掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース

2005年11月30日
キスのあとピーナッツアレルギーで15歳少女死亡
 カナダ・ケベック州に住む15歳の少女が、ボーイフレンドとキスした直後に、ピーナッツアレルギーによるショック症状により死亡する事件があったそうな。
 死亡した少女は重度のピーナッツ・アレルギーで、ボーイフレンドはピーナッツバターのスナックを食べたあとだったとのこと。


 ピーナッツアレルギーについて調べてみると、アレルギー反応は落花生の殻でも発作を起すようだ(参考にしたページ)。
 最近は、節分の豆まきに殻付きの落花生を使うそうで、学校行事で落花生をまいて大惨事なんてのがあるとのこと。自治体その他の行事の際は注意が必要だね。
 食物アレルギーは他にも、卵、乳製品、小麦、ソバなどがある。ソバは意外にもクレープの皮なんかにも使うから要注意。

【ニュースソース】
 ・[livedoorニュース]15歳少女を死に追いやった「恐怖のキス」=カナダ(AP伝聞)
 ・[CNN.co.jp]ピーナツ・アレルギーの少女、恋人とキス後に死亡(CNN/AP)
 ・[Yahoo! News]Teen With Peanut Allergy Dies After Kiss(AP英文)
 ・[CBC.ca]Kiss may have been fatal for teen with nut allergy(カナダ)
 ・[CTV.ca]Teenager with peanut allergy dies after a kiss(カナダ)

【参考にしたページ】
 ・ピーナッツアレルギーの事例
 ・食物アレルギー - Wikipedia

【TB送らせて頂きます】
 ・AZOZ: 「ボーイフレンドのキス」が死因?15歳少女亡くなる

【余談】
 そもそも15歳でキスするのは早すぎる。
[ 投稿者:うえぽん at 16:45 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]

サルにも「方言」がある…京都大霊長類研究所の調査
 サルにも方言があることを、京都大霊長類研究所の正高信男教授が突き止めたそうな。

 調査で比較したのは、鹿児島県の屋久島に生息する群れと、1956年に屋久島から強制連行された愛知県・大平山の群れ。
 調査期間は、1990年から2000年かけてで、3世代に渡っている。

 で、互いの居場所を確認する際の「クー」という鳴き声の音程が、平均して以下の通りだったとのこと。
 屋久島:780ヘルツ(1つ高い「ソ」の音ぐらい)
 大平山:670ヘルツ(1つ高い「ミ」の音ぐらい)

 しかし、このような傾向が出るのは生後9ヶ月以降になってから。
 屋久島のサルは、樹木が多く低音が伝わりにくい環境のために、音程が高くなったと推測されるとのこと。


 言葉を喋らない猿だけ、これだけでも方言と呼べらしい。

【関連サイト】
 ・京都大学霊長類研究所

【ニュースソース】
 ・[読売新聞]サルにも“方言”…環境に応じて変化
 ・[朝日新聞]猿にも「方言」 住環境で鳴き声の音程変化 京大研究所
 ・[日本経済新聞]言語のルーツはサルの鳴き声・京大霊長類研が“証拠”発見

【余談】
 「--じゃんか」という方言を使うのはドラえもんと伊集院光ぐらい。
[ 投稿者:うえぽん at 16:41 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月29日
半年間飲まず食わず瞑想の少年、ネパールで話題…でも夜はカーテンの向こう
瞑想する少年
 ネパールで、6ヶ月間飲まず食わずで瞑想中の15歳の少年ラム・バハダー・バンジャン(Ram Bahadur Bamjon)が話題になっているそうな。
 一部でブッダの生まれ変わりと信じられているようで、少年が座禅を組んでいる菩提樹へは、10万人もの人々が訪れているとのこと。

 しかし、信者たちは50メートル離れたところからしか眺めることができず、しかも夜間はカーテンが引かれて彼を見ることはできなかったりする。

 これはTRICKですな。

 [続報:2006/03/17]
 ブッダ化身の16歳少年が行方不明…ネパール

【ニュースソース】
 ・[Exciteニュース]ブッダの生まれ変わり? 謎の少年に10万人が注目 ネパール(ロイター和文)
 ・[Exciteニュース]瞑想続ける「釈迦の化身」少年の謎究明へ=ネパール当局(ロイター和文)
 ・[Yahoo! News]Nepal to probe mystery 'Buddha' boy(ロイター英文)
 ・[Yahoo! News]Nepal Boy Called Reincarnation of Buddha(AP英文)

【余談】
 これが本当の「ベールの向こう」。
[ 投稿者:うえぽん at 16:25 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2005年11月28日
SF1神々の遺産 超最小メンバー攻略 第8章(最終章)
 「シャイニング・フォース神々の遺産」超最小メンバー攻略の第8章プレイ日記。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:うえぽん at 07:42 | シャイニング・フォース | コメント(15) | トラックバック(0) ]

2005年11月24日
アインシュタイン対ニュートン、ニュートンに軍配…英王立協会集計
 アインシュタインとニュートン、どちらが科学および人類に対してより大きな衝撃を与えたか。英王立協会が世論調査を行ったところ、ニュートンに軍配があがったそうな。

 調査対象は、一般人1300人と、王立協会メンバーの科学者345人を別個に行うもの。質問では、2人の科学者について、それぞれの時代の状況下での「科学への貢献度」、「人類への貢献度」などを訊ねている。

 その結果、すべての項目においてニュートンが上回ったとのこと。アインシュタインが健闘したのは、一般人調査で「人類への貢献度」が、ニュートン支持 50.1%、アインシュタイン 49.9%で肉薄したぐらいだそうな。


 まあ、イギリス人相手に調査したら同じイギリス人のニュートンが上回るだろうね。ニュートンは英王立協会の大先輩なわけだし。

【ニュースソース】
 ・[goo ニュース]ニュートンに軍配=科学への貢献度、アインシュタインと比較-英
 ・[Yahoo! News]Newton more important than Einstein: poll

 ちなみに、ニュートンのリンゴの木は日本中あちらこちらに生えているそうな。
 ・ニュートンのリンゴの木がやたらと生えている | Excite エキサイト : ニュース

【余談】
 ニュートンがリンゴを見て思ったのは、正確には「リンゴは落下するのに、月が落ちてこないのはなんでだろう?」らしい。
 もしかしたら、空が落ちてこないかと杞憂した杞の国の人は偉人だね。
[ 投稿者:うえぽん at 16:46 | 特命リサーチ200Xっぽいの | コメント(0) | トラックバック(0) ]