掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2009年05月31日
「lua for aviutl」というのを作ってみました
 久しぶりにブログ更新です。しばらく更新していないと再開するのが億劫になりますね。

 本題ですが、「lua for aviutl」というのを作ってみました。いつものところにアップしてあります。
 AviUtl プラグイン フィルタ by うえぽん

 Luaは組み込み用の汎用スクリプト言語で、ゲーム開発とかTASのツールとかネトゲのbotとかで使われてます。組み込みが容易というのが面白そうなので試しにAviUtlのプラグインにしてみた次第です。

 今現在のところaviutlが提供している外部関数をあらかた組み込んでありますが、それだけで「間引きフレーム補完」と大体同じものが作れました(サンプルとして同梱してます)。

 気になる処理速度の方ですが、N099氏の「処理時間計測プラグイン」で計測してみたところ、「間引きフレーム補完」に関しては5倍〜10倍ぐらい既存のものより速かったです。
 結局、、処理時間に占めるスクリプトの実行時間は僅かで、大部分はLuaから呼ばれる画像処理の関数が占めているようです。


【ついで1】
 自分でアップしといて自分で紹介していないのはなんなんなので紹介しますが、YouTubeにガングリフォンのOPアップしました。YouTubeの画質はかなり良くなりましたね。

【ついで2】
 ニコニコ動画にレイディアントシルバーガンのオープニングをアップしました。偶然昔のセガサターンマガジンを開いたら水島精二のインタビュー記事があったんですよ。
[ 投稿者:うえぽん at 23:36 | AviUtlや画像処理 | コメント(16) | トラックバック(0) ]