掲示板お問い合わせランダムジャンプ

bara
yamashita_park

2011年08月26日
お昼のコンサート
rannrannrannti.-8.26

 久しぶりに フィリアホールでの お昼のコンサートに行きました。
新進気鋭の演奏家が出演するこの 昼のコンサートは とても 好きです。
今日は 2009年全ドイツ学生コンクールで第1位 2010年ミュンヘン
国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位入賞し 国際的なチェリスト
としてのキャリア-を本格化させたという 横坂 源さん(チェロ)と
今西康彦さん(ピアノ)の若い そしてなかなかのイケメンの2人による
息のあった 熱のこもった演奏会でした。
また 演奏を聴きながらのtakによるプログラムへの 落書きです。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:tak&yok at 22:02 | スケッチ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2011年08月17日
旅の最後のリフト
ramusuberugrift

 ツィラタールを去る日のホテルで チェックアウトをする前に
ホテルの前山にある 一人乗りリフトで 15分ほど、その頂上まで行ってみました。
今まで4泊した ヒッパッハという町を見渡すことが出来 最後の良い思い出となりました。
[ 投稿者:tak&yok at 23:49 | スケッチ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年08月16日
雲の上
pennkenbahn

kumonoue

「ああ今日はガスっていて 山の上に行ってもダメかな-」と思いつつ
でも ゴンドラに乗ってみました。これはもう最後のほうの ペンケンバーンに乗った時のこと。 何と 2つのゴンドラに乗りついで着いた先は快晴。すっきりした青空で、 雲は下に漂っていました。 まさに雲上の人。
そのうち雲はどんどん移動し、 すっきり下まで見えてきたとは!
すべて天候に恵まれ ラッキーな旅でした。
[ 投稿者:tak&yok at 23:27 | スケッチ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年08月14日
チロルの夕べ
 tirorunoyuube

夜 近くで 「チロル夕べ」というものがあるというホテルでの情報で行ってみました。 まさにチロルの音楽 踊りで楽しいものでした。
[ 投稿者:tak&yok at 00:44 | スケッチ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

氷河から流れる川
 ho-emu-to

 オーバーグルグルの町にあるリフトで 2653mのホーエムートへ1回乗り継いでゆきました。この周りはなだらかな草原になっていて気持ちがよく、南にはイタリアとの国境の山々も望めました。少し先には 夏になるとイタリアから やってくるという羊に出会い。その羊達と ロートモース氷河とを背にして 氷河から流れる川へと向かい 下山。

azami

途中には様々な花に出会います。これはアザミとは思われますが 大人の背丈くらいありました。
[ 投稿者:tak&yok at 00:25 | スケッチ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年08月12日
エッツタール
ettuta-rueki

エッツタール駅

インスブルックを後にして エッツタールヘ ここからはバスで
エッツタール中心の町 ゼルデンまで。

gaisurahha-ko-geru

zorudennmade

 宿に早く着いたので ガイスラッハーコゲルバーンでゴンドラを2回乗継
ぎ山頂 3040mへ。ここからは健脚向きのコースとあって 我々は360度の眺めを楽しんだ後は 中間駅まで降りて ゼルデンの街まで。
結構歩きではありましたが。展望も素晴らしかった。
[ 投稿者:tak&yok at 12:31 | スケッチ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年08月11日
山歩き
matrai-kyoukai

 朝食前にホテルの裏山を散歩しました。何と静かなところに 小さな 小さな教会がポツンと。

pattya-ko-feru 

インスブルックの南側にそびえる標高2247mのパッチャーコーフェル山。気軽にアルプス気分を味わえる山です。このツィンヴェーグ「ツィルベの小道」を歩きました。いろいろの花にも出会えました

hana

rannti



 途中の山小屋では 素朴な山の料理もいただけました。

[ 投稿者:tak&yok at 21:53 | スケッチ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2011年08月10日
グロースグロックナー
kurosugurkkuna-

 オーストリア最高蜂(3797m)のグロースグロックナー、
霧の中に隠れていた山頂の霧が晴れて その姿を現したときは
感激でした。

hairigennburu-to

 その日の夕刻 ふもとのハイリゲンブルートのホテルの レストランの窓からは夕日に染まった かの 山頂がすっきり見えました。このホテルで
NHKの取材班の方々にお会いしました。 1か月ほどもう滞在しているそうで
この山に登山する様子を 10月頃 BSで放送する予定とか。

doromite-ribiacco

 少し足をのばし イタリア領に入り ドッピアーコから ドロミテの
一端を見ることができました。
[ 投稿者:tak&yok at 16:33 | スケッチ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年08月09日
ザルツカンマーグート
 
 ザルツブルグの南東一帯は 2000メートル級の山々と70以上の湖が広がり 美しい景観を作り ハルシュタット や ダッハシュタインは文化的景観として世界遺産になっており  「ザルツカンマーグート」は 岩塩を産出する地方であるということでこの名があるそうで あちこち 岩塩鉱の見学ができるところがありました。おそろいのつなぎの服を着せられ 滑り台に乗ったり 面白い見学コースでした
schafberg
   シャーフベルグ山

 ザンクトヴォルフガングから SLで 1783メートルの シャーフベルグ山に登り 頂上からは多くの湖が見渡せました。

hallstatt

 ハルシュタット
ここには世界最古の塩抗があります。また 湖にしがみつくこの街は
美しい町として知られ 写真でもよく見る景色です。

five-fingers
    ファイブフィンガーズ

 ハルシュタット湖の南端のオーバートラウンの近くに 氷河を抱えてそびえるダッハシュタイン山塊があります。 天気が良かったためそれを望むクリッペンシュタイン(2109m)までケーブルで登り 眺めてきました。そこから少し歩いたところにある 崖っぷちから空中に伸びる5本の展望橋「ファイブフィンガーズ」からは絶景が楽しめましたが、下はみられません。足がすくむ感じでした。 
[ 投稿者:tak&yok at 00:44 | スケッチ | コメント(6) | トラックバック(0) ]