掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

情報満載!

2005年04月25日
47スキー場にて
先週末は47スキー場へと行ってきました。

まだまだ47スキー場は雪が多い!
その理由として北向き斜面だから他のスキー場よりも
雪が残りやすいのがひとつも要因だそうです。

なんせこの時期ハーフパイプ(午前のみオープン)とスーパービッグキッカーが
やれるのは日本でも47ぐらいではないでしょうか!

それだけレベルの高い人も多く、もちろんプロライダーも
いました。よく撮影やっています。

そのような高レベルの中で、私はマイペースに飛んでおります。あまり無理して怪我したくないからね!
それよりも飛ぶ爽快感を楽しんでいます。

スーパービッグキッカーは気持ちよくてクセになりそう。



[ 投稿者:スピード狂 at 23:23 | 近況報告 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月13日
モーグラーの滑りより感じた事
先日、八方根スキー場へ行ったときに
モーグル大会をやっていた。

ゲストに上村愛子が来ていたため
滑りを拝見。
コーク7を見れるのかと期待していましたが
残念ながら見ることができず・・・

男子の滑りとなるとかなり迫力満点。
まず、スピードが速い!
コブの中をほぼ直滑降で滑っているかのようなスピード!
そして高いエアー!

すばらしい!大絶賛です。

モーグル大会観戦で感じたことは
コブをスピードだして滑るには、私の意識する
コブの裏側を滑るではダメだと思った。
モーグラーの滑りはコブの頂点から次のコブの頂点へ
飛んでいくのである。
確かにこの滑りはスピードに強い滑りだと思う。

今度練習してみよっと!
[ 投稿者:スピード狂 at 22:08 | コブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月12日
自分の滑りを見てみよう!
先週末は八方根スキー場へ滑りにいってきました。

天気が良くて暑いくらいだった。
兎平は大会開催のためクローズ。
仕方なく黒菱へGo!

今日の目標は黒菱ノーストップ完走。
最近飛びばかりやっていたせいもあり、体力の低下が
著しいこのごろであるため、最後の方はほとんどダレダレで
滑ってなんとか完走を成し遂げた。

久々にデジカメを持っていったため、友人と滑りを動画で
コブ滑走を撮影してみた。

前回のコブのコツを意識して撮影に挑んでみたが、
落差の大きいコブの中でなかなかいい動きをしていた(?)が
ストックワークが意識していたものとはかけ離れた動きを
していた。
私のポールは長めなのでそれが良くない原因のひとつかな?

皆さんもたまには、自分の滑りを撮影してもらい分析してみましょう!

百聞は一見にしかず   です。





[ 投稿者:スピード狂 at 21:59 | スキーのコツ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月07日
雪が解けてしまう~
今日も暑かった。
雪が解けちゃうよ〜。

でも山の上はまだまだ雪がありそう。
ただし、コブの溝は石がでてくるようになるので
ボロ板で滑ることにするかな。

先週は忙しくて滑りに行けなかったので
今週末は行きたいと思います。
[ 投稿者:スピード狂 at 22:34 | 近況報告 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年04月06日
コブを滑る時に意識すること3
3、ストックのつき方

私の場合、ポールが長めですので、
コブの頂点にポールを突くと、身体が先に行き
ポールを突いた腕が残ってしまうので
後傾になりやすくなってしまします。
また、春のやわらかいコブにポールを突くと
雪に刺さってしまい、抜けないなんていうこともあります。

そこで、ポールを前方に突かずに
横に突くマネだけするようにしています。
こうすることで、雪に刺さる事もなく
また、コブのピッチが狭くて忙しくポールを
突かなくてはいけないときにも
対応ができます。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:スピード狂 at 20:55 | コブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月05日
コブを滑る時に意識すること2
コブの裏側とは、コブの頂点から溝の間のこと。
ここを滑る事によってスピードコントロールをするため
私自身意識しています。

コブにあててスピードコントロールしようとすると、衝撃に耐える必要が
あるため、柔軟に身体を使えず後傾になり、結果的に暴走します。

2、足首を柔軟に使う のとおり、コブの頂点を越えるあたりから
曲げていた足首をコブの裏側にあわせるように伸ばしていくと
板が常に雪面を捉えられるため、スピードコントロールができます。
コブの溝では足首の力を抜くだけで、
吸収動作は意識せず、次のコブの裏側を滑る意識を持ちます。
[ 投稿者:スピード狂 at 20:59 | コブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年04月01日
コブを滑る時に意識すること
春はコブだらけ、不整地だらけ。
春こそレベルアップする時期です。
もうシーズン終わり間近だからといって
滑らないのはレベルアップにつながりません!

斜面変化に対応できる身体能力をつけるには
やはりコブや不整地をどんどん滑るのが一番!

そこで今回はコブについてです。

私自身のコブを滑る時の意識は
1、コブの裏側をすべる意識
2、足首を柔軟に使うこと
3、ポールの突き方

特に気を使うのが1、です。
次回はそれぞれ詳細に説明したいと思います。


[ 投稿者:スピード狂 at 23:59 | コブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]