掲示板お問い合わせランダムジャンプ


2013年04月30日
今度は歴史小説
simoten

阿部龍太郎氏の 「 下天を謀る 」

書評に 元首相の小泉純一郎氏が 「実に面白い」言っているのが書かれていたので つい 買ってしまいました
私も 結構 ミーハー??
まだ 読み始めたばかりで
藤堂高虎が主人公で 長久手の戦いの後の場面から始まっているけれど 
なかなか面白いので 読みやすいのも加えて 
直ぐに第二章まで来てしまった
上巻 下巻 とあるけれど 読み進むのが楽しみ

[ 投稿者:saban at 17:01 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年04月27日
はとバスに乗って
15

14


国会議事堂見学 と スカイツリー のハトバスツアーに参加しました

先ず 驚いたのが 東京駅の変貌!
横須賀線に乗る時も 新幹線に乗る時も 外には出ないし、、、でびっくり
ハトバスの乗り場がある 丸の内南口に出るのも一苦労でした

最初は 国会議事堂の見学
遠い昔 中学生の時に来て以来。
こんなに立派だったかしら?? と 感心してしまいました
子供と 大人では 見るところ 感じるところが本当に違うのだわ

次は 赤坂東急ホテルで ランチ
これは 期待していなかったとおり 可も無し不可もなし
まぁ 仲良しグループでゆっくりと座ってお喋りしながら
ランチ出来たので 好し

いよいよ スカイツリーへ
前々からの天気予報で 相当荒れると言われていたので
もしかしたら 登れません・・・でしたが 無事エレベーターに
乗れて。
快晴の中の東京の街、 とはいかなかったけれど 曇っていても
十分に見られたし 天気予報のおかげか ゴールデンウィークの
前の空いている時期だったせいか
エレベーターの待ち時間も大したことはなかったし
展望回廊もゆっくりと歩いて 好きなだけ外を見られたし
途中 ベンチに座って居ることもできたし
多分 最初で最後のスカイツリーも 十分楽しめ 
結局傘をさすこともなく 快適な一日になりました\(^o^)/

[ 投稿者:saban at 14:21 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年04月22日
古希祝が続いて
DCIM0898

なにしろ 70歳ですから!
息子たちに続いて 姉妹、友人も古希祝のランチを (^_^;)

姉妹とは毎年恒例のお墓参りとフォーシーズンのみゆきでランチ
毎年 いつまでお祝いできるかしらねぇ・・・と言いながら・・・
どれも美味しくいただいて。
友人とは 茅ヶ崎の ラ・ターブル・ド・トリウミ でランチ。
こちらもとても美味しかったです

ハッピー!ハッピー!の両日のはずなのですが
その前から 頭痛が酷くて ロキソニンを飲みながらのランチになってしまいました
頭痛を抑えて ニコニコしているのはちょっと辛かったです(^_^;)

症状を聞いた姉が 「それは帯状疱疹だわ」 で 帰宅途中にクリニックに。
ピンポ〜ン!でした
次の日からの その痛かったのなんのって・・・
3月は坐骨神経痛で痛い目にあって
4月は帯状疱疹で またまた痛い目に・・・
私の70才は痛みで始まってしまいましたわ・・・(>・<)

新聞のおすすめ本だった 角田光代作「ツリーハウス」
読み始めは 中華料理店を営むなんだか変な家族の話で
ちょっとがっかりだったけれど 
読み進むにしたがって 面白くなってきた。
考えてみると 丁度 私が生きてきた時代の話なんだわ
さんざん 見聞きした事柄が出てきて 
自分は大した苦労もなく生きてきてしまったけれど
世の中は結構大変だったんだなぁ・・・なんて思ったりして

この年になってまたまた 両親に感謝です
[ 投稿者:saban at 15:35 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年04月14日
日輪の賦
日輪

澤田瞳子氏の「日輪の賦」を読みました
大化の改新の後、大宝律令を制定する時の話で 
従来の権利を守りたい豪族たちと新しい時代を作らねばと言う考えの
持統天皇の争いと言うより 葛藤を描いた話
現代では考えられない複雑に入り組む家系図を照らし合わせながら 
面白くて一気に読んでしまった
そして 今更ながらに思うのが

無知な私が あれ?これは? と思うと直ぐに答えを出してくれる
パソコン、スマホ って 本当に便利!
[ 投稿者:saban at 10:04 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年04月07日
幸せな一日
古希のお祝い

荒れ模様が続いています
それにしても ひどい風!
稲村ケ崎のロンディーノ で 息子の家族が私の古希のお祝いの
食事会をしてくれました
雨が止んでくれたのでほっとしましたが
それにしても暴風・・
さすがの稲村ケ崎の海も サーファーの姿は無し。

美味しいランチを頂いて 心のこもった寄せ書きと
バースデー・カードを頂いて
おまけに花束まで頂いて・・・
最高の古希のお祝いでした
[ 投稿者:saban at 17:07 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2013年04月01日
兵士は起つ 自衛隊史上最大の作戦
兵士

杉山隆男氏の 「兵士は起つ」 を読みました
一言でいえば 「 よくぞ書いてくださった 」 です

東日本大震災 から もう2年も経ってしまったのだ と改めて感じます

あの今までに経験したこともない揺れに驚き
やっと 停電が終わって 夜8時半ごろにテレビに映し出される
津波の映像に ただただ仰天してしまい 目が離せなくなってしまった時
を 思い出しました

私が 津波の映像に仰天してしまって何も手に付かなくなってしまったころ
既に 自衛隊の隊員たちは 日頃の訓練を生かして 
困難な状況下、其々の基地に集合して 
直ぐに 救援活動に散って行ったこと・・
その集合途中に津波に呑まれながらも 一緒に流されていく人を助け、
やっと泳ぎ着いた場所にも関わらず また 他の人を助けに 
凍るような冷たい海に泳ぎだした隊員、、、、

休む間も削って 泥の海の中を生存者を探し回り、 日が経てば 今度は
遺体を一人でも多く、 と 探す隊員たち

倒壊してしまった 原発建屋 に放射能の危険も恐れずに放水する隊員たち
 
あの時 テレビで見た映像を思い出しながら
この隊員たちの活動ぶりに ただただ感動して 
一気に読んでしまいました

災害がある度に 助けてくれる自衛隊員
私は有難いと思うことはあっても 迷惑などと思うことは決してありません

何処から 彼らの基地が自分の住む地域にあることを嫌がる と言う考えが生まれるのか…不思議なくらいです



[ 投稿者:saban at 21:00 | 花、ねこ、それに美味しいもの、 | コメント(0) | トラックバック(0) ]