掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

劇団桟敷童子を観よう
あなたの心にもザシキワラシを! いつも感動・迫力の舞台 劇団桟敷童子

2007年02月27日
1.10 残念でしたー
※エンガチョ感染の危険があるます
下図のようにエンガチョよけをしながら読まれることをお勧めします
ひつこいねぇ

自民党の小委員会が共謀罪法案の修正案を了承したそうだ

asahi.com 「共謀罪修正案骨子を了承 自民小委」2007年02月27日11時48分より
<以下引用>
 国会審議が立ち往生している「共謀罪」の創設法案を再検討し、対象犯罪を大幅に絞り込む検討を進めていた自民党法務部会の小委員会(笹川尭委員長)は27日、国会に提出済みの政府案に対する修正案要綱の骨子をまとめた。衆院法務委員会での修正を目指すが、参院選を控えた今国会で審議される可能性は低いとみられる。

 政府案では共謀罪の対象を「4年以上の懲役・禁固」の犯罪としており、約620に上る。これに対し、修正案は「対象犯罪の多さが国民に誤解や不安を与えている」として、計123〜155に絞った。「テロ」「薬物犯罪」などの5類型に分け、関連のない犯罪は対象から除いた。ただ、警察庁などのヒアリングを経て、当初案では除外されていた「傷害」や「有価証券偽造等」などを加えた。

 「共謀罪」の通称については「誤解を受けやすい」として別の名称を探っていたが、最終的に「テロ等謀議罪」とした。

 小委員会では修正案を早期に野党側に示し、国会中に実務者協議に入りたい考えだが、野党は「解決すべき前提条件が整っておらず、修正協議には応じられない」との姿勢だ。日本弁護士連合会は「共謀罪は必要ないとの見解に変化はない」として、提案を容認しない意向を小委員会に伝えた。
<以上引用>

国会で話をしていたのを自民党の小委員会で決めるというコソコソ感がエンガチョーだなぁ
名前が印象悪いからと変えようとするところもエンガチョさをあらわしてます
だーけーどーねぇ
この法律の正式名称は
「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」でしょー
長過ぎるから通称で
「組織的犯罪処罰法改正案」だったり
条約に基づいて作られるから「条約刑法」と呼ばれたり
共謀を処罰しようという法律だから判り易く「共謀罪」と呼ばれてるのに
正式名称を変えずに通称を変えようとは
残念!
あまり判り易いネーミングではないので通称を変えるのは無理でしたー
ちなみにこのブログではエンガチョを呼ばせていただいてます
判り易いですよね その方が


日弁連が
『「共謀罪は必要ないとの見解に変化はない」として、提案を容認しない意向を小委員会に伝えた。』(『』内は上記asahi.comより引用)
だってさ
はい エンガチョはいりません
[ 投稿者:ちびまる at 22:20 | 雑感 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
なんでも
こそこそやってちゃだめなんですよね~
投稿者: kiichi at 2007-02-28 14:10:40
そうですよね(kiichiさん)
こそこそじゃなくて そこそこでいきましょう~!
投稿者: ちびまる at 2007-02-28 21:01:13

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/11.53/a00154/0000177222.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/11.53/archives/0000177222.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 9 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら