掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年08月09日
細細的回憶


慢慢的開始,發現有點陶醉,回頭的眼淚,撒在往日的戲言中,我們都走過了年少的青澀。

沒有太多的記憶,依稀的回憶卻又如此的多情。時間總是在最關鍵的時候解開了一個個被忽略的回憶。曾經我的天堂是被你點亮的,記得上次我們走過的教室嗎?記得那時唱的歌嗎?記得哪個又哭著說要去跳樓嗎?

往事已經隨著回憶慢慢的上演青春的盛宴,而我們正是荒原上奔跑的行人,就想仿佛曾經見過又像從未有過有過交集,卻又捨不得走開。路上的花還開著,街道的燈依舊那麼昏暗,我們也開始了一段新的旅行。雨淅淅瀝瀝的下著擾亂了人心,敲打著陪你雨裏走過的小路,就像才開始就已經到了結局。雨中的丁香空接愁,待雨梨花落三千。也許只是因為我們曾經相遇,偶爾的一瞬時間就這樣遊走在指尖,觸不及,棄之可惜。

透過窗戶是細碎的斜陽,搖曳的是夏日的樹葉,吹拂的是心中慌亂的歲月。往日的我依舊等待著一個歸期,一個聽雨任風流的時節,願我們不需要一個回頭的理由,淡然的前行在夜深是海的夜裏。平淡雖不出奇卻也可以換個方式尋找到老套的劇情,機械的再次去模仿。敷衍的去哭泣在沒有人的街道。

教室裏的歌還放著,只是沒有了節節退敗得我,什麼才可以釋懷,我已該習慣,側身不在的街道。何為如願,年少不知為何總是時光流逝,而你是否依舊長髮披肩。而我們也還沒好好說了再見,時間就悄悄地劃了界線,就這樣不需要說抱歉。一段孤獨的風景,已是曾經最在意的瞬間,而現在不知還有誰記得那個角落,記得每晚不停地晚安?每一個度過的時光,總是記得最熟悉,每當淚流眼角就失去了原有的色彩,眼淚是最溫柔的風景,而你是我逝去的美麗。一切都不用掩悔的,若花枯萎,若我慌魂,只是為了續寫命運的苦笑,為你一筆紅顏。昔日的少年,篡改了相纏的結局,圓了此生的初見。
[ 投稿者:smallhillside at 22:32 | おもちゃ、お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月02日
ちょっとだけ
1557f899fa82041
水曜日の夜にちょっとだけ行ってきました。

持ち込みは何故かカワダのM500WGT。

久しぶりに爽快感を味わいたくてねぇ。

一度降ろしていたメカ類もヨコモの21.5とSPアンプを載せ。

前回(とは言え相当前)壊したリアのベアリングホルダーは新品に換えてあります。

バッテリーはカワダのショートリフェ、ギア比はスパー88Tのピニオン23TでGO。

まず思うのが「速い」。(笑

そしてフロントが引っ掛かり気味なのとケツの安定感が無い事
日本購屋

一旦回収してモーターの進角を目一杯落とす。

その上でリアダンパーのバネをちょっと特殊なヤツに変更。

フロントキャンパーも変更してようやくマトモに走るようになる。

その後は1本だけ走って終了通渠佬

まあ久しぶりだったし、疲れも溜まっててゆっくりしたかったんでね。


つー訳で早いけど今回は終了。

次回はチャレ前に一度は来たいな。

なんせチャレはF104でエントリーしたしね通渠公司

F104は何ヶ月走ってないか覚えていない。(笑

その前に少し練習せんとねぇ・・・・
[ 投稿者:smallhillside at 17:40 | おもちゃ、お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]