掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2010年08月29日
『狼と香辛料』と『ビット・トレーダ』を読んだ


 読書月間最後。
 この2つの小説の共通点は、どちらも「経済」をエッセンスにしているということ。
 文庫本の厚さはこんな感じ。
『狼と香辛料』『ビット・トレーダ』

 『狼と香辛料』については、アニメをチラッとしか見てなく、狼の耳を持った女の子(ホロ)の印象しかなかったが、どうやらライトノベルとしては珍しく経済を扱った作品ということで興味を持ち、あらすじを見て購入。
 あらすじは「ある国が自国の銀貨を密かに収集し銀の純度を下げる改鋳をしようとしているという情報を入手。それに先んじて銀貨を集めて大儲けしよう」というもの。
 銀の純度を下げたら貨幣の価値は下がってしまうわけで、そんな銀貨を大量に集めたりしたら普通は大損してしまうはず。それをどうやって儲けるというのか興味を持った次第。
 オチは書かないとして、そのままだとおっさんにしか受けなさそうな内容なのに、広い層に受けているのは賢狼ホロのおかげだなぁと思ったりします。


 『ビット・トレーダー』はあのキバヤシさんこと樹林伸の作品。ブログとかツイッターでご本人が頻繁に宣伝しいてずっと気になっていたのですが、文庫化されたというので購入しました。キバヤシさんじゃなかったらたぶん購入しなかったと思います。
 内容は株をテーマにしたサスペンス。ゼロ年代に話題になったものをうまく取り込んでます。
 印象深いセリフは「金も3億ともなれば爆弾みたいなものです」というもの。物語の中でも重要なセリフらしく、主人公は2回ぐらい思い出してます。東西冷戦時代のスパイ映画では核爆弾のスイッチを奪い合ったり、時限爆弾を残り007秒で止めたりしていたが、冷戦が終わって10年以上経つゼロ年代の今、大衆が注目する爆弾は株とか金融なのかもなぁと思ったりした。
 ちなみに、世界的な金融危機の引き金となったリーマン・ショックは2008年で、『ビット・トレーダー』の初版刊行は1年前の2007年です。


【Amazon.co.jp】
 狼と香辛料 (電撃文庫)
 ビット・トレーダー (幻冬舎文庫)

【ちょっとした話】
 24時間で募金を集める番組があるけど、経済の循環から外れてしまった銅貨やアルミ貨を収集する効能があるとも考えられる。
[ 投稿者:うえぽん at 23:07 | 読んだ | コメント(0) ]

2010年08月28日
『幼年期の終わり』を読んだ


 SF小説です。
 読んだのは光文社古典新訳文庫から出ている新訳版。
 作者のアーサー・C・クラークは2008年3月19日に亡くなっているが、この新訳版が発売されたのは亡くなる半年前。
 この新訳版は1989年に作者自らが改訂したものを元にしていて、改訂部分は第一部の一部分のみ。米ソの冷戦終結を踏まえてのことだそうな。
 原著の初版出版は1953年。さらに第一部については1950年に発表した短編『守護天使』を下敷きにしているとのことで、60年前の作品ということになる。

 以下、感想っぽいこと。
 話は三部構成になってる。
 第一部は短編を下敷きにしているだけあって、それだけでもそれなりに楽しめる。地球人類は異星人のオーヴァーロード(Over Lord)によって平和的に統治されてしまう。気になることにこのオーヴァーロードは人類にその姿かたちを見せようとしない。なぜ姿を見せようとしないのか? その姿を暴こうとするサスペンスになってる。
 第二部では時間が進んで地球人類が世代交代。コックリさん(のようなもの)をやっているのには驚いた。どうやらコックリさんのオリジナルにあたる西洋のテーブル・ターニングというものらしい。本書の《まえがき》にてクラーク氏は「この本を書いた1950年代、私は一般に超常現象と呼ばれているものの数々の証拠に心酔していた。(中略)いまでは、ほぼ完全に懐疑派に回っている」と語っているが、これを踏まえての前書きだったのかなと思ったりする。
 そして第三部は、これを映画とかで映像化するのは難しいだろうなぁと思った。「ニューアテネでもっとも目覚しく成果を上げたのは、無限の可能性を持つアニメ映画の分野だった」という部分も興味深い。エヴァンゲリオンの旧劇場版のラストは『幼年期の終わり』のこれをやりたかったのだと思ったりする。

 『幼年期の終わり』を元ネタにしたアニメ・ゲーム・漫画は結構あるので、それらに先んじて基礎知識として読んでおいて損は無いと思う。オーヴァーロード(Over Lord)という名前が出てきたら99.9%『幼年期の終わり』が元ネタ。

【Amazon.co.jp】
 幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

【余談】
 ついつい「幼年期の終わり」と最後に「に」を付けてしまう。
 たぶん『ファンタシースター 千年紀の終りに』の影響。
[ 投稿者:うえぽん at 19:24 | 読んだ | コメント(0) ]

2010年08月27日
インフォシークiswebライトが終了
 無料ホームページサービスの「インフォシークiswebライト」が2010年10月いっぱいで終了するそうな。
 iswebベーシック(有料サービス)なら今後もサービスを継続とのこと

 インフォシーク iswebライト 終了のお知らせ - インフォシーク ユーザサポートからのお知らせ - 楽天ブログ(Blog)

 お知らせから2ヶ月後に終了とは急だと思う。
 ゲーム攻略サイトやフリーソフトを配布しているところがあるけど、移行できずに消滅ってありそう。

 ところで楽天系列の COOL ONLINE も終了するのだろうか? COOL ONLINEでゲーム攻略サイトをやってるから気になる。

[ 投稿者:うえぽん at 23:07 | ウェブ | コメント(3) ]

2010年08月25日
満月をコンデジで撮影
 今日(25日)の満月は2010年で一番小さい満月だそうです。
 月が遠地点に、2010年最小の満月 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

 それと月が小さくなっているというニュース。
 月がどんどん小さくなっている? - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
 月は縮んだ!半径100mも…米チーム分析 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 どうやら瞬間的に月ブームのようなので、FUJIFILMのF200EXRで満月を撮影してみました。
 下はトリミングしただけです。
満月


 満月を撮影するのにはコツがいるようで、何も考えずに撮影するとこんな感じで明るくなってしまいます。
失敗例


 他のサイトを参考にしたり試行錯誤した結果、次のようにすればコンデジでもそれなりに撮影できるようです。

 (1) マニュアルモードにしてシャッター速度をなるべく速くする。1/1000秒とか。

 (2) 最大望遠

 (3) フォーカスを遠くにする。オートフォーカスしか選べないのなら、地上の遠くの物体や建物でフォーカスを合わせる(半押しを使う)

 (4) 月にカメラを向けてシャッターを押す

 以上でそれなりに撮影できると思います。
 機種によってはこれでも明るかったり逆に暗かったりするかもしれないので、そこはISO感度やシャッター速度で調整すると良いかもしれません。

【関係ない話】
 先週からGyaO!で『エスパー魔美』(アニメの方)の配信が開始されてるぞ。
[ 投稿者:うえぽん at 23:59 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) ]

2010年08月22日
『12月のベロニカ』を読んだ
 個人的に読書月間です。
 『12月のベロニカ』(貴子潤一郎)を読みました。2003年の作品です。

 少し前に『「修羅の門」における叙述トリック』なんてエントリーを書きましたが、叙述トリックを使ったファンタジー作品があるということで読みました。
 叙述トリックというだけで軽いネタバレになってしまいますが、この作品のどこが面白いのか他人に説明しようとすると「叙述トリックを使っている」と言うしかないのが惜しいです。

 一気に読みましたが、自分は面白いと思いました。叙述トリックを絡めた構成が素晴らしいです。第14回ファンタジア長編小説大賞の大賞受賞作品だけあって文章の品質も高いです。

 ただ、メインターゲットである中高生には地味な作品かもしれないです。中世騎士物ですが、中高生が好きそうな魔法とか人外モンスターといった超科学的なものは出てきません。
 超科学的なものは2点のみ。1つは女神の依代となった巫女(ベロニカ)は死ぬまで眠り続けなければいけないこと。もう1つは、そのベロニカを守る騎士は不老不死となるということだけです。(『3×3EYES』と『LUNAR』を合わせたみたいな設定だなと思いました)
 この物語の真の主役と言って良いキャラも「送りバントの人」って感じで玄人好みな感じもしなくは無いです。

Amazon.co.jp: 12月のベロニカ (富士見ファンタジア文庫): 貴子 潤一郎, ともぞ: 本


【おまけ】
 「ハリーポッターとオクリバントの鬼」ってこれのコラなんだな。
 バントの神様
 Amazon.co.jp:バントの神様-川相昌弘と巨人軍の物語
[ 投稿者:うえぽん at 20:30 | 読んだ | コメント(0) ]