掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2007年12月25日
「日本語のレトリック」を読んだ
 自分の日本語に自信がなくなってきたので「日本語のレトリック-文章表現の技法 (岩波ジュニア新書)」という本を読んでみた。

 レトリックとはいわゆる言葉の綾とか言い回しというもの。学校で習った隠喩、直喩、倒置法などがそれ。レトリックには他にも説得術や弁論術なども含むらしいが、今回読んだ本にはそういうのは書いてない。
 小説の書き方本にはレトリックをは扱ったものは少ないらしいから、「やる夫が小説家になるようです:ハムスター速報 2ろぐ」を読んで小説を書きたいと思った人におすすめかもしれない。

 とりあえずレトリックといえば下のサイトが有名だと思う。
 ふき出しのレトリック ~マンガの修辞学~
 自分はこのサイトを見てレトリックに興味を持ち、参考文献にあるもので一番安かった「日本語のレトリック」を買ってみた次第。他にも参考文献があるが、しかし、学術本ばかりなので値段設定が少し高かったりする。「レトリック事典」(佐藤信夫)にいたっては6825円もする。試しにちょっと買って読んでみようって値段じゃない。

 さて感想。
 数年前に日本語ブームがあったが、その時にこの本は発売されている。この本の著者は、日本語の特殊性ばかり誇大に宣伝されていると感じたらしく、外国語にも日本語にも備わる普遍性にも目を向けてもらおうとこの本を書いたようだ。それゆえ書籍のタイトルは「日本語の--」とあるが、「日本語にもある--」と見た方がいいかもしれない。(アマゾンのレビューにもそんなことが書いてある)

 本書では小説やエッセーの文章が多く引用されてるのだが、この点が先に挙げたふき出しのレトリックに勝っている部分だと思う。マンガからの引用だと会話文ばかりになってしまうので例文として分かり難いものも多いからね。

 気になったのは「反語法」が皮肉として紹介されていること。goo辞書で「反語」を調べてみると、第一義で修辞的疑問法、第二義で皮肉となっている。一般的には第一義の意味で使われることが多いが、この書籍では第二義の方で使われているので注意。修辞的疑問法と皮肉は全然違うもの。この本でも修辞的疑問法は別項目で扱ってる。

 この本の残念なところは、全体的に物足りないこと。岩波ジュニア新書で30個のレットリックを扱ってれば十分すぎるが、隠喩と直喩の違い(それぞれが使える場面と使えない場面など)といった深いところまでは扱ってない。


 最後に、2ちゃんねるで見つけたレトリック。「コピペのレトリック」というサイトを誰か作らないかな。
文体模写法(pastiche):特定の作家・作者の文体をまねることによって、独自の内容を盛り込む法。文体模写は文体のみを借用する。

───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)
パロディー(parody):元の有名な文章や定型パタンを茶化しながら引用する法。内容を換骨奪胎して、批判・おかしみなどを伝える。

雨デモマキガミ 風デモマキガミ 雪デモ夏ノ暑サデモマキガミ

ツネニユルフワパーマヲ保チ
欲ニマミレ 決シテ 奢ラズ

イツモウワメヅカイデ 口角ヲアゲテワラッテヰル
一日ニサプリト少シノスイーツヲタベ
アラユルコトヲ ジブンノ損得ノミヲカンジヤウニ入レテ
モテ技ヲヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ

都会ノ高級ビルノ蔭ノ 隠レ家的ナオ店ニヰテ

東ニスイーツアレバ 行ッテムサボリ
西ニイケメンアレバ 行ッテ股ヲヒラキ
南ニケータイシヤウセツアレバ 読ンデ泣キ
北ニ愛サレコーデ対決アレバ アタシモマケテラレナイトイイ

ヒトリノトキハ デアイヲサガシ
スッピンノトキハ ウツムイテオロオロアルキ

ミンナニモテ子トヨバレ
ホメラレ
アイサレ
サフイウモノニ
ナリタイヲンナタチ

スイーツ(笑)
[ 投稿者:うえぽん at 23:14 | 読んだ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月14日
2つのテキストの類似度測定(&文字数カウント)
文章A:

文章B:

 含まないもの 改行 半角空白 タブ

 文章Aと文章Bの類似度(引用度)を測定しつつ、文字カウントします。

 下のブログで紹介されているアルゴリズムを元にJavaScript作りました。
 livedoor Developers Blog:String::Trigram でテキストの類似度を測る

 「類似度」といっても正確には反対側の文章からどれくらい引用しているか測定しているだけなので、表記上は「引用度」としています。
 こんなのを作って何ですが、このスクリプトが何の役に立つか分からず作りました。文字カウント機能もついているので、他の文字カウントサイト程度には使えると思います。
[ 投稿者:うえぽん at 22:20 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月11日
アマゾンのポイントが有効になる時間が早くなった
 この前アマゾンで新書や文庫を買物したら、数日もしないうちにそれのポイントが有効になっていた。どうやら、12月4日から配送直後にポイントが有効になるようになったらしい。ただし、代金引換だと15日かかるとのこと。

 今までは二ヶ月ぐらいかかっていたので大きな進歩。やっと普通のポイント制になった。

【余談】
 アマゾンは「密林」と通称されるが、密林はジャングルじゃないのかな。
[ 投稿者:うえぽん at 22:34 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月06日
選択したテキストをJavaScriptのコードとして実行するブックマークレット
 ブログなんかでJavaScriptのコードを貼り付けてるのがあるが、それをテキスト選択すると実行できるブックマークレットを作ってみた。

 テキスト選択したJavaScriptのコードを実行

 選択テキストを取得してevalで実行しているだけです。一応、try-catchでエラーメッセージも表示させてます。テキストボックスの中のテキストも選択すれば実行できるので、ブログにコードが貼ってある場合はコメント欄のテキストボックスでコードを弄ってその場で実行できたりします。

 下は実験用。
alert('Hello world');

for (var i=1,sum=0; i<=10; i++) sum += i;alert('1-10の合計は\n' + sum);

alert('このページの更新日時は\n' + document.lastModified);
 一応、似たようなブックマークレットがないかググってみたが見つからなかった。まあ、firefoxのアドオンで似たようなのがありそうだもんね。
 作ってみて気付いたが、このブックマークレットが活用できるページは意外と少なかったりする。

【関係ない余談】
 たまにある空の宝箱はミミックの死骸なんだって。
[ 投稿者:うえぽん at 22:58 | ブックマークレット | コメント(0) | トラックバック(0) ]