪に入り、大勢で年の暮れのお餅つきを楽しみました。

conv0008
もち米を蒸している蒸篭(せいろ)の前で火の番をしながら思いました。「毎年こうやって近所の友人たちとお餅つきをしている風景を子どもたちに残せるのが幸せだなあ」と。総勢8人の子どもたちと12人の大人たちがそれぞれの役をこなしながら楽しんでいます。

お正月は家族みんなでゆっくり過ごせるように(なるべくご飯の準備も簡単にできるよう)、餅をついておき、おせちを重箱に詰めておきます。こういう季節の中の日常行事が子供たちの感性に何を残していくのかと思うのです。
conv0010

搗き上がったお餅を丸めたり、のしたり、鏡にしたり。これは家族によっていろいろです。今日のお昼ご飯はもちろん搗きたてのおもちですよ。ふーママは小豆を炊いてあんこを作ってくれたし、子どもたちの大好きな納豆もち、きなこもちなどなど。
conv0013

そうこうしているうちに遊びの天才たちはいろんな事をやりはじめましたよ。そうそう、オオハマ家にはリオの子どもの「しろべえ」がいるのです。子どもたちと野山を駆け回った後しろべえとブチを一輪車のベッドに乗せてわらの布団と毛布まで掛けてあげたのはフキちゃんとチヨちゃん。優しいね。
conv0005

ハゼがけ棒が残っていたのを見つけて上りはじめた風和くんたち。平均台遊びが始まりましたよ。
conv0012

それを見ていた風和くんのいとこ、ヤマトくん(3才)が俄然挑戦しはじめました。かっこいいな!!
conv0003

最近、世間は「○○力」との言葉が大はやりですが、子供達をみていると「あそび力」を感じます。目の前にある風景がどんな風に自分に映っているのだろうと問わずにおれません。今、まさにココが、楽園なのであるなあと子供たちの笑顔に教えられるのです。
conv0006

私も最後に一うす、ドンと搗かせていただきました。真っ白の米粒が臼の中で粒と粒の境を失い、周囲に溶け合いやがて一つのモチとなる。もともと一つのものから生まれていたものなのだから、簡単にこうなるのだろうなあ。
そんなことを考えました。
conv0007

僕たちの存在を包み込むように受け入れてくれているこの里山の、豊かな恵みに感謝します。
conv0011

来る新年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。




[ 投稿者:おぐらやま at 23:22 | 暮らし | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/19.87/a03176/0000266868.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/19.87/archives/0000266868.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら