掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2015年11月04日
クリーニング

クリーニングとはどういうことですか?

毎日歯磨きをしていても、時の経過とともに歯には、歯ブラシやうがいではなかなか落とせない汚れ分など(細菌やプラーク)が付着してしまいます。(歯科器具

この汚れが虫歯や歯周病、また口臭の原因になります。
近年では、歯周病菌が口から体全体に広がり、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などの全身疾患を引き起こすことがわかってきました。
つまり、クリーニングは口腔の健康を保つだけでなく、将来的な全身疾患を予防する措置でもあるのです。(モーターハンドピース


訓練を受けた歯科衛生士のクリーニングを受けて、プラークや歯石などを定期的にとり除き、お口の中をつねに健康な状態に保つことを当院ではお勧めします。


以上はクリーニングを説明いたしました。歯についての知識はまたいろいろあります。よく勉強しましょう。
[ 投稿者:koneko at 14:40 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月29日
べニアとボンディングについて

ベニアを知っていますか?ボンディングを知っていますか?では、今日はこの二つを紹介いたします。

ベニアは、歯と歯の間の隙間を埋めたり、歯の形を整えたり、折れたり欠けたりした歯を修復したり、変色した歯の美観を修復するものです。ラミネートベニアは、薄いセラミックのシェル(セラミック板)を、歯の表面に貼りつけることで、前歯を白く見せることができます。

もうひとつの審美治療法として、ダイレクトボンディングがあります。さまざまな色のプラスチック素材のなかから自然な歯の色にもっとも近い色の素材を選んで直接歯に接着させます。ここには、ishinerの歯科器材をおすすめします。


多くの場合、ベニアやボンディングの縁は歯肉線に達しています。歯肉を最適な健康状態に保ち、ベニアやボンディングを長持ちさせるには、歯肉線を清潔かつ健康的に維持することが大切です。

毎日、食べ物を食べたら、口腔内に残した食べ物や最近があります。ですから、よく歯を清潔に保つのはとても大切です。歯の健康のために、一緒に頑張りましょう。ここには、ishinerのストレートハンドピースをおすすめします。
[ 投稿者:koneko at 14:35 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月26日
顎関節症ってどんな病気?

顎関節症は口腔の健康に関わっていますか?では、一緒に了解しましょう。

関節の異常:関節内の軟骨のずれや変形によるものが多いですが、時には関節自体が変形していることもあります。
筋肉の異常:過度の噛みしめや片側だけで噛むなど、かたよった筋肉の使い方が続くと、筋肉痛やこわばりがおきることがあります。ここには、歯の治療にいい歯科材料をおすすめします。これは5倍速コントラアングルです。

症状が強く現れることもありますが、急激に進行することは多くありません。筋肉の異常であれば、負担をかけるような癖(持続的な噛みしめやほおづえなど)をやめると和らいでいくことが多いようです。また歯の痛みや歯を失ったところを放置して、片側だけで噛んでいたり、舌でさわったりなど、歯が原因のこともありますので、かかりつけの歯科医院にご相談ください。

以上は顎関節症についてのことを紹介致しました。みなさんは顎関節症にならないように、よく運動しましょう。また、口腔内の健康を忘れないように。
[ 投稿者:koneko at 15:02 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月22日
息が止まる

年を取ると、歯が抜けます。これは正常な現象です。時々、歯がとても痛いですが、歯が抜けなくても、歯科材料で抜く必要がありますか?


夜寝ているのに昼間眠い、睡眠時に息が止まる等の症状がある方の中には睡眠時無呼吸症の方がいます。ここには、ishinerの歯科材料をおすすめします。

睡眠外来などでの診断ののち治療方針を決定されますが、持続的陽圧吸入法(CPAP)を選択するまでもない方は口腔内装置(OA)を選択される場合があります。
また下の顎が頭蓋に対して異常なまでに後退している変形症の場合、息が止まることも多いのです。ですから、ishinerのコントラハンドピースをおすすめします。最高だと思いますから。


以上は歯が抜けることをご紹介いたしました。よりよく歯の健康のために、ishinerのエアーモータをおすすめします。
[ 投稿者:koneko at 12:57 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月21日
口内炎

歯と歯の隙間が開いた人は少なくありません。歯の健康のために、歯科材料で歯を検査するのは必要になります。ここには、ishinerの歯科材料をおすすめします。

舌、歯茎、唇、頬の内側など、口腔内の粘膜に起こるビタミンB群不足が原因の一つでもある炎症性の疾患です。
病気や過労、睡眠不足などで体力が低下し、生活リズムが乱れている、胃腸の調子が悪いといった、全身の健康状態も口内炎を引き起こす原因となります。

口腔内の衛生状態が悪いと細菌やウイルスが繁殖しやすくなり、口腔内の傷に感染して炎症を起こします。また、唾液は口腔内の自浄作用を助ける働きがありますが、水分や食事摂取が不十分で、唾液の分泌が不足している場合も口腔内が不衛生になるので注意しましょう。ここには、歯の治療にいい歯科材料をおすすめします。これはコントラアングルです。

歯はもちろん、口腔内をいつまでも丈夫に保つことは、健康で長生きする秘訣なのです。

以上は口内炎についのことを説明いたしました。みなさんは少しも分かりましたか?歯の健康のため、歯についての知識を勉強しましょう。

[ 投稿者:koneko at 14:34 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月19日
妊娠さんのための歯科について

妊娠中に歯を健康に保ってください。なぜかというと、これは赤ちゃんの口腔健康に関わっています。
最近定着してきた「マタニティー歯科」という言葉ご存知ですか?
妊婦さんと生まれてくる可愛いお子様のための歯科医療のことです。
痛くなってから行く歯医者さんではなく、妊娠期のお身体の事や、お子様の虫歯予防も含めて様々な点から妊婦さんをアドバイスし、お手伝いします。ここには、ishinerの歯科機器をおすすめします。
産婦人科の検診は、1ヶ月で終わりますが、お口の中のプロ「歯医者さん」とは一生のおつきあいになります。ここには、ishinerの歯科タービンをおすすめします。
親なら誰もが望む
子供の「虫歯ゼロ」「正しいお口の成長」
これらを達成できるように、少しでもお役に立てればと思います。

社会の高速発展とともに、歯科分野への注目が日々高まっていきます。そして、歯科機器や器材なども広く使われています。以上は妊娠さんのための歯科について簡単にご紹介いたしました。歯の健康のために、よく歯の健康状態を注意してください。

http://jp.ishinerdental.com/

[ 投稿者:koneko at 12:27 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月13日
口腔機能と健康との関係は

みなさんは口腔の機能を知っていますか?そして、口腔機能と健康との関係がありますか?実は、口腔の健康は全身の健康に関わっています。
高齢者の活動性が低下する要因は2つあります。

ひとつは「身体機能の衰え」です。口腔機能が低下すると食物の種類が制限されるので、栄養の偏りやエネルギー不足になりがちです。その結果、筋力や免疫力の低下が起こります。筋力がおちると運動機能が低下し活動も不活発になります。また免疫力が低下すると様々な病気にかかりやすくなります。口腔の健康のために、ishinerの歯科機器をおすすめします。

もうひとつの重要な要因は「人との交流の機会を失うこと」です。交流の場は役割活動であったり趣味活動であったりします。これらの活動のなかで人との交流が生まれますが、そのためには人と楽しく食事をし、コミュニケーションするための口腔機能を維持することが不可欠です。ここには、ishinerの歯科タービンをおすすめします。

このように高齢者が身体的、精神的、さらには社会的にも健康な生活をおくるためには口腔機能を維持することが欠かせないのです。

以上は口腔機能と健康との関係についてご紹介いたしました。歯の保護についてはいろいろな方法がありますので、よく歯の健康知識を読んでください。ですから、人々は歯を健康に発育するように、注目してください。
[ 投稿者:koneko at 12:28 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月12日
他人との関係で起こる口臭の悩み


口臭の悩みがある人は少なくありません。では、口臭の原因はなんでしょうか?

 口臭は誰にでも多少はあるものです。口臭のレベルが最も高いのは起床時で、その後、朝食をとったり歯を磨くと弱くなり、時間がたつと再び強まり、食事をしたり歯を磨くとまた弱くなっていきます。口臭の悩みは、実際の強さよりも、「人と話すときに恥ずかしい」など、他人との関係のなかで起こり
ます。問題となるのは、他人が不快になるほど、においが強い場合です。ここには、ishinerの歯科機器をおすすめします。

 口臭が発生する主な原因は、舌苔[ぜったい]、歯周病、唾[だ]液の減少などです。舌苔は舌の表面にたまった汚れで、白っぽい色や淡い黄色をしています。舌苔の中にいる細菌が、汚れを分解して口臭のもとになる口臭ガスを発生させるので、舌苔が多いほど口臭が強まります。ここには、ishinerの歯科用ストレートをおすすめします。

歯周病菌も舌や口の中の汚れを分解して口臭ガスを発生させます。唾液には、殺菌作用や口の中の汚れを洗い流す作用があるため、唾液が減ると、口の中が乾燥して細菌が増殖し、口臭ガスが強まります。

以上は口臭を引き起こす原因を簡単に紹介いたしました。ここで、口腔内の健康のために、よく体の健康状態を注意したほうがいいと思います。
[ 投稿者:koneko at 12:24 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月10日
虫歯はどうやって進行しているの?

虫歯がある人は実はたくさんいます。では、虫歯はどうやって進行しているの?今日は一緒に討論しましょう。
虫歯とは、プラークに潜む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を食べ酸を排泄し、その酸によって歯が溶かされる病気のことです。(歯科材料

虫歯は一度なったら自然に治ることがないうえに、重度の場合は神経を抜く処置や、最終的には抜歯せざるをえなくなるため、虫歯が疑われたらできるだけ早い治療が必要になります。ここには、コントラアングルをおすすめします。

虫歯を防ぐために、歯の成長状態をよく注意してください。みなさんはきっと口腔内の清潔を保つべきです。

[ 投稿者:koneko at 12:51 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月09日
血小板減少性紫班病 とは
 
みなさんは血小板減少性紫班病を知っていますか?
血液中の血小板が減少するために起こります。(お子さまでは数週間から数ヶ月で治癒する急性のものがよく有ります。)歯ぐきや鼻からの出血の他、手足に紫班(青あざ)がよくできるのが主な徴候です。(歯科材料

お心当たりのある方は、内科を受診し、血液検査を行って下さい。また、歯科治療においては、抜歯などの出血を伴う処置もよく有ります、紫班病は、止血が困難な疾患ですから治療をお受けになる際は、あらかじめ歯科医に申し出られると共に、内科の先生の連絡先をお教え下さい。 (エアーモーター

体の健康のために、よく運動したほうがいいと思います。夕御飯を食べたあと、散歩もできますよ。
[ 投稿者:koneko at 15:11 | 歯科情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]