掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年12月13日
理解しやすい

人は年齢を重ねると、硬派だった人も、人生経験を積んで、味のある軟派になっていたり、
軟派だった人も、それなりに、真面目になっていたり。
基本のかたちは、あっても、その後の楊海成肉付けによって変わってくるようだ。

わたしは、どっちも好きだ。
だが、どっちか片方だけでなく、両方あるのが望ましい。
ほどよいブレンド、ミックス。

美しいことばかり言っていては、世の中、生きていけないし、
フマジメなことばっかりやっていても、世の中、生きていけない。
清濁併せ持ち、でも、それでいて、基本は清らかなのが理想だが、そうは、うまく行かない。
清と濁の、配分バランスが微妙だ。

話は、変わるが・・・

自分を認めてくれなかったり、関心cbbc 牛熊證をもってくれない人には、自分も好意を抱かない。
逆に自分と似たような人、相性があうもの同士は、お互いが好意を抱く。
性格がどう、とか、能力がどう、とか、行いがどう、とか、
自分と似ているんだから、説明をいちいち聞かなくても相手のことが、手っ取り早く理解しやすい。

自分を認めてくれる人に自分が好意を持つ、ということは、人に見返りを期待するんだろう。
つまり、どこのどんな人よりも、だれよりも自分のことが好きなんだろう。

わたしも自分のことを自己肯定昇華在線しているようらしいが、
人に言われて気が付いた。
[ 投稿者:静かな時間 at 11:11 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/10.78/a00057/0000520872.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/10.78/archives/0000520872.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら