掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

お知らせ
初めての人も、楽しみながら気がつくと新しい色々な料理を食べて満足してもらえるメニューをお店に提案しています。題して誰でも中華の達人 一緒にやってくれる仲間を募集中です。(面白そう!という方なら誰でもOK)

イタリア旅行記をアップしました。こちらからご覧ください。
上海出張もアップしました。こちらからご覧ください。

07年のステージ
2月24日(土) MGNY 北村協一先生追悼コンサート
6月30日(土) NYMC 東京都合唱祭
東京セイントアカデミー合唱団
7月22日(日) チャリティーコンサート カトリック築地教会
8月15日(水) イタリア・ラベンナ サンジョバンニ教会
8月16日(木) 音楽祭「アペニン山脈の声とオルガン」 イタリア・ポレッタ市
10月13日(土) 18:00開演 定期演奏会 トッパンホール
12月1日(土) NYMC ファミリーパーティー
12月15日(土) NYMC キャロリング

08年のステージ
7月19日(土)NYMC Japan 東京都合唱祭 ゆうぽうと簡易保険ホール
11月9日(日)東京セイントアカデミー合唱団定期演奏会 カザルスホール
11月23日(日)NYMC Japan 東京都男声合唱フェスティバル 浜離宮朝日ホール
12月20日(土) NYMC キャロリング

ブログ内検索


2005年09月25日
情報の価値
ここ1年以上考え続けていることがある。「情報の価値」
情報の価値ってなんだろう?
実は、中華料理のホームページをやっていてトラブルになった事がなんどかある。
不正確な情報を書いてしまって店の抗議を受けたこと。

営業妨害だと言われた事もある。

情報の価値ってなんだろう?
サイトを見て、同じレストランに行って、同じように頼めば、同じように楽しめるだろうか?

そんな事はない。情報はそんな浅いものではない。
たとえ、同じ店に行って同じ物を頼んでも、季節によっては決してそれが正解ではない。
また、品切れの場合はどうだろうか?
実は、そこから会話が始まる。
私の場合など、まだまだなので、会話の中から店に教えてもらうことが多い。

食は個性だと思う。
同じ店に行っても、行くメンバーによって料理は当然変わる。職場の上司を連れて行って、白飯に合う料理ばかりを頼んでしまって、叱られたことがある。
飲みに行っているのに、食事では困る訳だ。

これだけ奥が深い食の世界。
では、伝えきれないのに、なぜこんなサイトを作っているのか?

実は、私自身はこれによって、人との繋がりが広がることを期待している。実際、このサイトを通じてずいぶん多くの方々と知り合いになれた。一緒に食事をした方もいれば、メールだけの方、掲示板だけの方もいるが、私にとって貴重な財産。

ただ、食の掲示板をご覧になるとすぐにわかる事がある。
ほとんどの質問が、「おいしい店を教えてください!」
「おいしい料理」でもなく、「どんなメンバー」かもなく、もちろん「どんな味覚」かもなく、ただ、「おいしい店」

ガイドブックも然り。
「オススメの店」のオンパレード。
「裏メニュー」や「裏情報」という文字に煽られて、押しかける人達。
ガイドブックに載ったおかげで、店が荒れてしまったと嘆く声を聞いたことがある。

こんな情報に群がる人たちがいる限り、こんな情報がお金になる限り、確かに情報公開は罪かもしれない。

もっと情報を味わって欲しいと思う。
もっとコミュニケーションを取って欲しいと思う。

そんな人が一人でも増えて欲しいと思って、サイトを続けている。


[ 投稿者:タムタム at 22:07 | 雑記 | コメント(5) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
ども
ご無沙汰しています。
情報に関するこの種の問題はかなり以前からあちこちで議論されていますが、まあ皆が納得する形での回答はないでしょうね。不特定多数に向けて発信されるネットや活字による情報はその受け手のレベル(下品な言い方ですが)を制限できませんからねぇ。(^^ゞそうなるとクローズの環境でチンマリやるしかないかな。
投稿者: 亀吉 at 2005-09-28 10:39:49
それでも情報発信を続けたい
同業者?として少しコメントをさせて下さい。
ウチはブログで地元の気に入った食べ物を紹介することはありますが、本編で扱っているのは香港のレストランばかりです。
そのためか、幸いにして書いている内容にクレームがつくことはまずありません。
そこへ行った時の印象はボロクソに書いても、レストランガイドではよいところはちゃんと紹介するように気を配っています。
読み物としてはボロクソに書いた方が面白いのですが、ある一面だけをとらえて全てを評価してしまうことの危険性を感じているからです。
ですから「一期一会」という名目で、一回だけの訪問で評価しようということもしていません。

実際、サイトに訪問される方はいろいろですね。
「おいしい店」という質問の多さには私たちも閉口し、Q&Aでしっかりと書かさせてもらったのと、星の多いおすすめの店を明示したことで、その種の質問はほとんどなくなりました。
「ここの管理人は恐いから質問はやめておこう」なんて思われているのかも知れませんが…。
投稿者: Ham at 2005-09-28 21:59:58
亀吉さん、ご無沙汰しています。
そうなんですよね。

私も人の価値観をどうこう言うつもりは全くなく、当然に尊重しているつもりなのですが、時に誤解を招いて辛い思いをしたりします。
投稿者: タムタム at 2005-09-29 01:44:49
Hamさん、ありがとうございます
私は店の評価はしないようにしています。恐らく、個性が異なるだけでしょうから。

店から叱られた時は、実はほめたつもりだったのですが、言われて読んでみると怒るのも無理はないなという表現でした。
投稿者: タムタム at 2005-09-29 01:49:38
誰でも中華の達人について
面白そうだからしてみたいです、どうすればいいですか?日本人です。
投稿者: chu zhiming at 2011-03-18 21:15:51

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/13.35/a00011/0000078991.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/13.35/archives/0000078991.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 8 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら