掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリング

2007年12月14日
松井、ジャイアンツへのトレード消滅
ジャイアンツへトレードを噂されていたヤンキースの松井秀喜選手ですが、トレード話は消滅しました。

ジャイアンツは、フィリーズからFAのアーロン・ローワンド外野手と5年総額6000万ドル(約67億円)で契約し、外野の補強が完了したためです。

ひとまずトレード話は消滅しましたが、これでまだ終わったわけではありません。
松井選手の置かれた状況は、依然として厳しい事は確かです。

松井選手の来年の構想では、外野とDHの控えです。
再びトレード要員にされる危険性が高いことは確かです。

[ 投稿者:野球バカ at 11:51 | 松井秀喜 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2007年12月13日
福留獲得、カブスが正式発表。背番号1
中日からフリーエージェントとなった福留選手の移籍先が、大リーグのシカゴカブスと昨日決まりました。

契約内容ですが、総額4800万ドル(約54億円)の契約。
1年平均の年俸1200万ドル(約13億5000万円)は、大リーグ挑戦1年目の日本人選手としては最高額となります。

今年の楽天の選手・監督を含む前年俸は、約15億円だそうです。
いかに福留選手のオファーの凄さが分かる数字ですね!

ちなみに背番号は、中日時代と同じ「1」となる見込みです。

来年の福留選手のプレーが楽しみですね!

[ 投稿者:野球バカ at 12:31 | 福留孝介 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月12日
ロッテの‘ジョニー’黒木、現役引退
ジョニーという愛称で活躍していたロッテの黒木投手が現役引退することになりました。

10月2日に球団から戦力外通告を受けた後も「まだまだ野球をやりたい」と強く現役続行を希望しており、オファーを待っていました。

しかし、他球団からは声が掛からなかったこともあり、今季限りで引退することが決まりました。

黒木投手は球速こそそんなになかったのですが、投球する時の躍動感がファンにも伝わるナイスガイの選手で、私も個人的に応援していました。

全盛期の頃は、松坂VS黒木の投げ合いは、パ・リーグの名勝負でもありました。

しかし、右肩、右ひじを痛めてしまい、満足のいく成績が残せなかったのが悔やまれます。

今後は解説者として第二の人生を歩むそうですが、現役時代の躍動感を伝える解説者になってほしいと思います。

プロ野球からまた一人、功労者が去るのはとても惜しいです。

[ 投稿者:野球バカ at 13:39 | プロ野球 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月11日
清原、復活に向けて契約更改!
左ひざ手術から復活を目指すオリックス・清原選手が、昨日、契約を更改しました。

内容は、今年の年俸2億円から9000万円ダウンの1億1000万円プラス出来高でサインしました。

減額制限の40%を超える45%ダウンとなりました。

それでも、「来年チャンスをいただいた。感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔で話していました。

昨年は1試合も出れなく、相当悔しい思いをしたでしょう!
その後のインタビューでも、「左足が駄目なら、右足1本でも打ってやろう」とコメントしているように、来年への意気込みが物凄く伝わってきます。

日本ハムには、‘怪物’と騒がれた大阪桐蔭の中田選手が入団しました。
しかし、‘真の怪物’は、やはり清原でしょう!
格の違いを是非見せて欲しいと思いますね!

来年は、絶対に復活を期待しています!

[ 投稿者:野球バカ at 11:37 | 清原和博 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月10日
クルーン入団は、他球団は歓迎?
今年も巨人は補強に積極的に出ています。

横浜を退団したクルーン投手を獲得しました。
そして、ヤクルト出身のグライシンガー投手を獲得に動いおり、早ければ今週にも決定しそうです。

クルーン投手を獲得したことにより、抑えの上原投手が先発復帰が確定的です。
上原本人にとっては望みがかない、一安心でしょう!

しかし他球団にとっては、上原抑えのほうが驚異的と言っています。
クルーン投手は160キロを出す速球が魅力的ですが、安定性では上原のほうが上という意見が多いようです。

つまり、クルーン入団による上原の先発復帰は、大歓迎ということにもなりかねません。

積極的な補強もいいのですが、まずはバランスが大切ですね!

[ 投稿者:野球バカ at 21:30 | 読売ジャイアンツ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月09日
西武の和田、中日入り
今年のストーブリーグは、例年以上です。

各選手の移籍先が注目されていますが、今日、新たに一人が決まりました。

西武からFA宣言していた和田選手ですが、中日と交渉し、3年総額8億4000万円プラス出来高払いで入団に合意しました。
背番号は西武と同じ「5」になる見込みです。

和田選手は岐阜県出身。
「中日はあこがれのチーム。地元に帰りたい気持ちもあり、声を掛けてもらって今しかないと思った」と話しました。

和田選手は、一昨年には首位打者と最多安打を獲得した好打の選手。
福留選手の穴を埋める活躍を期待されています。

リーグが変わり、どのような活躍をするかが注目です。
[ 投稿者:野球バカ at 21:41 | FA宣言 | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2007年12月07日
松井、ジャイアンツ入りか?
アメリカ大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツが、ヤンキースの松井秀喜選手の獲得に乗り出していることが分かりました。

水面下で、ヤンキース、ジャイアンツ、ブルージェイズの3チーム間での大型三角トレードが進行中であることが判明しました。

ジャイアンツは、退団が決まっているバリー・ボンズ選手の後釜として松井選手獲得に力を入れています。

松井選手は、長打力ではボンズに劣るものの、左手首を骨折した06年以外はシーズン100打点以上を記録しています。
サンフランシスコには日本人や日系人が多く住んでおり、ジャイアンツには集客力でも大きなプラスが見込めると考えているようです。

日本もそうですが、アメリカでもストーブリーグが熱いようです。
松井選手の去就にも注目ですね!

[ 投稿者:野球バカ at 18:05 | 松井秀喜 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月06日
星野監督、積極的な若手使用が大成功!
北京オリンピックアジア予選は全勝で一位通過となり、見事にオリンピック出場を決めました。

これも星野監督の好采配と言えるでしょう!

その采配の一つとして、若手を積極的に使ったことではないでしょうか?

フィリピン戦では21歳の涌井、韓国戦は22歳の成瀬、台湾戦では21歳のダルビッシュを先発で起用しています。

星野監督曰く、「三人ともこれからの日本の野球界を背負っていく逸材」と評しています。

若いゆえに一つ間違えれば悪い方向に行く可能性もありましたが、今回の勇気ある采配は見事でした。

三人ともこういった大きな国際舞台を経験したことは、大きな財産となったでしょう!

北京オリンピックでも3人を中心に使用していく可能性が十分あります。

今回の予選は、もう一つの収穫があったと思います。

[ 投稿者:野球バカ at 18:50 | 星野JAPAN | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月05日
福留争奪戦でマネーゲームが加速!
中日からFA宣言し、去就が注目されている福留選手ですが、福留株が天井知らずのようです。

最近の情報では、カブスが年俸1500万ドル(約16億5000万円)を用意してきました。
また、ホワイトソックスも年俸1500万ドルまで条件を上積みしています。

当初の大リーグの福留の年俸価格は、1年平均600-800万ドル(約6億6000〜8億8000万円)、契約年数は3〜4年と言われてきていました。

当初の予想をはるかに上回る福留選手の年俸。
とてつもないオファーが来ています。
福留争奪戦は、まだ始まったばかりです。
果たして、どこの球団がどのくらいの価格で契約をするのでしょうか?
ある意味、非常に楽しみですね!

[ 投稿者:野球バカ at 17:55 | 福留孝介 | コメント(1) | トラックバック(0) ]