掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年09月25日
植物画
BoArt1

市立自然、人文博物館へ行ってきました。
人事院総裁をなさった佐藤達夫さんの植物画展です。
1935年に天神島で見つけた北限の「ハマボウ」の実物が展示されていたのにはビックリいたしました。
環境教育、自然保護の原点として植物観察の楽しさや大切さを伝える為の
展示だそうです。
私としてはそれよりもボタニカルアートの勉強をさせてもらうのが
一番の目的でした。
気にいらなかった部分に、紙を張って描き直したり、白い絵の具で塗りつぶしたり、植物の状態を書き込んだり・・・・
描き上げるまでの過程まで見せていただいたようで嬉しくなってしまいました。花を何度も見ながら描く姿が想像されました。
原画の横には随筆も載せられていて画文集の形です。
1966年には日本エッセイスト賞を受賞なさっているそうです。
40年以上前の山や海の花のある情景を思い浮かべることができました。
[ 投稿者:majyenda at 22:49 | 今日はね・・・・ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/16.76/a05316/0000297514.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/16.76/archives/0000297514.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら