掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2019年01月29日
We will jointly acquire a technologies


続きを読む ...
 
[ 投稿者:私たちは歩い at 13:34 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年12月27日
微波爐加熱食物有致癌性


続きを読む ...
 
[ 投稿者:私たちは歩い at 19:25 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年01月11日
ありがとうございます
20090204151511626


「え?」パッと指輪から手を離し

「…いや…そんな事はないんだけど、ちょっと触るのがくせになってて…」

しどろもどろに答えるチャンミンを気にせず、ミノは

「それにしてもユノヒョンのパフォーマンスは最高ですね!ほんとに熱あったんですか?

信じられませんね」興奮した様子で言った。

「ああ、39℃はあった…  もしかしたら、それ以上に上がってたかもしれない」

 チャンミンは昨日の夜抱きしめて眠ったユノの体の熱さを思い出した。

 一分の隙もミスもなく、ユノのステージは終わった。

 観客は興奮で涙している。

 スタッフ、メンバーも熱があるのにも関わらず、普段通りのいやそれ以上のパフォーマ

ンスだったことに感激し、賞賛の拍手を送った。

「皆さん、ありがとうございました。そしてご心配をおかけしてほんとにすみませんでし

た。こうして無事にステージを終えられたのは、皆さんのご協力によるものです。本当に

ありがとうございました」

 そう言って、深々と礼をし、皆に感謝の気持ちを表すユノに、スタッフみんなの拍手は

やまなかった。

 シャワーを浴び、着替えて出てきたユノを待っていたのは、ケビンだった。

 一瞬ドキっとしたユノだったが、一応彼のおかげでここまで出来た事もあり、

「ケビンさん、ほんとにありがとうございました。成功できて良かったです」握手を求め

た。

 ケビンはその手を無視して、ハグをしてきた。肩を叩き、

「いやーほんと良かったよ!最初はこんな奴に何が出来るんだ!なんて思ったけど、君に

声をかけて正解だったよ!!また一緒に仕事しようじゃないか」



「ユノ、今日はまだ熱もあるだろうから、今度飯でもどうだい?君の可愛いチャンミンも

一緒に」



[ 投稿者:私たちは歩い at 11:07 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月12日
做一個簡單善良的女人
20140513204607_ku5Jf.thumb.700_0



 簡單的女人如早春的白玉蘭,沒有綠葉映襯,卻難掩優雅和清新。

  簡單的女人不是不講究、沒主見、缺思想的女人,她們的一言一行一舉一動一顰一笑都散發著智慧和品位。

  簡單的女人自然大方,她們不會追趕時髦醉心心潮。她著裝簡潔明快,配飾精緻協調,從不用過度的裝飾來張揚自己,卻在看似不經意間顯出濃濃的女人味兒,讓人賞心悅目。

  簡單的女人潔淨俐落,凍肉批發

她們的面龐永遠不會是五光十色的化妝品製成的調色板,你看她們,會有一種自內而外的明麗。

  簡單的女人是心地善良,寬容大度的女人。她們頭腦清晰,反應敏捷,談吐優雅、溫和、親切自然,舉止從容自若。她們不囉嗦、不嘮叨、不人云亦云,你卻不知道什麼時候早已被她們看穿。

  簡單的女人感恩知足,淡泊名利。她們待人真摯熱情,笑容發自內心。她們熱愛生活熱愛生命熱愛大自然,她們重生活本品質人間真情重家庭和美,在平淡中演繹濃郁。

  簡單的女人是自信的女人,她們坦然面對一切打擊和不幸,不自尋煩惱不自亂陣腳,不逃避不自欺,她們生活于現實之中又仿佛超脫于現實之外。

  簡單的女人保有自己的一方淨土,她們有自己的愛好樂趣,怡情養性。

  簡單的女人似幽谷碧潭,圍裙
有深度卻清澈見底;如三秋桂子,樸實無華卻馨香悠遠。

  簡單的女人是首小詩,是幅寫意畫,不需要洋洋灑灑,不需要濃墨重彩,卻讓人品不盡那份平淡與簡單。

  簡單的女人天性純樸,雖身處繁華都市卻可以寵辱不驚,身在世俗卻不被世俗所侵染,簡單的女人也並不是不食人間煙火,看似平凡,為生活奔忙,除了相夫還要教子,可在內心深處永遠有一個角落是別人達不了的,只屬於自己。偶爾會遠離人群發一會呆,在這個角落裡釋放自已,審視自己。欣賞自己,然後對自己報以一絲不易覺察的微笑。四季的風景在眼前懸掛,潮起潮落在心裡變化,流轉的時光。過往的色彩,不動聲色的在歲月中纏繞,在這個物欲橫流明爭暗奪的世界裡。以一份清閒淡泊輕描世上的繁華,笑看雲展雲舒,癡守自己的那份天真那份綠意,微針效果做一個簡單善良的女人。

  簡單的女人有一顆沉穩寧靜而廣博透明的心靈,用它來覆蓋生命的每一個清晨和夜晚,從此不再因外界的風聲而瑟瑟發抖,不再因身體的頓挫不適而萬念俱灰,不要去計較公平與不公平的界限,花時間去想那些於是無補的問題有什麼意義呢?生活該怎麼樣就怎樣,絕不會因你的終日而思而改變什麼,既然環境無法改變那就改變自己的心情尋找快樂,因為這個世界不接受眼淚,只接受生存的條件和信心。

  簡單的女人心理永遠春花盛開,把心開成一朵芬芳美麗的花時不僅惠人而且惠己,給人關愛的同時也會溫暖自己,愛出者愛返福往者福來。
  用自己的真誠與愛,讓平凡的歲月充滿溫馨,讓枯燥的生活充滿樂趣。


[ 投稿者:私たちは歩い at 15:48 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月17日
さすがノリだなって思ったけど
20140714225547_yurCZ.thumb.700_0


何処行ったんだろう。
…なんて、探すこともなく、ノリを見つける。

体育館裏の階段。
そこにノリは、項垂れながら座っていた。
知っていたわけじゃない、けど、
なんとなくここにいるんじゃないかなって、思ったんだ。

声を掛ける、こともなく、
ただ無言で、ノリの横に座る新加坡機票

顔を腕の中にうずめている。
僕のことは見えていないだろうけど、
気配で気づいてはいるはずだ。

………。
こんな時、なんて言葉を掛けてあげればいいんだろう。
バカだから、どうすればいいか分からない。
…とりあえず血管外科醫生


「お疲れ様。」

そう一言。…まぁ、とりあえず、は。
…、返事はもちろん、ない。
うーん、どうしようどうしよう…。
…どうしよう。…と、

「…バカにしてたか?」

姿勢はそのままに、ノリがそう訊いてくる。

「え?」

な、…にが?

「だから、俺のことバカにしてたかって。
 …みんな。」

あ、あぁ…、いや、それは血管外科醫生、…

「そんなわけないでしょ。」

バカには、していなかった。…うん。絶対。

「…まぁ、バカにして当然だよな。
 だっせーよな、俺。」

そう言いながら、ゆっくりと顔を上げる。
寂しそうな横顔、前方をジッと見つめている。
僕まで、胸がギュ〜っと痛くなる。
そんな顔、しないでほしい。

「だ、だから…、さ。」
「いいんだ、負けたし、実際。」

…そ、そっか。
………。

「…でも、やっぱ悔しいな。」
「うん。」

僕も、悔しい。

「なんでだろうな。」
「ん?」
「なんで負けたんだろ。」
「………。」

それは、…

「走る直前はさ、勝てる気しかしないんだよ。」
「うん。」

スタート地点のノリは、昨日も今日も、
凄く凛々しくて、カッコ良くて、
自分を信じきった顔をしていて、
負けるはずない、僕にだって、そう思わせてくれた。

「勝てる気しかしないのにさ、
 なんで負けるんだろうな、変だよな。」
「それは…、」

それは、…どうだろう。

「う〜ん…。」

頭を抱えるノリ。

「…う〜ん。」

僕も一緒になって悩む、フリをする。
………。

「やっぱ、こんなのおかしい。」

…え。
徐にその場に立ち上がるノリ。

「まだ鹿島の奴、いるかな。」
「…え、わ、分かんない…けど、
 …なんで?」
「もっかい再戦、申し込んでくる。」

…え。

「む…、っ…。」
「ん?」

そんな自信に満ちた顔で見つめられたら、
無理だよ、なんて言えない。

「…や、めときなよ。」
「なんでだ?悔しいじゃん。
 男なら、目指すのは1番のみだ。」

そう、…なのかしれないけど、…
これ以上、あんまり…、その…

「それに、次は絶対に勝てる。
 だから問題ない。」
「………。」


決意は固いみたいだ、僕が何を言っても無駄だろう。

「…と、善は急げだな。
 俺ちょっと鹿島探してくる。」
「あっ…。」

自分のランドセルを手に取り、
そのまま校庭の方へと、風のように消えていってしまった。

「…あー……。」

…行っちゃった。
……。
…、はぁ。

なんだかなぁ。
つくづく、負けず嫌いと言うか、なんと言うか。

この前のサッカーの授業でやったリフティング。
回数を競うやつで、ノリが2位になって、
その日の放課後、1位の記録抜くまで、
遅くまで残ってたっけ。

結果、その記録を塗り替えたんだから、
[ 投稿者:私たちは歩い at 11:09 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月05日
かわいそうに
20150721154932_JCjSm.thumb.700_0





「に、に、西門さん、お邸はだめなんですよね?」

『邸に女を連れ込むな』ということまだ言いたいらしい、かわいい仔犬はふるふる震えて、精一杯の抵抗をしようとしている。

優紀は特別なのに、まだまったく気がついていないらしい。

震えて泣きそうな顔をすれば、肝纖維化 治療


よけいに可愛いだけなのにと総二郎は優紀の手を引いて邸に入った。

「総二郎様、お帰りなさいませ。お嬢様、いらっしゃいませ。お待ち申しておりました。お出迎えに上がれず、大変申し訳ございませんでした」

女中頭がひとり玄関に迎えに出て来ただけだった。

「総二郎様、もう少し早くご連絡いただかないと、私どもにも準備する必要があるんですよ」

いまにも泣き出しそうな顔をしている優紀がひくりと固まった吸盤掛勾

「す、すいません、わたし、失礼させていただきます」

逃げ出しにかかる優紀を総二郎は笑いながら片手で抱きしめた。

ひと前で、西門家のひとの前で抱きしめられ、優紀は総二郎の手から逃れようともがき更に抱きしめられた。

「優紀を怖がらすようなことを言うなよ。大丈夫だよ、優紀、ほら靴脱いで」

「わたしくしは総二郎様に申し上げてるんです。お嬢様をきちんとお迎えするには、それなりの準備が」

「わるかったよ。さあ、優紀おいで」

もうパニックの優紀は泣き出すのを我慢するのに必死で、総二郎に引きずり込まれるように邸内に上がらされた。

「客間にお茶とお菓子のご用意をしております」

「あとでいい。それと、Foodwise凍肉品質しばらくオレの部屋にひとを近づけないように」

総二郎に手を引かれ、それでも優紀はなんとか頭を下げるだけのことはして奥に連れ去れた。

優紀は広い邸内のどこをどう歩いているのか見当もつかず、ときおりすれ違う使用人は「いらっしゃいませ」と迎えてくれる。

優紀は会釈を返す間も引きずられ、気がつけば数回訪れたことがある総二郎の部屋までたどり着いていた。

部屋に入るなり優紀は力が抜けたように座り込み、苦笑する総二郎に抱き上げられると広々としたベッドにおろされた。

優紀は震えてぽろぽろと涙を流すのを総二郎は唇で優しく受け止めてやった。
許してやりたいのは山々だが、今回はあまりに悪戯が過ぎる。

訊きたいことも山ほどあるけれど、それはあとゆっくりと訊き出せばいいだろう。

まずはすこしお仕置きをしておこう。

総二郎は優紀の柔らかな唇に味わいながら、息も付けないほど深い口づけをした。





[ 投稿者:私たちは歩い at 17:14 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月15日
活著的人都有自己的苦惱
56a58cf9181ea433.jpeg!600x600


何必去不快樂啊,dermes 脫毛生活永遠沒有珍藏版的。好多時候,我們都是過一天是一天,沒有太多的深謀遠慮,所以日子才平凡。簡單。美麗。

該讀書時讀書,該結婚時結婚,省略了太多繁花似錦的過程,偶爾傳來同學升遷朋友高就的音訊,不親不淺地笑笑,很快忘到腦後,洗衣做飯的日子很快,快得如同三月的杏花,妍豔在枝頭沒幾日就被粉面桃花所掩蓋。

一枝紅杏出牆來,最終曖昧成女人的越矩,到底是杏子地錯還是牆地錯,男子似乎是沒錯的也許天下沒有幾個女子不願意做紅杏了,只可惜大多因為誘惑的籌碼過低而甘願老去牆裏吧!大凡女子骨子裏都是要狐媚的,否則街巷那些長相無法恭維的女子們堆粉摸脂,血紅塗口也就令人費解無比。愛生活愛自己管他美醜,東施效顰就效嘛,別人的議論總是最晚傳到你的耳朵裏的。

打小我就熱衷於想入非非。看藍天白雲,心空靈而透明,渴望自己是天界最美的仙子,輕點雲朵,飄逸而美好,身後有玉皇的苦苦追索;見麥浪翻滾青綠漫溯,又奇想有一個英俊王子策馬馳騁,擄我仗劍天涯,從此不再承受世俗的刻薄。雲雀流水,人面桃花,開來開去,都是年年春意,一輩子能記住的和被記住的人和事並不多,寂寞了聽聽歌,煩了一個人走走,這個世界,血管瘤手術離了誰都能活。人各有志,你喜歡的別人未見得中意,各司其職,做到愜意就是,最見不得有些人總想證明給別人看。

劍朋友說老婆不會做飯是他難以忍受的煎熬,魚妹妹因為和隔屏師傅對聯陷入深深的網戀,不單是因了對方的才華,一個留英過的儒商,愛情在他手心輕如晨露,可愛這情緒很奇特,魚妹妹的婚姻既缺溫暖又缺成就,再愛是最自然不過的了;龍哥用他的豁達承受了厭惡歡愛的妻小,苦苦掙紮著生活的起落,依然樂呵呵的安慰我的過錯。劍朋友答應來看望我,於是單位門口驚魂一瞥,讓三月的桃李暗自芬芳一段時光。

讀一點書,聽一段音樂,時光很溫暖。該忘記地一定會忘記的,佛說一切取舍之間,發生了就是因果,我最喜愛在柔媚的春意裏做點懶懶地,愜意的春夢。







[ 投稿者:私たちは歩い at 17:08 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年04月08日
愛情真的經不起等待


続きを読む ...
 
[ 投稿者:私たちは歩い at 15:20 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年12月04日
留給了沉靜

在雨中,總有一種優雅的感覺,小時候對於雨中情的向往,記得,某一次大雨,我在雨中行走,雨水打濕全身,順著余近卿臉頰花落,是一種冷靜的良藥。在雨中,也能讓人覺得悲涼,讓人不免感到傷懷,想到無邊絲雨細如愁,人生難得優雅,在該優雅的時候。大多的時候,身不由己,下著雨,也難得就在雨中淋著,打開雨傘,那是另一種天地,行與雨中,卻離開了雨。

只是腳下的水,是一片雨的聚集,倒影著世界的身影,一棵樹在裏面搖晃,一片雲在當中迷蒙。這是,雲在地底,人帶著情緒,移動。留下的身影,和踐踏過的積水一樣遠去,破碎了的幻影。對於小雨,我不喜歡打傘,喜歡任雨滴打落身上,喜余近卿歡那種冰冷的淩冽,冷靜,這個詞語就多了一種物質的支持。

下午走出教室的時候,看見一地濕潤漫天細雨,有一點詫異,也有些驚喜,雨後的地面,顯得幹淨,雨後的世界,雨後的人,都多了一種朝氣。冬天的雨,多是些冷冽的冰。走在路上,輕輕的將臉揚起,去迎接細雨的洗滌,柳樹葉隨風搖動,昨日前塵余近卿,想是已經洗盡。只是,下雨的時候,落在地上的樹葉,就有些沉重,和地面緊緊相連,零距離的接觸,不忘記,不拋棄?是誰的腳,無情的將一片葉子帶走,蹂躪,破碎。
[ 投稿者:私たちは歩い at 16:34 | srwdsfgdsfhydt | コメント(0) | トラックバック(0) ]