掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
 

2011年04月03日
「ようこそ地球さん」(星新一)を読んだ
 ということで1編だけコミPo!で漫画化してみました。
【コミPo!】「復讐」
 この話をチョイスした理由は2つ。
 第一に1ページの漫画に収められそうだったから。
 第二にループ落ちだから。
 最近はループ物のアニメや漫画が増えてきましたが、どれも時間軸ループが基本だったりします。時間軸以外の軸でループするのが逆に新鮮だったのでチョイスしてみました。
 「ようこそ地球さん」のあとがきを読むに、少なくとも昭和三十六年六月以前に書かれたショートショートのようです。

●原発事故中に読むと
 星新一作品には人類の終末を描いたものが結構ありますが、原発事故が起こっている現在読むと結構イメージが被ったりします。
 例えば「廃墟」という作品があるのですが、これが今の福島のイメージと重なったりします。人はいなくなり建物だけが残った廃墟。そこを未来のクリーチャー達が社会科見学するそんな話です。今福島は元ペットの犬達が廃墟をさまよってます。
 他にも「処刑」という作品は、水を飲むために一定確率で爆発するかもしれないボタンを押すか押さないかのジレンマが書かれてます。これが今現在起こっている放射性物質が入っているかもしれない水道水の騒動のイメージと重なります。ある確率で将来ガンで死ぬかもしれない点で。

 星新一作品は時事ネタがほとんどありません。しかし世の中の動向によってはタイムリーなネタに変化するようです。

 Amazon.co.jp: ようこそ地球さん (新潮文庫): 星 新一
 

【余談】
 4コマ以外の漫画を描くのは初めてだったりしますが、コマ割りは「孤独のグルメ」を参考にしました。
 コマ割りなどを気にして読んでみると、場面転換で横長のコマを使っていたりするんですよね。
[ 投稿者:うえぽん at 16:46 | 読んだ(星新一) | コメント(2) ]

この記事へのコメント
無題
なつかCーー

星新一は時代を超える一般性がありますよね。
未だに古くさくないですよね。
投稿者: murasaki at 2011-04-03 23:47:26
無題
新潮文庫で出ているものはとりあえず全部読み漁ろうと思ってます。
合間合間に他の作家の本も読むので達成するのはかなり先になると思いますが。
投稿者: うえぽん at 2011-04-04 07:07:44

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/14.30/archives/0000355551.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら