掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

有機農園「たてしな元気畑」です
「たてしな元気畑」へのメールはこちらへ
「朝までわくわく」サードシーズンいよいよ開幕! ふーちゃんとの恋のゆくえは?! 元気畑の未来は?! 次々襲い掛かる人生の危機に立ち向かう方策は? 迫り来る怒涛のクライマックスが今すぐそこに! ちょっとへこたれちゃったけど、もうへこたれないよ。生きることは楽しいんだ。脱サラ・ズッコケ有機農家の底抜けダッセン雑記帳。長い中断期間中、ご心配下さったみなさま、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。 since 2006.2.18

2006年09月30日
新聞折込みチラシ第2弾が、やっと無事完成いたしました。次回のチラシのテーマは例のアレにしなきゃ価値はないよ
【9条を守るたてしなの会】
 さーて、お待たせしました。
 「平和と環境を守る友だちの輪」から発行する、新聞折込みチラシ第2弾が、やっと無事完成いたしました。9月中の折込が目標だったんですけれど、ちょっと遅れちゃいましたね。でも、10月9日の次回集会までに折込が終わっていれば問題はないと思うオーライ、オーライ。
 今回も天才イラストレーターハンちゃんの右手がうなりをあげまくりよ。マンガは主にセリフや場面は私の方である程度考えて、構図とか絵の内容はハンちゃんにおまかせという形のコラボだったんですけれど、とってもいい内容に仕上がったと思います。ハンちゃん、いっつもありがとうね。
 本文については先日お読みいただいた内容に、小さな変更を3ヶ所加えましたけれど、ほとんど変わっていません。

 で、すぐに第3弾の制作に入るわけですけれど、ハンちゃんも言ってたけれど、日本を戦争に引きずり込むためには、日本を先に攻撃させておいて(あるいは、攻撃されたというデマをマスコミに流して)国民を一気に戦争に駆り立てるシナリオができつつあるというのは本当だと思います(この点については9月23日の記事でも少し触れました)。そんな中で、今の平和運動は生ぬるいってアセリはどうしても感じてしまうのは正直なところよね。いい加減に9条を守る署名だけしてもらったって、「攻めて来たぞー」なんて騒ぎになれば、多くの人が「それじゃあ、仕方がないから戦争だ」っていう方向に一気に流されていくんじゃないかって、ハンちゃんも危機感を高めている感じです。その感じ方は全く正しいと思うのよね。
 この点を、真正面から次回のチラシのテーマにしなけりゃ、このチラシ作戦だって価値はないよなって、次なる一手に向けてテンションを高めつつあるところでございます。
 何はともあれ、第2弾の内容はこんな感じよ。
 ではでは、チラシ内容、以下の通りです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シリーズ「憲法と日本の未来」(2)

ゾウの「やだちゃん」と考える「戦争と平和」
〜止むに止まれぬ「正義の戦争」ってどんなかな〜




友だちの輪チラシ・アラゴルン2
闇の魔法使いサルマンの軍勢から人間を守るために戦ったアラゴルン
(映画「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」)



友だちの輪チラシ・ネオ2
世界を支配する機械たちが人間を滅ぼすために送り出してきた軍勢と戦ったネオ
(映画「マトリックス・レボリューションズ」)



友だちの輪チラシ・ルーク3
暗黒の力を操るシスの帝国から、共和制と民主主義を守るために戦ったルーク
(映画「スター・ウォーズ」)





y1PvKUKj.jpg


みなさん、こんにちは。
私は「やだちゃん」こと「せんそういやだゾウ」です。
この前は私のチラシを読んでくれてありがとね。
面白かった? 
もう忘れちゃった?(笑) 
今日はまた、その続きの話をしようかな。

映画や物語の中には、「正義の戦争」というのがたくさん出てくるよね。戦う相手がどこから見たって「悪」に描かれているもんだから、「いけー!」「やっつけろー!」「やっちまえー!」って、安心して主人公の「正義の戦争」を応援していられる。

じゃあ、現実世界に起きる戦争はどうなんでしょう。「正義の戦争」ってあるんでしょうか。「正義の戦争」もあるんだったら、「正義の戦争」までも「戦争放棄」しちゃいけないんでしょうか。



たとえば「自由」を守るために戦うのって「正義の戦争」でしょ?
たとえば「民主主義」を守るために戦うのって「正義の戦争」でしょ?

って言われたら、そんな気もしてきますけれど・・・・・・現実はそんなに簡単な問題じゃないと思うんですよ。

国はね、戦争をしようとするとき、必ず国民にこれが「正義の戦争」だっていうと思うんです。それはどこの国だって同じと思うのね。太平洋戦争のときだって、「アメリカ」は国民に「『自由』と『民主主義』を守るために戦おう」と言って、日本は「欧米列強からアジアを開放するために戦おう」って言うわけだもんね。
立場が変われば「正義」の中身は変わってしまうの。


 そしてイラク戦争のことを考えればよくわかるけれども、大量破壊兵器の話もウソだったしフセインとテロリストとの結びつきもなかったことがわかったでしょ。「テロとの戦争」っていう「正義の戦争」だったはずなのに、そのためにイラクを攻めるって、実は理屈が通らなかったんだよね。そして、ブッシュさんが大統領になった当初から「次はイラクと戦争するぞ」って言ってたことが内部告発でばれちゃったりもしました。この戦争で儲ける会社がこの戦争をやりたかったんです。
つまり、「正義」の中身が建前に過ぎなくて、本当の理由を隠すために使われることもあるというわけね。



友だちの輪チラシ第2弾・身体検査
王様「国民の健康状態を王様として是非知っておいた方がいいと思うので、若い娘の身体検査をするから」
家臣「若い娘以外はどういたしますので?」
王様「それは知らなくてもいいと思う」
家臣「・・・はあ」



だから「正義の戦争」だと言って他国の戦争を支持したり、他国に攻撃に行ったりすることは、そのときはよく見えても、世界全体から見たら間違いであることが多いと思うんです。


考えてみるとね、今の日本という国は、仮に自分が「正義」だと思ったって、自分からそれを押し付けて戦争に出かけていくような国じゃないと思うんです。それは信じてるんだ。だからさ、もし、日本だけの問題だったらさ、たとえ日本にちゃんとした「軍隊」ができたって、よそから攻めて来たときにだけ使うってこともできるかも知れない。

でもね、「アメリカ」っていう国があるでしょ。

「アメリカ」っていう国はいろんな理由で、いろんな国に戦争をしに行くでしょ。それで今の日本の国はこんなに「アメリカ」政府と結びついていて、「アメリカ」政府は日本に味方させたいと思ってるし、日本の偉い人たちにも「アメリカ」政府の味方をしたい人がいっぱいいるのね。だから、憲法で軍隊を認めたら、日本がアメリカの「正義の戦争」に参加することになっちゃうのは間違いないと思うんです。

だって、そのために国の偉い人は憲法を変えようって一生懸命がんばってるんだもん。本当にそうなんだよ。そのためなんだよ。


友だちの輪チラシ第2弾・隣の王様
隣の王様「うちの国はなんも悪いことしてないのに、アッチの国が乱暴ばかりするので、やっつけなければならないんだゾウ!! お前も行くゾウ!!」
王様 「・・・・ボクのことをエライヤツだって
言ってくれたら一緒にいくよ」


今、日本には「自衛隊」という「軍隊」があって、その現実に憲法の条文も合わせていかなければならないという意見もあります。
しかし、憲法について考えるときは「現実に合わせる」ということが決して正しいこととは言えません。

「すべての国民は、個人として尊重される」
「すべての国民は、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により差別されない」
「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有す」
 男女不平等があるじゃないかとか、不健康で非文化的な生活をしている人が残ってるじゃないかっていう現実があるときに、じゃあ、条文を現実に合わせて変えましょうということになるんでしょうか。

前回のチラシでも触れた通り、憲法は国民をしばるためにあるのではなく、国民が国家をしばるためにあるんです。
憲法は国が向かっていく方向、国が大切にすべきものは何かということを示しているものだから、今の現実を越える内容があっても当然なんです。


友だちの輪チラシ第2弾・王様の憲法
王様「では、憲法を発表するぞ。
『王様はできれば国民のことを思う。
王様はすこしは国民のために働く。
王様はたまには国民のことも考える』」
キリン「やる気なさそー」
ヘビ 「こんな憲法いらないねー」



これからの日本を、戦争のできる、戦争をする国に変えるべきだというときにだけ、憲法9条は変える必要が出てきます。今、曲がりなりにも、この憲法のもとで日本は1人も外国との戦闘による犠牲者を出していないという事実があるのは、憲法9条の「戦争放棄」「戦力の不保持」という歯止めがあったからです。この歯止めを解いてしまうということは、日本の舵を大きく戦争に向けて切ることになります。

「そんなことを言っても、日本が攻められたらどうするんだよ」っていう問題を避けて通るわけにはいきませんよね。次のチラシではこの問題をみんなで考えてみたいと思います。お楽しみにね。読んで下さって、ありがとうございます。

このチラシの発行は「平和と環境を考える友だちの輪」。私たちは、あらゆる政党・党派とは関わりなく、カンパによって学習・啓蒙活動を行っています。ご意見ご感想のメールも募集いたします。nagare@sas.janis.or.jp






[ 投稿者:ナガレのおやびん at 23:47 | 9条を守るたてしなの会 | コメント(2) | トラックバック(1) ]

この記事へのコメント
無題
憲法9条があるからこそ、アメリカ植民地国家のまま。9条押し付けたのはアメリカだし、その恩恵を最大限に受け取っているのもアメリカ。各地にアメリカ軍が駐屯しているから日本をいつでも潰せる。9条のおかげで平和が保たれているというのは政府マスコミ左翼たちのプロパガンダによる洗脳。アメリカ軍が怖いから攻めてこれないだけ。アメリカに逆らえないから、国際法違反のイラク戦争に加担し、アフガンテロ支援にも加担し、イスラム世界から反日国家を増殖させている。しかも、日本の富をただの紙切れとなる米国債という形で貢いでいる。この金を国内にむけたら、日本の状態は豊かになる。
9条改正し、核武装したら、アメリカへ貢ぐ必要もなくなり国が豊かになる。核武装は安いコストで安全保障ができる。その証拠に北朝鮮すらできるし、核武装した国は攻め込まれていない。いまのままで9条改正したら、自衛隊がアメリカ軍の手先に成り下がるだけだ。日米安保見直しからだな。しかし、アメリカの日本支配構造はかなり強固だから難しいだろう。日本国民が真実を認識したら変わることができるだろう。
投稿者: 日本人 at 2007-02-24 05:44:54
http://www.9f24rp10.com/
投稿者: 9f24rp10 at 2019-01-11 10:29:15

この記事へのトラックバック
トレーサビリティ。
今、食卓ではトレーサビリティに強い関心を持つ方が多いです。トレーサビリティとはお米や野菜などの産物を生産している側の情報を公開し、消費者が安心して購入する流れのことです。...
投稿者: 間島の仕事。 |  チラシ、... at 2007-06-23 13:26:37

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/11.33/a06931/0000151913.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/11.33/archives/0000151913.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら