掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
 

2011年09月24日
アメリカの人工衛星が落下、人に当たる確率3200分の1
 20年前に打ち上げられ、現在は宇宙ごみとなっているアメリカの人工衛星。
 それが24日の午後には地球のどこかに落下するらしい。

 ・時事ドットコム:宇宙ごみの衛星、23日にも落下=人に当たる確率3200分の1-NASA
 ・asahi.com(朝日新聞社):24日昼から夕方に落下の可能性 人工衛星の分析続く - サイエンス

 ↓のネタをやるのは今しかない。
【コミPo】SDI

Amazon.co.jp: SEGA AGES 2500シリーズ Vol.21 SDI&カルテット ~SEGA SYSTEM 16 COLLECTION~: ゲーム
Amazon.co.jp

【関係ない話】
 GyaO!でチンプイを見ていたらこんな一場面があった。
 メルセデスベンツ770Kのミニカーを自慢しているところ。思いっきりハーケンクロイツがあるよ。
 メルセデスベンツ770K
[ 投稿者:うえぽん at 07:29 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) ]

2011年09月23日
アメリカでも光る猫
光る猫
 アメリカでも光る猫が誕生したそうな。

 ・「光る猫」誕生…下村博士の研究を応用 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 ・世界の雑記帳:遺伝子操作で「緑色に光る猫」、エイズ治療に道=米研究 - 毎日jp(毎日新聞)

 台湾で光る豚が誕生したのはもう5年も前。こういうのはいまさらな気もするが、「アメリカで」というのが重要ポイントだと思う。宗教や倫理的にこういうのをタブーにしてそうだからね。

 これだけでは詰まらないので、これをお題に2コマ漫画を描いてみた。
【コミPo】光るカラーひよこ
 青色に光るのはあまり見たことが無いから、LEDみたいに青色は難しいのかもしれない。

【関連エントリー】
 ・韓国の科学者、キムチ色に光るクローン猫をプロデュース(2007/12/15)
 ・爆薬の臭いで光る酵母を米大が開発(2007/05/09)
 ・遺伝子操作で内蔵まで光る豚、台湾で誕生(2006/01/13)

【おまけ】
 銀河鉄道999にあった光る人間の話。サブタイトルは「蛍の街」。全身光ってると美しいとされ、部分的に光るのは醜いとされる、999ではよくある差別社会。
999_「蛍の街」より
[ 投稿者:うえぽん at 15:32 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(2) ]

2011年09月14日
【4コマ】籠脱け詐欺にご注意
 エスパー魔美を見ていたら「籠脱け詐欺」というのが出てきたのですが、ネット検索しても同じ辞書から引用した辞書サイトばかりでつまらなかったので、4コマ漫画にしてみました。
【4コマ】籠脱け詐欺

 籠脱け詐欺とは、建物を利用して自分がそこの関係者かのように装い、相手を騙す詐欺。
 2004年に水戸簡裁で起こった実際の出来事を元に書きました。
 47NEWS: 水戸簡裁で職員装い詐欺 交通違反者から罰金名目で

 小説や漫画ではこれを応用したネタが結構あります。エスパー魔美もそうですが、星新一のショートショートにも建物を貸してしまった側の視点で書かれたものがあります(タイトルを書くとネタバレになるので書きませんが)。

 他の例ですが、窓の杜の講座でクロスサイトスクリプティングがネットにおける籠脱け詐欺だと説明してます。なるほどね。
 窓の杜 - 【めも理と窓太のパソコン講座】第104回:クロスサイトスクリプティングとかご抜け詐欺

【余談1】
 ネット検索のコツ。
 画像検索すると図を使ったり漫画で説明している分かりやすいサイトが見つかるので便利。
【余談2】
 漫画の吹き出しの使い方をいつもと変えてみました。
 キャラクターの後ろのレイヤーに吹き出しが来るようにしています。
 これならキャラを少し大きめに見せられるような気がします。
[ 投稿者:うえぽん at 19:18 | 自作4コマなど | コメント(0) ]

2011年09月11日
「メディアンフィルタ差分保護」を公開
 AviUtlのプラグインフィルタです。
 「とにかく高速なノイズ除去フィルタ」というのを目標に作成してみました。
 いつものところに置いてあります。

 AviUtl プラグイン フィルタ by うえぽん

 サンプル画像です。
メディアン差分のサンプル

 モスキートノイズ、シュート、リンギング、ホワイトノイズが軽減されるようです。

 仕組みは、メディアンフィルタ前後の画像で差分を取り、大きく変化しているところの処理をキャンセルするという単純なものです。
 メディアンフィルタは以前のSIMD化したのと同じ方法でやってます。
 処理速度は、回数を2回にしたのが、AviUtl標準のノイズ除去と大体同じ速度といった感じです。


 最近はデジタル化によってノイズ除去はあまり必要じゃなくなっているようですが、やっぱりあった方が良い結果が得られます。しかし、HDサイズが当たり前にもなるとノイズ処理にも時間がかかってしまい、掛けた時間が効果に見合っているとは言えません。それならと、とにかく高速化すれば多少稚拙でも時間に対して効果が見合っているということで、存在価値があるんじゃないかと作ってみました。
 「巧遅拙速」です。

【関連エントリー】
 ・メディアンフィルタをSIMD化してみた(2010/04/03)

[ 投稿者:うえぽん at 16:15 | AviUtlや画像処理 | コメント(0) ]