掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2014年10月24日
大晦日まで待てない
Dr Max教材

結局、フライング。ニシンの姿煮1本は冷凍にしたけれど、冷凍にしたあくる日に食べてしまった・・・。

生協のクリスマス予約でエスカルゴを頼んだ。大昔、あれはまだギリギリ20代だった頃だと思う、その頃勤めていた会社の上司にホテルのラウンジに連れて行ってもらい、初めて食べた「エスカルゴ」。かたつむりを食べるのは初めてでおっかなビックリだったけれど、その時の味は感動だった。美味しかった。

その後、冷凍の殻付きエスカルゴというものを発見し購入。最初に食べた時ほどの感動はなかった。

今回は「クリスマスなので、ちょっとくらい贅沢してしまえ!エイっ」とボタンを押したのだった。

前置きは長くなったが、そう、本日のタイトルをご覧になった読者のみなさんの想像通り、またフライング。

余近卿中學
今日のお昼にホームベーカリーが焼いてくれたフランスパン風食パンと野菜スープと一緒に食べてしまった。

いつもならTVを見ながら食べるのだけれど、6個で880円、たこ焼きくらいの殻付きエスカルゴ、1個146円もするから、しっかり味わってたべないともったいないと思って食べた。でも、あの遠い日の味の感動はやはり戻ってはこなかった。何が余近卿中學チガウのだろうか・・・。エスカルゴの歯ごたえや味はそう大差がないように思う。味のチガイはガーリックバターなのだろうか?

Dr Max教材
最初に食べたのとは、きっとこのガーリックバターがチガウのだ。どうチガウのかはあまりに食べたのが昔過ぎてわからないけど。

とにかくそのガーリックバターを「フランスパン風」につけて食べる、それも好き。

ま、これでクリスマスと大晦日の行事は終了したので、当日は、、、何食べよ。

子供の頃、母親が作ってくれたおせちをなんで元旦まで我慢しなあかんのやろかと、ずっと不思議だった。

母一人子一人、稼ぎ手は母だけだったので、そんな贅沢なおせちではなかったけれど、ゴマメ、カズノコ、黒豆と煮物というのが内容だったように記憶している。お正月くらいちょっと贅沢にと思った母の心遣いだったと思うが、子供の頃私はカズノコがしょっぱすぎて、あのコロコロとした噛み心地もなんだか好きになれなかった。でも今は好き。

今年のお正月はお雑煮以外何もするつもりはない。

大晦日の日のちょっと遅い目にスーパーを覗いてみて、運良く美味しそうなお正月料理が大幅値引きしていたら買うかも。でもスーパーに行くのが面倒になるような気も。ま、そんな先のことはわからない。

今年は年始年末もできるだけ内職をがんばろうと思っている。

今月電気代くらいは稼げたようだ。初収入は来月振り込まれる。ちょっと嬉しい。

アフィリエイターという内職は結構面白い。いろいろな商品がある。一つ一つの商品説明をよく読んでいると、本当に一昔前に比べると今は良い物がたくさんある。丁寧に説明されている商品もあれば、売る気があるのやろか?というような説明不足の商品もある。

そうかと思えば、えっ?!こんなんあったん!というような面白い商品もある。
[ 投稿者:私たちは歩い at 11:35 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]