掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

情報満載!

2005年04月01日
コブを滑る時に意識すること
春はコブだらけ、不整地だらけ。
春こそレベルアップする時期です。
もうシーズン終わり間近だからといって
滑らないのはレベルアップにつながりません!

斜面変化に対応できる身体能力をつけるには
やはりコブや不整地をどんどん滑るのが一番!

そこで今回はコブについてです。

私自身のコブを滑る時の意識は
1、コブの裏側をすべる意識
2、足首を柔軟に使うこと
3、ポールの突き方

特に気を使うのが1、です。
次回はそれぞれ詳細に説明したいと思います。


[ 投稿者:スピード狂 at 23:59 | コブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年03月28日
20mエア台を飛びたい!
先週も滑りに行ってきました。

しかし、いまだに20mエア台がクローズしており、
おまけに強風で上部のリフトは運休状態。
仕方なく下の運行しているリフトで滑っていました。

もう春ですな。
雪が重くなってきました。
バーンが荒れやすくなってきて、そこらじゅうコブコブ!

というわけで、コブの滑り方のコツでも
今週中に投稿したいと思います。
[ 投稿者:スピード狂 at 22:54 | 近況報告 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年03月23日
最近調子がよいぞ
先週も飛びに行きましたが
調子が良く、ハーフパイプでもビッグエアーでも
540の完成度が上がってきました。

最近はランディングバーンもやわらかくなってきたので
少し難易度の高いエアーにも挑戦しています。
(あいかわらず3Dはやりませんが)

シーズンも終盤にさしかかろうとしております。
みなさんも怪我しないよう頑張ってください。

[ 投稿者:スピード狂 at 23:09 | 近況報告 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年03月14日
ナマのJPオークレアを見ちゃいました!
先週土曜日に白馬47スキー場へ行きました。
最初は知らなかったのですが、
20mキッカー作っているし今日の47は気合入っているなあと思っていたら、
Orageライダー来日記念イベント”White Box”と
いうのをやるという放送が流れた。
そこでフト思った。
あの見た事ない板で滑っていた外国人は誰だ???

OrageのライダーってもしかしてJP???
あのフリースキー界の父である(そんなに歳とってないけど)JPオークレアが来てるの!!

偶然にしてラッキー!!!

ってわけで、プロの飛びを見学。

そしたらなんとTJシラーや国内のトップライダーである
下村基樹、岡崎将弥、田巻信彦、加藤文男、関塚直樹
太屋垣達也などなど(あまりに大勢で名前覚えられない)
そうそうたるメンバーがそろっているではありませんか!!

特に印象に残ったのは
TJシラーのスイッチ540ミュートグラブ。
他のライダーにはないガッツリのグラブと
いとも簡単そうにこなす流れのあるエアーとランディング。

関塚直樹の1080。
メチャクチャでかかった。20mエア台なのに
すごい突入スピードで飛び、ランディング下部で着地。
ゆうに30mは飛び、リップからランディング位置までの
高さは15から20mの高低差があったと思う。
あんなでかいエアを見たのは初めて!


天候が悪く、さすがのプロも派手なエアーが
少なく残念だが、いいもの見させていただきました。

昨年は私自身20mキッカーを飛びましたので
今年も是非飛んでみたい(その日はクローズしてしまった)
友人に写真とってもらったら、画像を載せたいと
思っています。

まだまだ雪がふるので春は遠いのか?
私にとってはうれしい限りです。



[ 投稿者:スピード狂 at 22:37 | 近況報告 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年03月09日
いまさらながらパウダーの滑り方
先々週にARAIスキー場に行ってきましたが、
そのときのパウダー滑走で、初めての感覚に出会いました。

なんと、スキー板が雪面との抵抗を感じず、
スキー板を軽く振ることができ、
まるで、空中に浮いているような現象です。

それは、まだ誰も滑っていない急斜面を
スピードをつけながらショートターンしていて
最高スピードに達したところで起こりました。
スピードが落ちるまで続いたので、約15から20秒間は
空中に浮いていたような感覚でした。
まさに無重力状態!
非常に忘れられない感覚で、今も覚えています。


後にこの感覚について調べたところ、
パウダー滑走が究極になると、このような現象が
起こるということです。
『コツは均等な両足加重』


滑り方はもちろんの事、斜面条件にも左右されるので
やろうと思ってできるものではなさそうです。

もう一度、あの無重力状態を味わってみたいものです。
ちなみに先週の野沢温泉では、パウダー滑走で
そのような感覚はありませんでした。




[ 投稿者:スピード狂 at 21:05 | パウダー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年03月08日
野沢温泉スキー場に行ってきました
先週末に野沢温泉に行ってきました。
日曜日に行ったのに、パウダーが残っていて
滑ってきました。この時期でパウダーが滑れたので
大満足!

さすがにもう暖かくなってきましたので
パウダーはもう滑れないかなーと思います。


それと、エア台とハーフパイプにも入ってきましたが
エア台は決して大きいとはいえず、
パイプもRがきつくてまともに飛べず、
不満足!
あと、乗り継ぎのリフトがないため
ハイクアップしなければならず
3本で終了。
もうちょっとパークは頑張って整備してもらいたいものです。


ハーフパイプ下のレストハウス(名前忘れた)の
チーズハンバーグカレーはボリューム満点の900円。
お得です!生ビールも最高!
[ 投稿者:スピード狂 at 22:46 | 近況報告 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年03月02日
エアーのコツ
ミュートグラブは最初なかなか手で板を掴めない。
これを克服するには、
前回の2、がポイント!
抱え込むように胸に膝をひきつけるのだが、
コツは両足をまっすぐに胸へ引き付けるのではなく、
両足を少し斜めにして(右手でグラブするのであれば膝を
左側に倒してやる)ひきつけると、手が届きやすくなる。

この方法でやると、板の滑走面は正面からは見えず、
横からしか見えない。横から見るとスキー板がきれいに
クロスしているのがみえる。


エアートリックはできるまでが大変だが、いったん
コツさえ掴めば、なんだこんなことか!
と思ってしまいます。
できるまでは、何度でも工夫してトライしてみてください。
誰にも教わらなくても、センスがなくても、
360ぐらいまではできると思います。
[ 投稿者:スピード狂 at 20:52 | ビッグエアー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年02月28日
エアーのコツ
ミュートグラブは、自分がエアーをやり始めたころの
当初の目標でした。スキー板が十字にクロスした形は
本当に憧れたものでした。

ミュートは必ずおさえておきたいグラブですので
是非覚えましょう。
フリースタイルスキーヤーでなくても、かなり使える
技(非常に格好よい)ですので、レーサーでも
基礎スキーヤーでもトライ!

それではやり方
1、リップを踏み蹴る
2、両膝を胸に引き付ける
3、右手を左スキーのブーツ先端のアウトエッジまたは
バインディングのアウト側をつかむ〈グラブ)
4、グラブしたまま体を反らす

以上が、大体本に書いてあることです。

[ 投稿者:スピード狂 at 23:03 | ビッグエアー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年02月25日
今週末は2日連続滑走だぁ!
気合入れて2日連続滑ってきます。
その内1日は、私の大好きなスキー場の
ARAIスキー場へ行ってきます。
パウダーにありつきたいなー。

滑って感じたスキーのコツを
来週に投稿したいと思います。
[ 投稿者:スピード狂 at 23:26 | 近況報告 | コメント(0) | トラックバック(0) ]