掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
 

2006年06月20日
孔雀が給油機に求愛…イギリス
 イギリスのブライアリにあるガソリンスタンドで、一羽のオスの孔雀(クジャク)が給油機に向かってご自慢の羽を広げて求愛する珍現象が発生しているそうな。
 この行動は3年前から行われており、1年のうち発情期である3ヶ月間に1日18時間もたゆまなく実行されているらしい。

 鳥類学者の見解では、給油時に出る音がメスが発情期にオスを呼ぶ声に似ており、この音を求愛の声と勘違いしているのではないか、としている。

 飼い主のホースマンさんによれば、この孔雀の兄弟2羽もおかしく、1羽は猫に夢中になり、もう一羽は庭園灯と交尾しようとしていたそうだ。

【ニュースソース】
 ・[goo ニュース]給油音は求愛の声?=クジャクがガソリンスタンドに日参(時事=AFP)
 ・[Times Online]Doting peacock woos fuel pump
 ・[Yahoo! News]Peacock on the pull at the petrol pumps(AFP英文)
[ 投稿者:うえぽん at 17:46 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]