掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2005年12月22日
口が2つあるサカナ釣り上げられる…米ネブラスカ州
口が2つあるサカナ
 先週末、アメリカのネブラスカ州にあるホームズ湖で、口が2つある魚(ニジマス)が釣り上げられたそうな。(上の画像)

 釣り上げたのは Clarence Olberdingさん(57歳)。フックを外そうとしたときに、顎の下にも口があるのに気づいたとか。

 ネブラスカ州の漁業師団の代表 Don Gabelhouse氏は「おそらく遺伝子異常による畸形でしょう。それ以外考えられない」と言っている。また、下のお口は機能していないように見えたとも言う。

 さらに代表曰く「スモークして食べるつもりだ」とのこと。つまり標本にするつもりはないらしい。

【ニュースソース】
 ・[Yahoo! News]Double-Mouthed Fish Pulled From Neb. Lake(AP英文)
 以下追加
 ・[livedoor ニュース] 口が2つあるニジマス、釣り上げられる=米ネブラスカ州(APより)

【減らず口】
 ニジマスと断定するのは早すぎる。もしかしたら宇宙からやってきたヘラズグチ星人かもしれない。もちろん人間よりも「利口」と。
[ 投稿者:うえぽん at 12:25 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月21日
70歳の郵便局強盗、25万円分の硬貨によろけて逮捕
 ロイターによると、逃走しようとした70歳の強盗が、25万円分の硬貨(重さ10キログラム)の重さによろけ、逮捕される事件があったそうな。

 事件は、先週の金曜日、日本の埼玉県川越市(東京の少し北)の郵便局で発生。押入った70歳の男が、床に液体を撒き、点火させて爆発させると脅迫し、金銭を要求。局員は、男が差し出した紙袋に硬貨で25万円分(重さ10Kg)を詰め込んだ。

 男は逃走しようとしたが、紙袋が破れ、お金を拾おうとしてよろけたところを取り押さえられてしまったとのこと。

 川越署の取り調べによると、借金の返済に困った末の犯行だったそうだ。

【ニュースソース】
 ・[Exciteニュース]70歳の郵便局強盗、小銭の重みによろけて逮捕(ロイター)
 ・[朝日新聞]郵便強盗、硬貨25万円分入った紙袋が破れ御用(ロイター)
 ・[Yahoo! News]Weighty loot trips up geriatric thief(REUTERS)

【余談】
 国内ニュースなのにロイター(イギリス)発とはこれいかに。
[ 投稿者:うえぽん at 16:15 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) ]

2005年12月20日
ハッピーニュース限定サイト…アメリカ
 AP通信によると、明るい話題だけを集めたニュースサイト「HappyNews.com」が、そこそこの人気を集めているそうな。

 例えば、米主要紙がトップで「イラクで爆弾事件、米海兵隊員10人死亡」と報じていいるとき、ハッピーニュースのトップは「迷子の猫エミリー、無事帰還へ」(当ブログの関連エントリー)といった具合。
 ハッピーニュースの掲載基準は、「読者のうち5%が反感を示すとみられる記事は排除」というもの。この基準に従うと政治記事はほとんど落ちてしまうようだ。

 このサイトの常連さんによると、「どこを見ても悲しい出来事ばかりが目につくけれど、このサイトのおかげで世の中も捨てたものじゃないという気持ちになれる」とのこと。

 ただやり過ぎだと思うのは、スポーツニュースは「一方が勝つと一方が負ける」という理由で除外されがちなこと。
 アメリカには「負けの美学」がないんだろうね。

【関連】
 ・HappyNews.com - All The News That's Fun To Print

【ニュースソース】
 ・[CNN.co.jp]「ハッピー・ニュース」限定のサイトに静かな人気(AP和文)
 ・[Yahoo! News]Web Site Takes a Happy Approach to News(AP英文)
[ 投稿者:うえぽん at 16:31 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) ]

2005年12月19日
タイヤキは温かい方が美味しい、細胞レベルで解明される
 昔から「温めた方が甘味が増す」と言われているが、この原因になる舌のたんぱく質が特定されたそうだ。

 特定したのは、九州大の二ノ宮裕三教授(口腔生理学)らと、ベルギー、米国の研究チーム。研究チームは、舌の味蕾と神経の中継役のたんぱく質「TRPM5」に注目。

 マウスを使って実験してみると、温度が高いほど TRPM5の働きが強まり、甘みに対しての感度が高まった。しかし、甘み以外の味覚(うまみ、酸味、塩味、苦み)に関しては高まることがなかったとのこと。
 つまり、温めるとTRPM5が活発に働き、甘みだけの感度が増すということだ。

 一応、ネイチャーの論文はこのページらしいが、ネイチャーを購読していないと読めないようだ。

【参考ニュースソース】
 ・[朝日新聞]「冷やすと甘くない」舌のたんぱく質特定 九大教授ら
 ・[読売新聞]甘さの秘密、ようやく科学的に解明…日本の研究チーム

 日本には昔から、おしるこ、タイヤキ、きんつば、今川焼き、というように温かくて甘い食べ物が多い。これは貴重だった甘味料を最大限に味わう工夫。
 でも最近の清涼飲用水のような冷たい飲み物は、冷たいために甘味が弱くなるので、大量の甘味料が投入されるている。あったかいコーラなんて甘ったるくて飲めないよ。
[ 投稿者:うえぽん at 08:10 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月15日
Google、サーバー代よりも電気代かさむ見通し
 「消費電力あたりのパフォーマンスが今後改善されないと、電気代がハードウェアのコストを大幅に上回る可能性がある」と、Googleのエンジニア Luiz Andre Barroso氏が9月に発表した論文「Association for Computing Machinery's Queue」で述べているそうな。
 Barroso氏は以前、Digital Equipment Corp.(DEC)でプロセッサを設計していたこともある人物でもある。

 消費電力の問題は以前から囁かれてきたが、数千台ものサーバを動かしているGoogleが真っ先にこの問題に直面したということだろう。

【ニュースソース】
 ・[CNET Japan]「電気代がサーバ本体よりも高くなる」--グーグルエンジニアが警告

【余談】
 コンピュータの廃熱で熱帯魚とか飼えそうだよね。
[ 投稿者:うえぽん at 16:13 | ウェブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]