掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

情報満載!

2005年03月09日
いまさらながらパウダーの滑り方
先々週にARAIスキー場に行ってきましたが、
そのときのパウダー滑走で、初めての感覚に出会いました。

なんと、スキー板が雪面との抵抗を感じず、
スキー板を軽く振ることができ、
まるで、空中に浮いているような現象です。

それは、まだ誰も滑っていない急斜面を
スピードをつけながらショートターンしていて
最高スピードに達したところで起こりました。
スピードが落ちるまで続いたので、約15から20秒間は
空中に浮いていたような感覚でした。
まさに無重力状態!
非常に忘れられない感覚で、今も覚えています。


後にこの感覚について調べたところ、
パウダー滑走が究極になると、このような現象が
起こるということです。
『コツは均等な両足加重』


滑り方はもちろんの事、斜面条件にも左右されるので
やろうと思ってできるものではなさそうです。

もう一度、あの無重力状態を味わってみたいものです。
ちなみに先週の野沢温泉では、パウダー滑走で
そのような感覚はありませんでした。




[ 投稿者:スピード狂 at 21:05 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年02月07日
またパウダーをいただいた!
先週土曜日もパウダーゲット!
パイプに入るつもりが、雪積もっていたため、
クローズ。

残念と思ったが、こういう日はパウダーでしょ!
ということで、ツリーランも含め、思いっきりいただいた。

ツリーラン最中に枝に引っかかり、こけてしまった私。
コース取りを間違えた。
足が変な方向むいていてなかなか板が取れない。
取れたと思ったら、足がズボズボ埋まって歩けない。
10分くらい格闘していました・・・

パウダーで困るのが、こけたとき。
立ち上がるのに一苦労。
やはりこういう時は、ゆっくり動くと必要以上に
パウダーに埋まっていかないので、慌てないに限る。

それと、板が行方不明になったとき。
私も一回、30分くらい探したことがあった。
これを防ぐには、リューシュコードで板と足を
つなぐのが一番かなー。あまり見かけないけど。


土曜日にしては人が少なく、午後になっても
未踏の地が多く、大変有意義な一日でした。
[ 投稿者:スピード狂 at 22:09 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年01月28日
パウダーの滑り方パート3-2
それなりに格好よく滑れる方法を教えます。

まず、前回の姿勢をとり、
そのままパウダーの中を直滑降!
スピードに乗ったところで、少しゆっくりに
ショートターンのストックワークをします。
そのリズムに合わせて、両足で軽くジャンプするように
加重してください。

ただこれだけ。

自分の感覚ではその場でただ跳ねながら
直滑降しているだけなんですが、
見る人にはちゃんとショートターンをやっているように
見えてしまうんです!!

しかも、シュプールを見てみると
あら不思議!?
ちゃんとショートターンしてるよ!

板を横に振らないので、足がとられないし、
低姿勢を保持しているので、前後バランスもよい。


これやるにはスピードがでるので
広いバーンでやってください。

コントロール不能になって
谷底に落ちないでね!

一度お試しあれ!




[ 投稿者:スピード狂 at 20:17 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年01月27日
パウダーの滑り方パート3-1
滑るコツは、まず
1、姿勢
2、急激な加重をしない

この2つを意識して滑ります。

1、姿勢について
自分自身のイメージとしては、モーグラーの姿勢です。
腕をしっかり前に出して、
股関節を深めに曲げて保持します。
こうすることにより、いろいろな斜面の状況変化に
対応できます。

人の滑った後の溝に入ると加速して、
そこから踏まれていない部分に戻るときは
障害物に当たったように減速します。
その時に前につんのめって転んでしまう。
このような場合でも、しっかり姿勢を深めに保持することで
前後バランスがとれるため、転ぶということはありません。

また、モーグラーをイメージすると
両膝も閉じている(くっつける必要はない)ので
片足だけが雪にとられるということもない。

[ 投稿者:スピード狂 at 18:47 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年01月26日
パウダーの滑り方パート2
パウダーを滑っていて転んでしまう原因は
何でしょうか?

1、スキー板を横に振りすぎて足をとられる。
2、人が滑った後の大きな溝に足をとられる。
3、急に加重をかけたためスキーが埋まり、前に転ぶ。

以上、私の目からはこの3つが考えられます。
いずれも自分の滑り方を変えれば克服できる問題です。

次回はこの問題の克服方を。

[ 投稿者:スピード狂 at 20:38 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年01月24日
パウダーの滑り方パート1
先週土曜日にパウダー滑ってきました!

風が強かったためか、雪が飛ばされてしまったようで
膝まで埋まるくらいの雪の深さでした。
それでも楽しくパウダーの浮遊感を堪能しました。

多くのスキーヤー、ボーダーがパウダーを楽しんでいましたが、皆さん転んでしりもちをついていた方が多く、
その光景はまるで、モグラたたきで頭をヒョッコリだしてる
モグラのようでした。

そこで!

パウダーをうまく滑りたいを思っている方のために
私がパウダーを滑る時のコツなんかを書いてみようと思います。
私自身の感覚なので、わかりずらい、ためにならない
なんてことがありそうですが・・・

次回へつづく
[ 投稿者:スピード狂 at 19:19 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]