掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年01月13日
どんどん焼き
dondonyaki30.1.13-1

 育成会のみなさんによって今年もりっぱな櫓が立てられ、稲藁と注連飾りや達磨などが掛けられました。
dondonyaki30.1.13-2
 米粉を蒸して作った団子を刺した木の枝を持って、小雪の降る中で点火を待ちます。

dondonyaki30.1.13-3
 勢い良く藁が燃えています。

dondonyaki30.1.13-4
 焼け落ちた藁で団子を炙ります。
 焼けた藁の煙が染みた団子を食べると風邪を引かないと言われています。
[ 投稿者:久保の家 at 20:31 | 暮らし | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/18.17/a03176/0000545499.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/18.17/archives/0000545499.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら