掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2013年05月21日
半自動化の基本
はい。いよいよ開かれました。

あなたの扉が!

これから説明する各項目については

全て実行してもいいですし、しなくてもいいです。

ご自身の目標と使える時間、作業に必要なスキルに合わせてチョイスしてください。

ここで、なぜあなた自身のチョイスになるかというと

やはり、私が思うに

そのビジネスの本質を見抜くためには、自分自身で見抜くしか方法が無いからです。

つまり、ここで私が「これがいいよ」といって

それを実践し結果を出したとしても、

もしも、その方法が使えなくなってしまったら

もう一度、あなたは方法を教えてくれる人を見つける事からはじめなければなりません。

これが大変です。

いい情報を発信している人を見つけても

・この人の行っている事は正しいだろうか?
・ほかにもっと簡単で効率の良いやり方は無いだろうか?

こんな事を思いながらネットサーフィンし続けるでしょう。

※これを俗に「ノウハウコレクター」と呼びます

そして、時間はただただ過ぎていきます。

なにもせずに。

稼ぐための行動をせずに。

悲しいじゃないですか!あまりにも!!

つい数年前までは、

ふっふ〜んと上機嫌で

俺はすごいんだ!

私は稼いでる!

見たい顔をして胸を張って歩いていたのに

「あの頃は良かったよな…」

なんて思いながら雨後し続けなくちゃ行けなくなるのなんて。

私には、そんな事、絶えられません!


そんなことにならないようにするためにも

今からお伝えしておきます。
(私がおすすめする方法が20年先も通用するかは分かりませんので。あしからず。)

あなた自身が、

どういった方法を使った時にどのような結果が出るかを体感して

自分にあったやり方を見つけ、やり続ける事こそが、

あなたのビジネスなのです。


話しは長くなってしまいましたが、

ツィッターでフォロワー数を増やす基本についてです。

半自動化するための基本です。


まず、基本概念として覚えておかなくては行けない事は

あなたがとても有名な人でなければ

何もせずにつぶやくだけでフォロワーが増える事はありません。

決してそうはならないのです。

冷静に考えてみれば分かりますよね。

ツィッターを利用している有名人といえば

大阪市の橋下市長じゃないですかね。

あと、世界的に見たらアメリカ大統領のMr.オバマ プレジデント でしょうか。

いわなくても分かりますよね。

有名です。とにかく。

このような方達はつぶやくだけでフォロワーが増えるでしょう。

厳密にいえば、橋下市長はメディアで取り上げられる度にフォロワー数を増やしていると言う側面は否めませんが…。

でも、政治家で有名な方達、芸能人の方。

著名な方でツィッターを利用している方はいっぱいいます。

でも、あなたは何人の方の名前が出てきますか?

ツィッターに登録したら、メールで「こんな人もツィッターやってますよ」と案内がきていると思います。

「あっ!この人もツィッターやってたんだ〜」と思った人もいるでしょう。

でも、名前を知っているだけでフォローしました?

私は一切していません。

だって、興味がありませんから。

つまり、フォローする対象となる人は

基本的に「自分が興味のある人」になります。

という事は、あなたがフォローされるためには

あなたが相手から興味の対象にならなければフォローされないという事なのです。

「厳しい現実だ…」

と感じたでしょうか?

でも、心配する人はありませんよ。

興味を持たせればいいんだから。

「え?!でも興味持たせるようなネタと言うか

うまい文章や面白い話題も特別ないし…」

と思いませんでしたか?

心配する必要はありませんよ。

フォローする人は、常に面白いものを求めているわけではないのですから。

まぁ、ツィートする文章をどうすればという事についてはまた、別に書く事にします。

とにかく、文章や今現在あなたのスキルなど関係ありませんから!

心配ご無用!

なぜなら、フォローを増やす事ができればいいのですから。

「でも、興味を持つ事でフォローされるんでしょう?

その他に方法があるの?」

と思いますよね。

それは、ズバリ、あります!

あるんです。

それは何かといいますと

あなたと同じように

「フォローされたい人を集める」

ただこれだけです。

ツィッターの参加人数もものすごいいますし、どんどん増えているのです。

そりゃ、フォローされたい人なんてわんさかいますよ!

そこで、前回までお伝えした

プロフィールやアカウント、つぶやきにメッセージを入れて

「この人はフォローしてくれるんだ。だったらフォローしよ♪」

と思ってもらえればいいのです。

シンプルでしょ?

はい。

順番をお伝えします。

①あなたがフォローする(相手のフォロワーになる)
②あなたがフォローされる(相手にフォロワーになってもらえる)

これが基本です。

まずは「与える」そして「与えられる」

この基本原則がある事を忘れないでくださいね。

前回お伝えした言葉を思い出したでしょうか?

「フォローしたフォロワーをフォローする」

これがフォロワーを増やす秘訣です。

でも、めんどくさい。

ちょこちょこと毎日パソコンに向かって

なんだかめんどくさい。

こうやってみんなやらないんです。

結局やった人だけが思いどおりの結果になる。

実に世の中はシンプルです。

特にネットビジネスの仕組みはシンプルなのです。

このシンプルな作業。

これを続けていくのですが、

ある一定の作業量をこなしてきた時に

あなたはこう思う事でしょう。

「毎日、毎日、僕らはパソコンの♪」

「前でちょこちょこ、やになっちゃうよ♪」

そして、

「こんな単純な作業って、パソコンなんだから

ちょちょいと設定して、コンピューターがやってくれるような仕組みないのかなぁ〜」

「そういうプログラム自分で作るのって難しいんだろうな〜」

「誰かそういうの作ってくれないかな〜」

「でも作ってってお願いしたら、とんもなく高いんだろうな〜」

「あ〜あ、誰か作った簡単作業のプログラム使わせてくれる人っていないのかな〜」


そうすると

その思いは天に届くのです。

そして、教えてくれます。

「あるよん」

「しかも無料で使えるのがいくつかね」

どうです?

「マジか〜〜〜〜!!!」

となりませんでしたか?

あるんですよ。

そんな便利なものが、世の中には。

おいおい、あるんだったら最初からあるって言えよ!

長々とくだらん文章読ませやがって〜!

と思いました?

これには、とてもとても、ふか〜い深い意味があります。

あなたはもうすでに違うのかもしれませんが

大半の人は、

簡単に答えを求め

簡単に聞いてしまうと

物事の本質を考えないまま突っ走ってしまう傾向があるので

様々な考えられる注意点についてを

書き、読んでもらい

そして、理解した上で、答えを知ってもらいたいと思ったのです。

まぁ、私はこういうやり方しかしませんから

ただ、やり方だけを持ち帰って行きたいんだという人は

私の文章を読む時間もむだになるのでしょうから、

他のサイトを探すのもいいでしょう。(おそらくその方が時間かかりますけど…)

はい。

ちょっと脱線しましたが、そういった真意が私にはあったという事です。

最後に、この記事のタイトル

「半自動化の基本」について大事な事をお伝えします。

半自動化はあなたがしていた作業を効率化し、より有効に使う事ができるようになる

というスペシャルな必殺技のようなものです。

ここで重要な事は「あなたがしていた」というところ。

ここを理解していなければ、半自動化のありがたみも分からないでしょうから。

そして、注意すべき事はたった1つ

「フォロー数」と「フォロワー数」のバランスです。

フォロー数がただただ増えても

あなたのつぶやきは一向に聞いてくれる人がいないという状態です。

しかし、フォロワー数だけをがむしゃらに増やしてしまうと

ツィッター本部から

「こいつなんかあやしくね!」

とツィッターアカウント停止

最悪のパターンは「永久追放」

みたいなことにならないように、規約やある一定のルール

先輩たちの助言は聞いておいた方が無難なのです。

フォロー数とフォロワー数のバランス

フォローしてフォローされる

このバランスの取り方なども各ツールの説明の中にも記載するので

そういった注意点もしっかりと実践してくださいね。

そして、どんどんとフォロワー数を増やしていこうじゃあ〜りませんか!

ツールを使って半自動化

「自動と手動をうまく、バランスよく使いこないしてファンを増やす」

これがフォローされるコツとなります。
[ 投稿者:kattu at 18:24 | 自動化 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/15.59/a14448/0000415848.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/15.59/archives/0000415848.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 1 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら