掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2013年08月06日
アマゾンで…
ztM6o7Ox.jpg

北海道へ行ってきて、富良野の倉本聰の世界が頭の中に残っています。テレビドラマの「優しい時間」はみていなかったので本があるかとアマゾンを検索してみました。中古もあったので状態の良い中古の本を注文しました。思ったより良い状態の本が届きました。
定価、1500円の本が送料込みで475円で手に入ったのでビックリです。

本はシナリオでした。
初めは、戸惑いましたが場面の設定があったり、俳優の動作や表情が
コメントされているので、いつか、舞台を見ているようにシナリオの中に
入って行ってしまいました。
富良野塾の卒業生が二人参加していて自分のドラマを展開させたそうです。

父と息子が互いに思いあいながらもなかなか口に出せない事情が
読む側には歯がゆかったりします。
なぜなら、不注意で同乗の母を死なせてしまった息子は父の怒りがわかっているからなのです。
その死んでしまった母が陽気な亡霊として夫にだけは見えて会話ができるのです。周りの人々も色々な事を抱えながら一生懸命に生きているのを父と息子は
見ているのです。
父親は寺尾總、亡霊の母は大竹しのぶ、息子は二宮和也・・・・・
読み終えてから出てくるその他のキャストの紹介・・・・・・
これが、ドラマの中の登場人物にぴったりで、さすがとうなってしまいました。
[ 投稿者:majyenda at 11:08 | 今日はね・・・・ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/16.76/a05316/0000421734.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/16.76/archives/0000421734.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら