掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
 

2005年04月27日
JavaScriptでクリップボードを覗かれる危険性
 InternetExploerではJavaScriptを使ってクリップボードからのコピー&ペーストができてしまう。
 悪用されるとクリップボードの中身を盗み見ることができてしまうので、注意が必要。
 この機能を必要としない人は、セキュリティ設定の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を無効化しておくこと。せめて「ダイアログで表示する」にしておきたい。

 とはいえ、クリップボードをいじれたりするのはツールとして利用するには結構便利な機能だ。例えば、ページ上の特定リンクを抽出してクリップボードにコピーするなんていうのがJavaScriptのブックマークレットとして簡単に実現できてしまう。

 以下のようにすれば、クリップボードに適当な文字を追加するなんて悪さができる。
s = window.clipboardData.getData('Text');
s += '\nえんがちょ';
window.clipboardData.setData('Text', s);

【参考ページ】
JavaScript Reference: clipboardData

【Amazon関連書籍】
JavaScriptポケットリファレンス
JavaScript & DHTMLクックブック-Webエキスパート必携テクニック集
「JavaScript」検索結果
[ 投稿者:うえぽん at 07:04 | ウェブ | コメント(0) | トラックバック(0) ]