掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2006年08月25日
冥王星を惑星から除外、太陽系惑星は8個 正式採決
 チェコで国際天文学連合(IAU)総会が開かれていたが、24日の採決で、冥王星を惑星から格下げして、太陽系の惑星を8個とする最終決議案が採択されたそうな。
 これから冥王星は「dwarf planet(ドワーフ惑星)」というジャンルに属することになるとのこと。ドワーフ惑星の日本語訳は今のところ「矮小惑星」と「矮惑星」の2つがある。

 採決された惑星の新しい定義は次の3つを満たすものだとか。
 (1)太陽を周回してる
 (2)自分の重力で固まって球状をしている
 (3)その天体が軌道周辺で圧倒的に大きい

【ニュースソース】
 ・[朝日新聞]冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義
 ・[読売新聞]冥王星は格下げ・惑星は8個、国際天文学連合が採択
 ・[産経新聞]冥王星が“降格” 太陽系惑星8個に
 ・[CNN.co.jp]冥王星を太陽系の惑星から除外 国際天文学連合が採決
 ・[Yahoo! News]Dinky Pluto loses its status as planet(AP)

 ちょっと前に惑星を12個に増やす案が提出されたというニュースがあったけど(その時のエントリー)、アメリカ発見の惑星を増やそうとしていると思われたんだろうね。結局、反発を食らって冥王星が惑星から除外されたと。
 まあ、冥王星は以前から周回軌道がおかしかったりと惑星じゃないという意見が多かったが。

【関連エントリー】
 ・太陽系の惑星、12個に増加か(2006/08/17)
 ・暫定太陽系10番目の惑星、大きさは冥王星の1.3倍…ボン大観測(2006/02/02)
 ・太陽系「暫定」第10惑星に月発見(2005/10/14)
 ・新惑星発見? 「太陽系第10惑星」になるかは議論の余地あり(2005/08/04)

【余談】
 「猥惑星」という新ジャンルが誕生したわけだな。
[ 投稿者:うえぽん at 18:03 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年08月21日
「ワニは魚」、オーストラリアで議決
 オーストラリアで「ワニは魚である」とする新案が国会に提出され、このたび承認されたそうな。
 なんでも、ワニを含めた魚の輸出管理をより広い範囲で行えるようにするためだとか。2006年度の輸出管理・検疫法案にも明記されるとのこと。

 一応、辞書では今まで通り「ワニは爬虫類」とされるらしい。

【ニュースソース】
 ・[エキサイトニュース]「ワニは魚である」、オーストラリア議会で決定(ロイター)
 ・[Reuters.com]Lawmakers ponder the meaning of fish(ロイター)

【余談】
 ワニといったらパリッシュをつい思い出してしまう。(ラリー・パリッシュ - Wikipedia
[ 投稿者:うえぽん at 18:00 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) ]

2006年08月20日
ファンタシースター、ネロ兄さんの右手
 18年間疑問に思っていたのだが、下の画像のネロ兄さんの右手は何かおかしくないだろうか。
ネロ

 拡大してよくみれば分かるが、アリサが右手首を握っていたりする。しかし、それでも何かおかしい。
ネロ拡大


 で、最近になってやっと何がおかしいのか判明した。右手の遠近感が狂っていたのだ。いわゆる異次元画像というもの。一応修正したのが下の画像。疑問が解けるのに18年も掛かってしまいました。
ネロ修正


 ちなみに発売日が延び延びだった「ファンタシースターユニバース」が今月の末に発売らしい。

【余談】
 「カイゲンレイ ガ シカレテイル」と聞いて、カイゲンレイは床のタイルだと思ってました。
[ 投稿者:うえぽん at 18:04 | ファンタシースター | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年08月17日
太陽系の惑星、12個に増加か
 国際天文学連合の総会で、惑星の定義を変更する案が出ているそうな。採決は24日で、もしこの案が通ると太陽系の惑星は一気に3個増えて12個になる。

 新定義の案では、次の2つの条件を満たすのを惑星とするとのこと。
 (1)天体が自ら球状の形を維持できる重力をもつ。
 (2)太陽のような恒星を周回している天体で、恒星や、惑星の衛星ではない。

 で、この定義によって惑星に昇格する可能性があるのは次の3つ。
 ・「セレス」(火星と木星の間にある)
 ・「カロン」(冥王星との二重惑星かもしれない天体)
 ・「ゼナ」(去年噂になっていた第10惑星)

【ニュースソース】
 ・[読売新聞]太陽系惑星9個→12個へ、惑星の定義変更案を公表
 ・[朝日新聞]太陽系の惑星、一気に3個増か 国際天文学連合が新定義
 ・[アストロアーツ]「惑星」の定義の原案、公開へ

 冥王星は惑星じゃないという議論が以前からあったけど、いっそうのこと惑星の定義を変更して惑星にしちゃおうと魂胆なんだろうね。
 ちなみに、2003年の12月に発見されたセドナは、新定義でも惑星にはならないらしい。

【関連エントリー】
 ・暫定太陽系10番目の惑星、大きさは冥王星の1.3倍…ボン大観測(2006/02/02)
 ・太陽系「暫定」第10惑星に月発見(2005/10/14)
 ・新惑星発見? 「太陽系第10惑星」になるかは議論の余地あり(2005/08/04)

【余談】
 冥王星が二重惑星というのはカッコイイと思う。
[ 投稿者:うえぽん at 17:42 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年08月15日
アポロ11号のオリジナル映像テープ紛失か?
 アポロ11号の活動を記録したオリジナル映像テープが行方不明になっていることが14日に分かったそうな。

 磁気テープには、1969年7月30日にアームストロング船長らが人類初の月面着陸した映像などが収められているとのこと。

 NASAは「全データを他の媒体にを保存してあるので心配無用」としているらしい。

【ニュースソース】
 ・[朝日新聞]アポロ11号の歴史的映像、原本が行方不明
 ・[日刊スポーツ]アポロ11号月面着陸時のテープ不明に
 ・[CNN.co.jp]活動記録のテープ紛失、人類初の月面着陸のアポロ11号(ロイター)
 ・[エキサイトニュース]人類初の月面着陸記録が行方不明(ロイター)
 ・[livedoor ニュース]NASA、月着陸画像の原版などアポロ計画の資料を多数紛失(ロイター)
 ・[Reuters.com]NASA can't find original tape of moon landing(ロイター英文)

 「アポロの月面着陸はなかった」という説があるけど、ひょっとしたらひょっとするのかな?
 「人類は月に行っていない」に関しては下の反論記事が詳しい。
 ・人類は月に行っていない!? - 月探査情報ステーション

【関連エントリー】
 ・アポロ11号、ボールペンで助かる(2006/07/25)
 ・NASA公式サイトに「一方ロシアは鉛筆を使った」の真相(2006/04/10)

【余談】
 オリジナルはNASAではなくハリウッドというトンデモ説も。
[ 投稿者:うえぽん at 19:33 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]