掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年07月26日
気分次第で電話占い
休みの日ってみなさん何しているのですか?
たまに休みがあっても、正直なにをしていいのかわからないのです、
だいたいは酒を呑んでいますけどね。

映画に行くわけでもないし、本を読むわけでもない、
音楽はかかっていますけどBGMに過ぎません。
誰かを誘って出かけることも億劫・・・
そう友人に相談しましたら、電話占いを勧められました。

どうせ時間を持て余しているのであれば、ということで勧められたのですけど、
さすがに暇だからといって占いは無いだろう?と言ったのです。
それでも友人は「とにかくやってみろ、気分次第でいいから」と言うのです。


それでやってみたのです、電話占いを。
感想から言わせてもらいますと、こりゃイイ!この一言に尽きます。

ネタではありませんけど、鑑定が終わってからプラネタリウムに出かけましたしね、
一人ですけど(笑)
気持ちが開放されたというかなんというか、
もっといろんな世界をみてみたいと思ったのでしょうね。
海外旅行にも行きたくなって、HISにも寄ったくらいです、マジで。

電話が嫌な人は、メール鑑定でもOKですからトライしてみてくださいよ。

また明日から休みですけど、どこに出かけてやろうかと楽しみにしているところなのです。
明日は井の頭公園とか行きたいなぁ。
[ 投稿者:3300goseon at 11:17 | 電話占い | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年05月17日
意外な事実

昨日は友人主催のホームパーティーに参加しました。
外資系の会社に勤めているということもあって、ゲストには多くの外国人もいました。

わたしは英語が苦手なものですから、なかなか会話に入れないかなと心配していたのですが、
逆にみなさん日本語が上手で、安心して日本語で会話を楽しみました。
しかし、わたしも母国語以外も使えるようにしなければなと反省しました。

英会話レッスンに通おうかなと、本気で考えました、一瞬でしたけどね(笑)


昨日のゲストの中には弁護士さんもいまして、色々と話を聞かせてもらいました。
どのような相談が多いのか気になっていましたので聞いてみたのですが、
その方の事務所では、遺産相続に関する案件を多く取り扱っている関係で、
遺産相続の手続きが多いそうです。

「遺産相続」で行うことを聞いたのですが、項目が多すぎて忘れてしまいました、すいません。
しかし話を聞く限り、相続の手続きを素人がやるのは無理があると思いました。
専門家だからさらっと言っていましたけど、実際にやると相当しんどいことだと思います。

つい調子に乗って呑み過ぎてしまって、まだ二日酔いですよ。
今日はせっかくの金曜日ですが、酒が呑めるか心配です。

そんなことを言いながら、夕方以降はバッチリ体調が戻っているのですよね、
不思議なことに(笑)
[ 投稿者:3300goseon at 13:01 | 相続 相談 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年03月22日
遺言書
祖母が亡くなり、遺言書が見当たらなかったので
遺産分割協議を経て祖母の遺産は相続人に分配されました。

ところが、遺品の整理をしていると祖母の筆跡と思われる
遺言書が見つかったのです。
その内容は協議で決まった分割とは違うものでした。

…そんな場合、どうしたらいいのでしょうか?

遺言書の内容というものは最大限に尊重されるべきものであり、
法定相続分よりも優先されるものとなります。

したがって、相続人全員が遺産分割協議の内容に納得していたとしても、
この協議の内容は無効となります。

そして、このように後から遺言書が見つかった場合はすぐに相続人全員を集めて、
この遺言書の内容を全員で確認し、遺産分割協議をやり直したいかどうかの意思を確認します。

と、その前に、遺言書を発見したらどうしますか?
その場で開封して中身を確認しますか?

遺言書を発見した場合、その遺言書を家庭裁判所に持参し、検認の手続きをします。
勝手に開封してはいけないのです。

検認とは遺言書が被相続人によって作成された本物かを調べる事。
そして、検認の手続きの1ヶ月後には開封の手続きがありますので、
その時に相続人の前で開封され、遺言書の内容が明らかになります。

あとでトラブルを引き起こさない為にも開封したい気持ちはぐっとこらえて、
困った場合には相続弁護士に相談するようにしましょう。

自分たちで判断せず専門の相続弁護士を頼りにしましょうね。
[ 投稿者:3300goseon at 13:02 | 遺産相続 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年03月19日
どこにでもある不仲説
ウッチャンナンチャンの内村さんが、南原さんとの不仲について語ったそうです。
クイックジャパンという雑誌のの中で書かれていたものだそうですが、
やっぱりそういうことは
どんなに仲が良さそうなコンビでもあるものなのですね。

実際に、コンビ結成一年目が一番険悪だったそうです。
一緒に食事するのも嫌だったと振り返っていました。
それほどまでに・・・。

それが徐々に売れるようになって、友人という意識から
仕事仲間という関係に変わっていき、そこからは良好な関係になっているそうです。

そういうものですかね、わたしならいくら同僚であっても嫌な奴とは
仕事の仲間だからといって良好な関係を続けることは難しいと思っています。


芸能人は貰っている報酬が一般職とは違いますから、我慢も出来るのでしょうけどね。
[ 投稿者:3300goseon at 15:16 | 注目ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年03月15日
一周忌の次は二ではなく三?
間もなく、祖母の三回忌です。
ちょうどその頃、妹が出産の予定なので、いつ行うのがいいのか、
家族で話し合いがされている最中です。

そういえば、昨年一周忌だったはずなのに、
何故今年は二回忌とは言わずに三回忌なのでしょうか?

一周忌は亡くなられて一年を迎えたということで「一周忌」、
以降の年間包容の数え方は、次の年を迎えるという意味で、
一年プラスした「三回忌」、同じく6年後の命日を「七回忌」、
12年後を「十三回忌」…十三仏信仰では「三十三回忌」が供養の仕納め、だそう。

一般的には「五十回忌」までする人が多いそうです。
年間法要を続けられるという事は、家・子孫が繁栄している
という証拠ですので喜ばしいことですね。

幸い、遺産相続などでも揉める事なく、終了しているようですが、
お墓の問題は今後も考えていかなくてはならなそうです。

埼玉に住んでいる両親。その亡くなった祖父母の墓は
それぞれ山口県と奈良県にあります。
家を手放したらお墓に行くのも困難になります。

「三回忌までにはどうするか決定する」母はそういっていましたが、
決められたのでしょうか。
悩みは尽きないものなのだなぁとあらためて感じます。
[ 投稿者:3300goseon at 14:33 | 遺産相続 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年03月06日
遺産相続のほんと
イメージというのは時として正しい情報ではない場合がありますよね。

わたしもよく誤解されるのですが、初めて会って会話をしていますと
「怖い人かと思ったけど楽しい人なのですね」と言われます。
確かに一見すると強面の顔をしていますけど、実は非常にポップな人間だったりします。

周囲の人の目にはそのように映っているのでしょうから仕方がないこと
だと思いますので、極力そのように見られないように努力はしているつもりです(笑)

最近わたしが「イメージ」について考えを改めさせられたのは、遺産相続に関することです。
テレビドラマや映画などでも、遺産相続に関するドロドロ劇を観ることがありますので、
わたしと同じように、どちらかというと暗いイメージを持っている方が多いと思います。


実はある弁護士の方にお話を聞く機会があったのですが、
世間で言われているほど暗いものではないそうですね。

その方が言うには、相続関連の手続きはプロに任せるほうが良いのだそうです。
素人が何も知識が無い状態で行なってしまうので、
時間がかかり、またはトラブルになるケースが多いそうです。

その弁護士が在籍している、三吉法律事務所 (http://www.miyoshi-souzoku.com/) は実績豊富だということですので、
お困りの方がいましたら相談してみてはいかがでしょうか。
[ 投稿者:3300goseon at 11:33 | 遺産相続 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年03月01日
なんという酷い事件か
昨日未明に、東京吉祥寺の路上で若い女性が刺殺された事件で、
外国籍の少年が逮捕されました。

今のところまったく違う容疑で拘束しているのだそうですが、
今回の女性刺殺事件にも関わっていることが、ほぼ確実になってきました。

本人の供述も明らかになっていますので、
殺人容疑に切り替えて調べが進められるでしょう。


しかし殺人の同機が本当に下らないですね。
ゲームセンターで遊んでいたら金が無くなったから、
一人で歩いている人を狙って襲おう?

とんでもない理由ですよね!もう少年法など適用しないで
極刑をもって制裁を与えなければならないと思いますよ。

致命傷となった傷は、背中から刺されて肺まで達していたそうですよ、
恐ろしいですよね。


このような事件や事故がありますと、
自分が死ぬ時のことも考えずにはいられません。

出来る事ならば遺言書を残したいですし、
遺産相続のことについても要望を言っておいたいと思うのです。

現在のところ、マイナスの財産の方が少ないのですが、
場合によっては相続放棄の手続きでも良いかと思いますけども。
とにかく遺産相続のことで家族に揉めてほしくないのです。


今回亡くなった女性もそうですけど、
まさか自分がこのような形で命を落とすとは思っていなかったと思います。

わたしもそのような不幸に遭うかもしれないですよね。
[ 投稿者:3300goseon at 11:05 | 遺産相続 | コメント(0) | トラックバック(0) ]