掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

劇団桟敷童子を観よう
あなたの心にもザシキワラシを! いつも感動・迫力の舞台 劇団桟敷童子

2006年12月30日
11.11 第二のウルトラ
東京新聞2006年12月30日朝刊1面
「共謀罪の対象削減」より(2面に関連記事あり)


<以下引用>
犯行に至らなくても話し合っただけで罪に問われる「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、与党が大幅修正を検討していることが二十九日分かった。提出後四年近く経過しても成立のめどが立っていないためで、修正は、現在の政府案で六百を超えている対象犯罪を絞り込み、条文で列挙する内容。来年七月の参院選後に召集予定の臨時国会で成立を目指す。 

 政府案は、共謀罪の適用対象を「懲役・禁固四年以上」の犯罪としている。共謀罪は、テロリストやマフィアなどの国際犯罪組織による犯罪抑止が目的だが、政府案では組織犯罪とのつながりが薄い窃盗罪のような犯罪も適用対象にしている。

 政府は二〇〇三年三月に組織犯罪処罰法改正案を国会に提出したが、世論や野党が強く反発。継続審議を繰り返し、「現在の法案のままでは、成立の見通しが立たない」(公明党幹部)状況だ。

 このため与党内で、「懲役・禁固四年以上」の規定は維持したまま、国民の理解を得るため、対象犯罪を殺人や麻薬取引などの組織的な犯罪に限定し条文に列記する修正案が浮上。法務省に具体的な検討を指示した。

 与党は参院選への影響を避けるため、通常国会中での政府案採決は見送り、参院選終了後、修正案を取りまとめ、その後召集される臨時国会で野党にも協力を呼び掛けて成立を図る構えだ。

 組織犯罪対策をめぐっては、捜査機関の通信傍受を可能とする通信傍受法案の政府案が傍受の対象犯罪を百以上としていたのに対し、自民、自由、公明の与党三党(当時)が一九九九年、対象を四類型に限定する修正を行って、成立させた例がある。
<以上引用>

またウルトラなんとかですかー
とりあえず成立させて後で修正しようというハラですねー

そもそも共謀罪法案の性質に問題ありという話
弁護士落合洋司(東京弁護士会)の「日々是好日」 『日本刑法学会における「共謀罪」の検討』より

そして法律は成立後にどんどん変更されるという話
弁護士落合洋司(東京弁護士会)の「日々是好日」 「法は、成立すればあまねく広範囲に、そして拡大して適用される 」より

でもって実際に与党はとにかく成立させて後で修正しようと狙っているという話
保坂展人のどこどこ日記 『「ウルトラH」と麻生外相の「民主党案拒否」発言』より

東京新聞1面の関連記事
同日2面【解説】『「共謀罪」大幅修正一線守り、打開へ道』より
<以下引用>
 与党が「共謀罪」を新設する組織犯罪防止法改正案の大幅修正の検討を始めたのは、成立の見通しが立たない状況を打開する狙いがある。
 国際組織犯罪防止条約は批准するに当たって、各国政府に共謀罪を新設する法整備を義務付けている。政府与・与党は同改正案の成立を急いでいるが、国民の反発は強く、二〇〇三年三月の国会提出後、廃案、再提出、継続審議を繰り返している。
 民主党は、同条約の国会承認に賛成した経緯を踏まえ、政府案が「懲役・禁固四年以上」としている対象犯罪を「五年以上」とする修正案を今年五月、国会提出した(その後廃案)。この修正で対象犯罪は六百超からおよそ半分に減る。
 しかし、政府は「五年以上」では条約を批准できないと主張しているため、民主党との調整がつかず、先の臨時国会でも、ほとんど審議できなかった。
 与党は「このままではいつまでも成立しない」との危機感を強めており、「四年以上」の一線は死守するものの、対象犯罪を絞り込む修正はやむを得ないと判断した。
 ただ、政府は「処罰犯罪を限定する留保(一定の条項を自国には適用しないという意思表示)は条約上できない」と説明してきた経緯があり、法務省などが大幅修正に抵抗する可能性がある。
 さらに、修正案がまとまっても、国民の不安が取り除かれる保証はなく、成立の見通しが立つわけではない。(関口克己)
<以上引用>
[ 投稿者:ちびまる at 08:06 | 雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年12月26日
11.7 雨降りに2006年を振り返り
東京新聞2006年12月26日特報面 「2006 あの人 あの事故 あの事件<中>」より
<以下引用>
■共謀罪 高まる反対、不要論

 窃盗など六百十九種類の犯罪について、実行しなくても、話し合えば罪になる「共謀罪」の創設法案が春の通常国会と秋の臨時国会の両方に政府提案で出されたが、野党や日弁連の強い反発にあい、継続審議となった。野党は「共謀罪を導入せずに、正々堂々と条約批准すればよい」と主張しており、参院選を迎える来年、法案は正念場を迎える。 (5月2日など掲載)

 通常国会では「共謀罪を導入しないと国連の国際組織犯罪防止条約の批准ができない」とする与党の強行採決も予想されたが、「一般市民も摘発可能な条文にされている」とする野党が押しとどめ、継続審議に。

 通常国会閉会後は、各国の実態調査を行った日弁連から「政府・与党の説明にウソがある」との指摘が相次いだ。とりわけ、昨年の秋に米国が条約を批准した際、米国は共謀罪導入の根拠となる条約五条を留保していたことが分かり、臨時国会では、野党から「米国の留保を隠していたのか」「日本も留保せよ」と追及の火の手が上がった。国連の条約審議の過程で、日本政府が共謀罪は「日本の法体系になじまない」と主張していた“過去”もあばかれた。

 組織犯罪を標的にした「マフィア対策条約」である同条約を「対テロ条約」だと思いこませるような言動への批判も強まった。

 共謀罪を導入しないと条約を批准できないとする政府の説明も、国際法学者らから「条約の批准はそれぞれの主権国家が行うもの。批准“できない”ということはあり得ない」と指摘され始めた。

 共謀共同正犯理論の支柱的学者から反対論が出ているうえ、捜査関係者の中にも共謀罪不要論がある。組織犯罪に無関係な公職選挙法や道路交通法にまで共謀罪を導入する発想が、国民感情を逆なでした形だ。
<以上引用>
[ 投稿者:ちびまる at 23:10 | 雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年12月19日
10.29 継続
毎日新聞 「共謀罪:継続審議に 衆院法務委員会」より
<以下引用>
衆院法務委員会は19日、「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案を継続審議とした。犯罪の合意をしただけで罪に問える共謀罪には「内心の自由を脅かす」「乱用の恐れがある」といった批判がつきまとい、最初の法案提出から3年9カ月たっても成立の見通しは立たない。そればかりか、新たな問題点も浮かんできた。

 焦点となっているのは、米国が「一部の州には限定的な共謀罪しかない」として、国際組織犯罪防止条約の一部規定を留保(特定の規定を自国に適用しない意思表示)して批准していた問題だ。

 アラスカなど3州には、共謀罪の対象となる犯罪が殺人罪など14〜21種類しかなく、野党は「対象犯罪を限定できないという政府答弁は虚偽だった」と反発。外務省が米国の留保を一切明らかにしなかったことも問題視している。

 外務省は「日本と連邦制の米国は同一視できない。特に質問がなかったので米国の留保を説明する機会がなかった」と弁明するが、野党の納得は得られそうにない。

 政府案では、共謀罪の対象犯罪は600以上に及ぶ。しかし、条約批准のためにここまで大規模な立法をした国は見当たらず、ノルウェーが共謀罪を新設したことが確認されたぐらいだ。

 「日本の異常さは際立っている」という批判に、政府は有効な反論ができておらず、外務省は5月からようやく、英米仏などの主要国以外の条約締結国について立法状況の調査を始めた。

 今国会で与党は、教育基本法改正案の審議を優先させるため、批判の強い共謀罪法案の成立見送りを決めた。法務委の与党理事は「与党修正案の提案理由説明だけでもさせてほしい」とこだわったが、野党側の反発で審議入りできなかった。参院選や統一地方選を控えた来年の通常国会では、共謀罪法案の審議は困難との見方が早くも出ている。【森本英彦】

毎日新聞 2006年12月19日 19時40分
<以上引用>
[ 投稿者:ちびまる at 21:37 | 雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年12月18日
10.28 明日
本日は何もなし(衆議院TV 「今日の審議中継」より)

前回の東京新聞の記事にもかかわらず
今日は何も無くて
明日に理事懇談会と法務委員会があるようです
共謀罪新設反対国際共同署名 「19(火)の与党修正案審議反対!共謀罪を今国会で廃案にしよう 」より

<以下引用>
衆院法務委員会は10時半から。それに先だって理事懇談会が10時から行われる予定。
<以上引用>

(衆議院TV 「明日の中継予定」より)
[ 投稿者:ちびまる at 06:42 | 雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年12月15日
10.25 今日も無かった
本日の法務委員会は流会となったようです(衆議院TV 「今日の審議中継」より)
はい


事実上閉会したらしい
asahi.com 「政府提出法案、すべて成立 会期末のかけ込み採決も」より
<以下引用>
臨時国会は15日ですべての法案審議が終わり、事実上「閉会」した。
<以上引用>
会期延長ってのは何のためなのか?

と思ったら
東京新聞 「国会4日間延長」より
<以下引用>
与党は十八日に衆院各委員会で、法案の継続審議の手続きなどを行い、十九日の衆院本会議で継続案件などを正式に決める。
<以上引用>

なるほどね
それで共謀罪法案も継続にするのだね
与党多数だから継続確実なわけなのだね
ふざけるのもいいかげんにしてほしいのだね
[ 投稿者:ちびまる at 21:52 | 雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) ]