掲示板お問い合わせランダムジャンプ


2012年10月20日
心に迫る本
蓮池氏

北朝鮮による拉致被害者の一人 蓮池薫氏の本
「 拉致と決断 」 を読みました
大学3年の時に突然拉致され 言葉も分からない異国での
不自由、心身ともに不自由な生活を送らさせられた蓮池さん
我が息子たちの 大学から社会人になっていく姿を思い出すと
比べるのも失礼になるような常に緊張していなければならない
生活
大切な家族を守るために苦労を重ねていく様子が描かれていて
一気に読んでしまいました
そして あれから もう10年も経ってしまったのに何の進展もない
今の有様に 同じ日本人として 申し訳ない気持ちになります
まだ 残っている方々を 何とかして救い出さなければならないのに
今の 政治の体たらく
本当に 情けなくなります
それにしても 何とかしなければいけない、 と 強く思います

余談ながら この本の前に読んだ 井沢元彦氏の「逆説の日本史・古代黎明編」は つまらなかった・・・・


[ 投稿者:saban at 11:30 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
情報はやいですね
まだ読んでいないので興味深く拝見しました
このところ外国のミステリーばかりです そのうち手に取ってみたいです
早速お気に入りを変更してくださってありがとうございます
投稿者: maikailoa at 2012-10-22 07:53:28
ぜひ読んでいただきたいです
喜んだのもつかの間で 早くも10年が経ってしまったことに驚くと同時に申し訳なさでいっぱいになります
是非 被害者の方々の声を聞いてなんとかできる限りの支援をしたいと思います
投稿者: saban at 2012-10-22 15:11:35

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/12.03/a11697/0000400054.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/12.03/archives/0000400054.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら