掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2009年03月15日
RGB→YV12の変換で発生するチラツキの軽減
 自分が作ったAviUtlのUVダウンサンプリングフィルタ(ここで公開)にはlanzosによるダウンサンプリングの機能がありますが。その機能において気づいたことがあるので書いておきます。

 百聞は一見にしかず。下のアニメーションgifを見てください。「YUV420:平均」ではオリジナルにないチラツキが発生していますが、「YUV420:lanzos3」ではそのチラツキが軽減してます。

オリジナルオリジナル(RGB)
ダウンサンプリング平均YUV420:平均
ダウンサンプリングlanczos3YUV420:lanzos3
ダウンサンプリング色差ぼかし+平均色差ぼかし+平均

 ゲーム動画では背景がスクロールしているものが多いのでこのチラツキが発生しているケースは多いのではないでしょうか。
 これはおそらく「モアレ」や「エイリアスノイズ」といった類のものだと思われます。lanzosの縮小は高周波成分を削る(ローパス)ので、このチラツキを抑制できたのではないでしょうか。
 ちなみに、色差をぼかしてから平均によるダウンサンプリングをしてもチラツキは抑止できます。しかし、エッジがだらしなくなって色がかなり褪せます(色褪せは色調補正でなんとかなりますが)。


 ここでもう一つ検証。
 ISP imaging-developers - CZPによる評価というページで紹介されているCZP (Circular Zone Plate) を用いたリサイズ品質評価を真似して、ダウンサンプリングの特性を比較検証してみます。CZPについての詳細はリンク先を見てください。

 まず下の画像はCZP画像からRGBのGreenを取り除いたものです。
改造CZPオリジナル

 これをダウンサンプリングしたらどうなるのか試してみます。

改造CZPダウンサンプリング平均YUV420:平均
改造CZPダウンサンプリングlanczos3YUV420:lanzos3

 「YUV420:平均」では何やら模様が出現してます。
 CZP画像は中心から外に行くほど高周波成分があるわけですが、高周波成分をうまく除去(ローパス)できないと模様が出現します。この残った高周波成分がモワレの原因らしいです。
 つまり「YUV420:平均」ではモアレが発生していて、そのモワレがチラツキとなっていた、ということです。

 結論:lanzosの縮小はかなり優秀。
[ 投稿者:うえぽん at 23:59 | AviUtlや画像処理 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/14.30/a13493/0000274447.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/14.30/archives/0000274447.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら